メインメニューを開く

岡田奈々

日本の女優・歌手

岡田 奈々(おかだ なな、1959年2月12日 - )は、日本女優、元アイドル歌手。本名は矢井 弘子(やい ひろこ)。

岡田 奈々
出生名 矢井 弘子
(やい ひろこ)
生誕 (1959-02-12) 1959年2月12日(59歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県岐阜市[1]
学歴 鶯谷女子高等学校 転出
堀越学園高等学校 卒業
戸板女子短期大学 中退[1]
ジャンル アイドル歌謡
職業 歌手、女優
活動期間 1975年 - 1980年 (歌手)
1976年 - (女優)
レーベル NAVレコード
事務所 ボンド企画
小林事務所
共同作業者 松本隆森田公一佐藤健

目次

人物・来歴編集

1959年(昭和34年)2月12日、岐阜県岐阜市鏡島に生まれる[2]。生家は稲葉郡鏡島村(1955年岐阜市に編入)で、代々絹織物業(岐阜縮緬など)を営んでいた旧家であった[2]

1974年、岐阜市の鶯谷女子高等学校高校1年在学時に、オーディション番組『あなたをスターに!』の第2回チャンピオンとなり、翌1975年5月10日、16歳でシングル『ひとりごと』がNAVレコードより発売され歌手としてデビューした。以来ポッキーの初代CMガール(1975年 - 1980年)や、『俺たちの旅』での田中健演ずる中谷隆夫の妹・中谷真弓役、1976年のシングル『青春の坂道』のヒットなど[3]、清純・正統派アイドルとして活躍[1]

1977年3月、堀越高等学校を卒業、同年4月、戸板女子短期大学に進学した。同年7月15日未明、東京都港区三田4丁目の秀和三田聖坂レジデンス内の自宅に窓から暴漢が押し入る事件が起きた。犯人は岡田を果物ナイフで切りつけ、右手親指の付け根と左手の掌に30針の重傷を負わせるなどし、早朝7時には犯人は玄関から出て行ったという。所属事務所は記者会見を開き、岡田は両手を包帯につつまれつつ事件の顛末を説明した[4]。当時、岡田はテレビドラマ『俺たちの朝』にレギュラー出演中でもあったが、事件の2日後には仕事を開始したという[5]。この折の犯人は以降も逮捕されぬまま[4]時効成立した[1]

20歳となった1979年からは女優業に本格転向し、短期大学中退した。その後は、『戦国自衛隊』(1979年)や『里見八犬伝』(1983年)といった全盛期の角川映画や、『スクール☆ウォーズ』(1984年10月 - 1985年4月)などの大映ドラマで活躍した[1]。作家の安部譲二は岡田の熱烈なファンで、自身原作の映画作品に出演依頼をしてこれを実現させたのが、1987年の『塀の中のプレイ・ボール』であった。

10代のころに石井輝男監督の東映最後の作品『暴力戦士』(1979年)に出演した縁で、石井の劇場用映画への復帰作『ゲンセンカン主人』(1993年)、続けて『無頼平野』(1995年)に出演、ヒロインを演じた。石井は「彼女のような顔が、好み」だという[6]。映画『ラブ&ポップ』(1998年)やテレビドラマ『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(2001年)では主人公の母親役を演じている。独身。

近年では清純派を脱皮する演技力を見せている[1]

