メインメニューを開く

えんどろ〜!』は、Studio五組制作による日本テレビアニメ作品[1]2019年1月から3月までTOKYO MXほかにて放送された[2]

えんどろ〜!
ジャンル 日常系ファンタジー
アニメ
原作 い〜あ〜るぴ〜!
監督 かおり
シリーズ構成 あおしまたかし
キャラクターデザイン なもり(原案)
飯塚晴子
音楽 藤澤慶昌
アニメーション制作 Studio五組
製作 えんどろ〜製作委員会!
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年1月13日 - 3月31日
話数 全12話
漫画
原作・原案など い〜あ〜るぴ〜!(原作)
なもり(キャラクター原案)
作画 いづみみなみ
出版社 ホビージャパン
掲載サイト コミックファイア
レーベル HJコミックス
発表期間 2018年8月9日 - 2019年2月15日
巻数 全1巻
話数 全5話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

ゆるゆり』の原作者である漫画家のなもりがキャラクター原案を手掛けるオリジナルテレビアニメであり、異世界のナラル島を舞台に主人公・ユーシャを中心とした勇者パーティーの冒険と日常を描いたファンタジーである。テレビアニメに加えて、コミカライズやフィギュア化などのメディアミックスも行われる[1]。キャッチコピーは「ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ〜!」。

あらすじ

剣と魔法の大陸ナラル島には、人々とモンスターが生存して暮らしている。しかし、そこに恐ろしい魔王がいた。大昔に初代勇者によって魔王は倒されたが、その後も何度でも魔王は蘇り、それを倒そうとする勇者もまた現れる。

勇者に選ばれた少女・ユーリア・シャルデットことユーシャは、聖者のセイラ、戦士のファイ、魔法使いのメイの3人と共に、魔王を退治するための旅に出た末、遂に魔王と対峙。圧倒的な力を持つ魔王の前に追い詰められるが、ユーシャの判断で4人のカルタードの力を合わせた禁断の大魔法を発動。強大な力の前に魔王は時限の彼方へ消え去り、ユーシャたち4人の冒険は終わりを告げる。

目を覚ましたユーシャは、冒険者学校に通う生徒でセイラ、ファイ、メイと一緒に同じクラスで学んでいた。そこへ幼女のような新任教師・マオが赴任する。 実は禁断の大魔法を使った際、ユーシャのミスで魔法は失敗して暴走、時間が巻き戻り、魔王は記憶を保持したまま本来の幼い姿となって、過去の世界に転送されてしまった。そこではユーシャはまだ勇者になる前だった。魔王はユーシャが勇者になる運命を改変すべくマオと名乗って冒険者学校で教師となり、暗躍を開始するが、転送前の記憶を持たないユーシャたち4人はマオの指導の下で偶然ながらも彼女の妨害を乗り越え、歴史通り冒険者としてのスキルを磨いていく。

冒険者学校には勇者に憧れるローナ姫もやってくる。ある日、一行はちびドラゴンの体内にいた記憶喪失のゴーレムメイゴと遭遇。彼女の記憶を呼び起こす為、ローナ姫が使ったレアカルタードでユーシャたちは魔王を倒した記憶を取り戻す。ローナ姫はメイゴを王国で保護しようとするが、マオはメイゴを見捨てられず、その場の勢いで魔王の姿になり、ローナ姫をさらって魔王城に立てこもる。魔王は勇者によって何度も倒されたことにより力を削られており、あと一度倒されれば消滅する運命だった。倒さなければ国が危機となる。長い間孤独だったマオはユーシャ達に倒されることを望む。それでもマオを殺したくないユーシャは、悩んだ末、勇者の剣をちびドラゴンに食べさせ、勇者をやめることにした。だがマオを倒さないと力を取り戻して国が滅ぶと知り、大慌てになる。だがメイゴの機転で魔王もちびドラゴンに一度食べさせることで魔王の概念を破壊し無力化することに成功。結果的に国もマオも救ったユーシャたちは再び学園生活に戻るのであった。

