松木ひろし

日本の脚本家

松木 ひろし(まつき ひろし、1928年11月16日[1] - 2016年9月19日[2])は、東京市神田区(現・東京都千代田区)出身[1]脚本家。本名は松木 弘[2]

来歴・人物編集

東京府立第五中学校での友人に澁澤龍彥がいる[3]旧制東京高校を卒業後、大学受験に失敗。鎌倉アカデミア夜間講座映画科で学ぶ。

自身の劇団を作って活動をしたのち、1950年に明治座の文芸部に入社、企画宣伝を担当[1]。明治座時代に舞台を観ていいなとおもったのは、菊田一夫飯沢匡の芝居だったと話していたことがある[1]

1954年のニッポン放送の開局とともに同社に入社してラジオ番組の制作にたずさわる[1]。同社に勤務しながら村田正雄旭輝子池田昌子三田佳子らと劇団「現代劇場」を立ち上げる。1958年、同劇団にて上演した「娑婆に脱帽」の脚本が第4回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

1958年のフジテレビの開局にともない、出向して演出を担当[1]。自らが演出していたコメディ『ぼうふら紳士』で一部の脚本を担当し、テレビ脚本家デビュー。その後、盛んに脚本を書くようになり、1961年に独立[4]

テアトル・エコーにも、脚本を提供。クレイジーキャッツの〈無責任〉シリーズの一部を始め、ザ・ドリフターズコント55号の主演作など、喜劇映画の脚本を多く手がける。

当時のテレビ界は、映画出身の作家に対してテレビラジオ出身の作家の待遇が悪く、その待遇改善のため、1970年に向田邦子・松木ひろし・窪田篤人津田幸夫らによって作家集団SHPを作る[5]。その発展形として逸見稔が中心となった作家集団葉村彰子にも参加し[5]、テレビドラマ『水戸黄門』『大岡越前』『江戸を斬る』なども手がけた[6]

ホームドラマのコメディを得意とし、向田邦子らとともにテレビドラマ『七人の孫』『だいこんの花』など森繁久彌主演のホームドラマを執筆。また『おひかえあそばせ』ではじまる、1970年代の石立鉄男主演の「石立ドラマ」ではそのほとんどで、メイン脚本家として活躍した。

2016年9月19日午後3時20分、急性白血病のため死去[2]。87歳没。

作品編集

テレビドラマ編集

第4話「赤いエレベーター」(1965年)
続編「新婚物語」(1988年~1989年)でも執筆(吉本昌弘と脚本兼務)

映画編集

著書編集

  • いまに陽が昇る(青樹社 1967年)
  • 鬼退治(松木ひろし、葉村彰子 ルック社 1971年)
  • どてかぼちゃ(松木ひろし、葉村彰子 双葉社 1976年)
  • 続どてかぼちゃ(松木ひろし、葉村彰子 双葉社 1976年)
  • 池中玄太80キロ(松木ひろし原作 新樹瞳志編著 日本テレビ放送網 1980年10月)
  • 池中玄太80キロ2(松木ひろし原作 新樹瞳志編著 日本テレビ放送網 1981年6月)
  • 池中玄太80キロ3(松木ひろし原作 新樹瞳志編著 日本テレビ放送網 1981年8月)

参考文献編集

  • 雑誌『ドラマ』1980年7月号「仕事場訪問」
  • 書籍『現代日本戯曲大系 4』

「娑婆に脱帽」

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 週刊テレビ番組(東京ポスト)1985年7月19日号「脚本家の横顔」65頁
  2. ^ a b c “脚本家・松木ひろしさん死去 ドラマ「池中玄太」など”. 朝日新聞. (2016年9月20日). http://www.asahi.com/articles/ASJ9N61JQJ9NUCLV00V.html 2016年9月20日閲覧。 
  3. ^ 『澁澤龍彦全集』第12巻588ページ
  4. ^ 松木ひろしさん87歳=放送作家、脚本家”. 毎日新聞 (2016年9月20日). 2020年9月18日閲覧。
  5. ^ a b 逸見稔『黄門様はテレビ好き』(近代映画社)P.262
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

関連項目編集