音楽編集

シングル編集

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1 1975年
5月10日
ひとりごと
ひとりぼっちの幸福
松本隆 都倉俊一
2 1975年
8月25日
女学生
放課後
松本隆 都倉俊一 都倉俊一
高田弘
3 1975年
12月10日
くちづけ
青いめまい
松本隆 森田公一 竜崎孝路
4 1976年
3月10日
青春の坂道[7]
恋はかくれんぼ
松本隆 森田公一 瀬尾一三
竜崎孝路
5 1976年
6月10日
若い季節
雨のテレフォン
松本隆 佐藤健
瀬尾一三
瀬尾一三
6 1976年
9月10日
手編みのプレゼント
地図のない旅
松本隆 佐藤健
瀬尾一三
瀬尾一三
7 1976年
12月21日
かざらない青春
プリーズ・プリーズ
松本隆 佐藤健
瀬尾一三
瀬尾一三
8 1977年
4月10日
そよ風と私
二人乗りのしのび逢い
藤公之介 森田公一 高田弘
9 1977年
7月10日
らぶ・すてっぷ・じゃんぷ
海のシンフォニー
有馬三恵子 森田公一 萩田光雄
10 1977年
9月25日
求愛専科
さよならは知らない
有馬三恵子 森田公一 船山基紀
11 1978年
2月10日
バイバイ・ララバイ
愛って何ですか
竜真知子 佐藤健 萩田光雄
12 1978年
4月25日
だめですか
オー・ビューティフル・ラヴ
たかたかし 馬飼野康二
羽根田武邦
J.Fibby
大浜和史
13 1978年
9月21日
湘南海岸通り
フラッシュ・バック
たかたかし
三浦徳子
馬飼野康二
和泉常寛
戸塚修
14 1979年
3月21日
賭け
バク
山川啓介 佐藤健
15 1980年
10月21日
静舞
不意打ち
三浦徳子 佐藤健
16 1986年
2月5日
イッツ・フォー・ユー[8]
長い夜
小比類巻かほる
椎名恵
竹澤好隆
渡辺博也
渡辺博也

アルバム編集

オリジナル・アルバム

ライブ・アルバム

  • セブンティーン! 岡田奈々バースデイコンサート(1976年5月10日) ※2004年にCD化

ベスト・アルバム

  • 岡田奈々 オリジナル・ベスト・コレクション(1976年11月)
  • 岡田奈々 ベスト24(1977年12月)

CD編集

  • 岡田奈々 スーパーベスト (1986年11月5日発売、廃盤)
  • 岡田奈々 (1989年8月21日発売、廃盤)
  • お元気ですか?岡田奈々with Love (1990年11月21日発売、廃盤)
  • 憧憬 (1990年11月21日発売、廃盤)
  • MYこれ!クション 岡田奈々 BEST (2001年10月17日発売)
  • ぼくらのベスト アルバム復刻シリーズ 岡田奈々1 (2004年4月21日発売)
『奈々のひとりごと』『憧憬 (あこがれ)』『セブンティーン! 岡田奈々バースディコンサート』『握手しようよ』
  • ぼくらのベスト アルバム復刻シリーズ 岡田奈々2 (2004年5月19日発売)
『'77新しい日記帳』『クリーム・ソーダ』『バイバイ・ララバイ/愛のフィナーレ』『Mr.アレンジャー』
  • 「岡田奈々」SINGLESコンプリート (2007年7月18日発売)
  • 憧憬+シングルコレクション (2008年7月16日発売)

