メインメニューを開く

うしろの正面』(うしろのしょうめん)は、1975年2月18日から同年6月17日までNETテレビ系列局で放送されていたNETテレビ(現・テレビ朝日)製作のテレビドラマである。全14話。放送時間は毎週火曜 20:00 - 20:55 (日本標準時)。

うしろの正面
ジャンル テレビドラマ
脚本 松木ひろし
演出 大村哲夫
田中利一
出演者 高峰三枝子
山崎努
中村メイコ
多岐川裕美
坂上二郎
岡田奈々
ほか
制作 NETテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年2月18日 - 1975年6月17日
放送時間 火曜 20:00 - 20:55
放送枠 テレビ朝日火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 14

目次

概要編集

夫を亡くした後に、東京の高級住宅街の一角で陶器店を営む宇佐見雛子。一人娘が国際結婚して外国へ行った後に、自分の生き甲斐をどこに見つけていくかを主題[1]にして、コソ泥・精六ら周りの個性的な人々との交流などをコメディタッチに描いたホームドラマ[1]。ある日、節子が不良女と喧嘩して、節子が運び込まれた先の病院に保護観察官の田所が事情聴取が来た[1]。雛子はその田所の仕事ぶりを目の前にして、自分も保護司になろうと決めるのだった[1]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 脚本:松木ひろし(全話担当)
  • 演出:大村哲夫、田中利一
  • 制作:NET

放送リスト編集

話数 放送日 サブタイトル 演出
第1話 1975年2月18日 娘の結婚 大村哲夫
第2話 1975年2月25日 可愛いホゴシ
第3話 1975年3月4日 迷える子羊
第4話 1975年3月11日 子の心親知らず 田中利一
第5話 1975年3月18日 私が拾った男
第6話 1975年4月1日 ピクニック
第7話 1975年4月8日 女は弱し されど…
第8話 1975年4月15日 真夜中のパーティ
第9話 1975年4月22日 ウソの中のマコト
第10話 1975年5月6日 春の嵐
第11話 1975年5月20日 見合い作戦
第12話 1975年6月3日 恋愛大混戦
第13話 1975年6月10日 幻の花嫁
最終話 1975年6月17日 グッドバイ

ネット局に関する備考編集

  • 近畿地区においては、1975年3月18日放送の第5話までは毎日放送で放送されていたが、同年3月のいわゆる腸捻転の解消により、同年4月1日放送の第6話からは朝日放送で放送されていた。
  • 広島地区においては、当時他系列局の番組を多くネットしていた広島ホームテレビでは、火曜20:00枠が日本テレビとのスポンサードネットによる同時ネット枠になっていたため、金曜21:00枠での3日遅れによる遅れネットを行っていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 毎日新聞毎日新聞社、1975年2月18日付、テレビ欄の番組紹介。 
NETテレビ系列 火曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
ちょっとしあわせ
(1974年10月15日 - 1975年2月11日)
うしろの正面
(1975年2月18日 - 1975年6月17日)
600万ドルの男
(1975年7月8日 - 1975年9月23日)