フィルモグラフィ編集

映画編集

テレビドラマ編集

1970年代編集

1980年代編集

  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第1207回「やがて春」(1980年1月27日、MBS)
    • 第1220回「京おんな 祇園ざくら」(1980年4月27日、MBS)
    • 第1276回「うちの嫁さんちょっと秘密や」(1981年6月7日、MBS)
    • 第1402回「夢の鳥」(1983年11月13日、CBC)
    • 第1622回「天使を乗せたタクシー」(1988年2月7日、HBC)
  • 長七郎天下ご免! 第19話「唄を忘れた箱入娘」(1980年3月13日、テレビ朝日)
  • 桃太郎侍 第178話「アバタもエクボ」(1980年3月16日、日本テレビ・東映)- お京
  • 木曜ゴールデンドラマ(読売テレビ)
    • 「花も嵐も踏み越えて 西条八十の愛と歌」(1980年6月12日)
    • 「母の大罪」(1984年2月9日)
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 「悪魔の花嫁 呪われた百物語」(1980年7月26日)
    • 魅せられた美女 江戸川乱歩の「十字路」」(1980年11月1日)
    • 「二重誘拐 花嫁の身代金(1981年5月9日)
    • 三毛猫ホームズの怪談 赤猫は死を招く」(1981年5月16日・東映) - 保母・森田絹子 役
    • 「白い乳房の美女 江戸川乱歩の地獄の道化師」(1981年10月3日) - 野上愛子 役
    • 「円周率πの殺人 胃と腸…切断トリックの怪!? 疑惑のクランケ」(1989年9月9日)
  • 土曜ナナハン・学園危機一髪「UFO・翔んだ!」(1980年9月20日、CX)
  • ある日突然?! スパゲティ・ママの青春白書(1980年12月4日、テレビ朝日)
  • 和宮様御留(1981年1月3日、フジテレビ) - 和宮
  • ただいま放課後(1981年、フジテレビ) - 友里(保健教諭)役
  • 時代劇スペシャル(フジテレビ)
    • 新吾十番勝負」(1981年 - 1982年) - お縫 役
    • 姫四郎流れ旅」(1982年2月12日) - お光、寿美 役
    • 「御金蔵破り〜佐渡の金山を狙え!!」(1983年5月27日) - 浪切りお吉/お菊 役
    • 「怪猫有馬御殿 妖しく光る猫の眼!! 血も凍る女の館 恐怖の夜!!」(1983年8月12日) - 美和 役
    • 「どくろ銭」(1884年3月8日) - お小夜 役
  • 文吾捕物帳 第1話「鬼の心」(1981年)
  • オレ達全員奈津子の子(1982年、日本テレビ)
  • ザ・サスペンス(TBS)
    • 「夜の誘惑者 避暑地の恐怖・金髪美女を狙う吸血の牙」(1982年8月14日)
    • 「仮面の誘惑 女流評論家に巣喰った肉体の悪魔」(1983年5月21日)
    • 「山之内家の惨劇」(1983年6月11日)
    • 「フルムーン殺人旅行」(1983年10月1日)
    • 「開き過ぎた扉 近親相姦の悲劇 結婚直前の二人を襲った嵐」(1983年10月22日)
    • 寝台特急「紀伊」殺人行 14号車に消えた美女」(1984年2月11日)
  • 擬装結婚(1983年、MBS) - 正美
  • 日立テレビシティ「愛の讃歌 越路吹雪の青春」(1983年5月11日・18日、TBS)
  • 月曜ワイド劇場「悲しみの交通刑務所 死んでもあなたを許さない」(1983年6月20日、テレビ朝日)
  • 花王名人劇場「春風亭柳昇の与太郎戦記 ああ出征の巻」(1983年12月11日、関西テレビ) - 師匠のひとり娘 役
  • 長七郎江戸日記 第1シリーズ 第11話「風流浮世絵崩し」(1983年12月27日、日本テレビ)
  • 大河ドラマ山河燃ゆ」(1984年、NHK) - 楊栄麗 役
  • 不良少女とよばれて(1984年、TBS・大映テレビ) - 葉山恭子 役
  • さらば、夏の光よ(1984年4月 - 9月、CBC)
  • スクール☆ウォーズ(1984年 - 1985年、TBS・大映テレビ) - 滝沢節子 役
  • さらば、夏の光よ(1984年、CBC・TBS)
  • 流れ星佐吉 第5話「初恋が呼んだ大怒り」(1984年5月1日、関西テレビ・松竹)
  • 日曜9時は遊び座です(1984年10月 - 1985年3月、日本テレビ)
  • 乳姉妹(1985年、TBS・大映テレビ) - 辻優子役
  • ポニーテールはふり向かない(1985年、TBS・大映テレビ) - 千葉かおる 役
  • 木曜ドラマストリート「花嫁の父 狙われた披露宴、ウェディングドレスを刃が襲う!」(1985年12月12日、フジテレビ)
  • 俺たちの旅 十年目の再会(1985年、日本テレビ) - 中谷真弓 役
  • 火曜サスペンス劇場「喪服の妻たち」(1986年1月14日、日本テレビ)
  • 花嫁衣裳は誰が着る(1986年、フジテレビ・大映テレビ) - ユリ麻見 役
  • 新鋭ドラマシリーズ「花嫁の告白 そして-ひとりだけ残った」(1986年8月3日、TBS)
  • おんな風林火山(1986年、TBS) - 佐保姫(信玄次女・穴山信君正室)役
  • 京都かるがも病院(1987年、テレビ朝日) - 淳子 役
  • ドラマ・女の手記「近所いじめの恐怖!! 嫁は泣き姑は家出」(1987年3月23日、テレビ東京)
  • 野風の笛 鬼の剣 松平忠輝天下を斬る!(1987年7月1日、日本テレビ)
  • Wパパにオマケの子!?(1987年3月25日、日本テレビ)
  • 12時間超ワイドドラマ花の生涯 井伊大老と桜田門」(1988年1月3日、テレビ東京) - 里和(佐登)役
  • ニュータウン仮分署(1988年、テレビ朝日) - 和泉彩夏(巡査部長)役
  • ザ・ドラマチックナイト「艶歌・旅の終りに」(1988年2月26日、フジテレビ)
  • ザ・スクールコップ(1988年、フジテレビ・大映テレビ) - 警視総監の娘役
  • 土曜ドラマスペシャル「一発逆転夫婦」(1988年7月22日、TBS)
  • 月曜・女のサスペンス(テレビ東京)
    • 「事件の女たち 信玄伝説殺人事件」(1988年7月25日) - 圭子 役
    • 「人気推理作家トラベルシリーズ 故郷に消えた妻 瀬戸内殺人旅行」(1989年1月16日)
    • 「傑作推理受賞作シリーズ 来訪者」(1989年6月26日)
  • シリーズ街-早稲田・面影橋「面影橋・夢いちりん」(1988年11月24日、テレビ朝日)
  • ドラマスペシャル「年末年始ホテル物語」(1988年12月30日、TBS)
  • 土曜ドラマ「翔べ ひよっ子」(1989年2月 - 3月、NHK)
  • ドラマ23(TBS)
    • 「私をゴルフに連れてって」(1989年7月10日 - 13日) - 紀子 役
    • 「結婚狂時代」(1989年9月18日 - 21日)
  • 月曜ドラマスペシャル「消された航跡」(1989年10月9日、TBS)
  • 京都サスペンス「折れた鉛筆 お父さん、誰かいい人が?」(1989年12月18日、関西テレビ)

1990年代編集

  • 燃えよ剣 第1部(1990年1月5日、テレビ東京)
  • ビートたけしの痛快時代劇「なめくじ長屋捕物さわぎ 花のお江戸のどまん中 変な先生と軍団が現れた!」(1990年1月5日、TBS)※友情出演
  • 月曜・女のサスペンス(テレビ東京)
    • 「寝台特急「あけぼの1号」の女」(1990年1月8日) - 看護婦・美代 役
    • 「列島縦断事件シリーズ 軽井沢の霧の中で アリスの館殺人事件」(1990年6月18日)
    • 注文の多い料理店」(1990年12月10日) - 主演
    • 「ある決闘 疑惑の軽井沢」(1991年1月28日)
    • 「春の海鳴り 復讐姉妹」(1991年4月15日)
    • 「西新宿無理心中」(1991年10月21日)
    • 「沖縄・殺意の果て」(1992年5月4日)
    • 「漆が燃えた」(1992年10月19日) - OL 役
  • ドラマチック22(TBS)
    • 「高田純次の無責任社員物語」(1990年1月27日)
    • 「高田純次の無責任社員物語2」(1990年7月7日)
    • 「俺たち純情ブラザーズ」(1990年7月28日)
    • 「下町商店街 結婚狂時代」(1990年11月17日) - OL 役
    • 「高田純次の無責任社員物語3」(1991年1月5日)
  • 世にも奇妙な物語 「生き蟹」(1990年8月30日、フジテレビ) - 松岡ゆかり 役
  • 柳生武芸帳 痛快時代劇スペシャル(1990年、日本テレビ)
  • 春の時代劇スペシャル「四匹の用心棒1 地獄砦の決闘!」(1990年4月5日、テレビ朝日)
  • 歴史サスペンス「徒然草 殺しの硯 美女が襲う兼好法師殺人絵図」(1990年4月9日、テレビ東京)
  • ドラマスペシャル「芸能界(秘)マネージャー物語」(1990年4月13日、TBS)
  • 月曜ドラマスペシャル「ミヤコ蝶々の仮免ドライブ捕物旅行 それゆけ自動車教習所」(1990年5月7日、TBS)
  • スクールウォーズ2(1990年 - 1991年、TBS・大映テレビ) - 滝沢節子 役
  • 火曜ミステリー劇場「死のハネムーン 東京発18時50分「出雲1号」のダブルトリック 花嫁は初夜に殺される…」(1990年11月27日、テレビ朝日)
  • おらんだ左近秘剣帳(1991年、テレビ東京)
  • 花王愛の劇場「花を下さい」(1991年10月 - 12月、TBS)
  • 妻たちの劇場(フジテレビ)
  • 本当にあった怖い話 第7回「死者からのプロポーズ」(1992年6月8日、テレビ朝日)
  • 新幹線物語'93夏(1993年、TBS) - 西野多絵子 役
  • カミング・ホーム(1994年、TBS) - 城田めぐみ 役
  • 秋の時代劇SP「女たちの名古屋城 ああ、子が欲しい! 尾張徳川家世継ぎをめぐり激しく生き激しく愛した女たち!!」(1994年11月15日、テレビ愛知)
  • 日本一短い「母」への手紙1「親孝行」(1995年4月6日、日本テレビ)
  • 俺たちの旅 二十年目の選択 (1995年9月1日) - 中谷真弓 役

2000年代編集

2010年代編集

  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜2」(2010年8月23日、TBS) - 南部敦子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜3」(2011年5月16日、TBS) - 南部敦子 役
  • 王様の家(2011年10月 - 12月、BS朝日) - 平井節子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜4」(2011年11月7日、TBS) - 南部敦子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁鑑識課〜南原幹司の鑑定〜」(2011年11月28日、TBS) - 南原実加 役
  • RUN60 第4話 - 第6話(2012年5月9日 - 5月23日、毎日放送) - 楠野喜美 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜5」(2012年7月2日、TBS) - 南部敦子 役
  • そこをなんとか 第4話(2012年11月11日、NHK BSプレミアム) - 土屋芳子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜6」(2013年4月8日、TBS) - 南部敦子 役
  • 王様の家スペシャル(2013年9月23日、BS朝日) - 平井節子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜7」(2014年6月2日、TBS) - 南部敦子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜8」(2015年8月3日、TBS) - 南部敦子 役
  • OUR HOUSE(2016年、フジテレビ) - 三浦和美(園長先生) 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜9」(2016年7月11日、TBS) - 南部敦子 役
  • 月曜ゴールデン「警視庁南平班〜七人の刑事〜10」(2017年5月15日、TBS) - 南部敦子 役

女優以外の出演編集

情報・バラエティ番組編集

ほか多数

CM編集

イメージビデオ編集

  • 岡田奈々 PARTY FOR ONE (大陸書房、1989年5月) ISBN 4803320896 (VHSセル、書籍扱い)
  • 岡田奈々 炎の伝説 (大陸書房、1989年12月) ISBN 4803325138 (VHSセル、書籍扱い)

書籍編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.99.
  2. ^ a b 明星』1976年3月号
  3. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  4. ^ a b 夕刊フジ「美女図鑑」2005年12月6日の記事にも掲載。
  5. ^ 日本テレビオシャレ30・30』(1989年2月28日放送)出演時の本人コメントが、夕刊フジ「美女図鑑」2005年12月6日掲載の記事に引用されている。
  6. ^ 石井輝男福間健二『石井輝男 映画魂』(ワイズ出版、1991年12月 ISBN 4948735086)の記述を参照。
  7. ^ 雑誌「明星」募集歌。
  8. ^ TBS系テレビドラマ「ポニーテールはふり向かない」の挿入歌として使用された。

関連項目編集

外部リンク編集