登場人物

主要人物

ユーシャ / ユーリア・シャルデット
声 - 赤尾ひかる[3]
本作の主人公。勇者体質の少女。4人組パーティーのリーダー格。一人称は「あたし」でたまに「私」も使う。当初は「無職」で、カルタードで変化させた武器も棍棒であったが、洞窟内に隠された遺跡の最深部に鎮座していた勇者の剣を引き抜いた結果、勇者となったが、周囲からは勇者と名乗っても冗談として受け取ってもらえておらず、ローナによって正式な勇者として認められた。
普段は天然なドジっ子娘で、他人の家に侵入してアイテムを探そうとするなど非常識な行動を起こすこともあるが、基本的にはどんな相手にも優しく、誰かが困っていたり、助けを求められると放ってはおけず、自身のクエストを後回しにして助けようとする正義感の持ち主で、ローナのことは姫ではなく友達として見ており、「ローナちゃん」と呼んでいる。また、セイラから「(こういう時だけ)勇者属性を持っている」と言われるほどの幸運体質の持ち主で、クエスト中に偶然近道や突破口を見つけ出すこともしばしば。
実はユーシャたち4人組パーティーは未来の世界で魔王と対峙し、ユーシャが呪文を噛んだことで禁断の魔法の失敗に巻き込まれてマオと共に過去へ飛ばされ、他の仲間と共に記憶を失って同じ出会い方をしていたことが明らかになっている。ローナの失われた記憶を取り戻す伝説のレアカルタードによって、その際の記憶が戻った。最終回ではマオを殺したくない想いからちびドラゴンに勇者の剣を食べさせ、結果的にマオも世界も救うことが出来た。
セイラ / エレノワール・セイラン
声 - 夏川椎菜[4]
聖者であるエルフの少女。一人称は「私」。真面目な性格で面倒見が良く、メンバー4人の中では比較的常識人でツッコミ役。しかし自室が散らかっていたり料理下手など女子力が低く、またユーシャたちの言動に振り回されたり、忘れ物をしたりなどの時折間の抜けた一面を見せることもある。また、存外精神面は脆く、怖い話や痛い話が苦手だったり、追い詰められると泣きじゃくったりパニックを起こしたりする。ツノゴリラが好きで、妄想を語り出すと止まらなくなるほどでもある。4人の中で長身でスレンダーだが一番の貧乳の持ち主で本人はそのことを気にしている。
カルタードで変化させた武器は、ハンマー型。弓矢型の武器も持っているが、本の読みすぎによる近眼のために眼鏡をかけなければ使用できず、本人はガリ勉に見られるということで眼鏡をかけること自体を嫌っている。
ファイ / ファイ・ファイ
声 - 小澤亜李[5]
戦士の元気娘。一人称は「ファイ」で漫画版では「私」であった。天真爛漫な明るい性格で、食べることが何よりも大好き。しかし空腹が限界を超えると癇癪を起こした後仲間に襲いかかり甘噛みをする癖があり、セイラが主に被害に遭うことが多い。その一方で暴走しがちなメイを止めようとするなど、食べ物のことを除けば常識的な一面も見せている。小さい頃から森で育ったために、身体能力も高く軽い身のこなしを披露するワイルドかつアクティブな一面も見せ、また動物と心を通わせることができる能力を持っており、野生のツノゴリラとあっさり仲良くなっている。
カルタードで変化させた武器は、グローブ型。
メイ / メイザ・エンダスト
声 - 水瀬いのり[6]
魔法使いの少女。一人称は「自分」で漫画版では「私」と呼んだことがある。語尾に「〜っす」とつけて話す。一見無表情でクールで知的に見えるが、実際は駄洒落や的外れな発言など頭の悪い言動が目立つ。極度のカルタード好きで、そのオタクっぷりが余って徹夜も日常茶飯事であり、カルタード購入の為に徹夜組も辞さないほど。また、常にカルタードの店の入荷はチェックしており、カルタードのマニアたちが集まる集会に参加している。一方で見た目通り、料理が得意であったりするなど、家庭的な一面を見せることもしばしば。
カルタードで変化させた武器は、ロッド型。

その他

ローナ姫 / ローナ・プリシパ・オ・ラパネスタ
声 - 麻倉もも[7]
ラパネスタ王国の王女。国王である父親(声 - 堀内賢雄)の命を受けて、王女の座を務めている。勇者学校に転校してからは、ユーシャたちが住む宿舎の隣のお屋敷に住んでいる。
普段は一般人であっても分け隔てなく接する、おっとりとした優しい性格の持ち主で。その一方でお節介焼きな一面もあり、冒険者学校でユーシャを勇者であることを知らしめるような催し物を開いたり、レアカルタードを買い占めてメイにあげようとするなど、勇者のことになると思いがけない行動を取っては迷惑をかけることもしばしば。身体能力が低くアクティブなことにはついていけず、カナヅチでもある。
幼い頃に勇者の冒険物語を読んでいたことから、勇者に憧れを持っており、いつしか自身の前に勇者が現れることを待ち望んでいた。念願叶って勇者を名乗るユーシャと出会い、彼女を正式な勇者として認めたが、催し物でモンスターが暴れ出すトラブルが起きた際に彼女の勇者ではなく自身のために行動するという言動から関係以上の特別な感情を抱くようになり、冒険者学校の催し物の後、転校生として学校に入学した。しかし、ユーシャが勇者らしくないことに不満を持っており、マオに協力してもらって魔王にさらわれるという一芝居を打ったが、ユーシャはローナのことを姫ではなく友人として見ており、物語の勇者の理想ばかり求めるあまり目の前が見えていなかったことを自覚し彼女たちに謝罪、ユーシャたちのことを改めて友人として見るようになった。
マオ / 魔王
声 - 久野美咲[7](マオ)、玄田哲章(魔王)
冒険者学校の新任教師。一人称は「我」。見た目は角と翼を生やした少女の様な可愛らしさだが、その正体は未来の世界で勇者ユーリア・シャルデットのパーティーと戦っていた魔王本人。しかし、ユーシャたちと対峙したときの魔王の姿は自身の魔力で変えたものであり、前述の少女のような外見が本来の姿である。この姿は変装のカルタードを使ってもなることができる。魔王でありながら、性格は生真面目と言えるぐらいの常識人で、非常識な暴走行為に出たユーシャ達を叱責したり迷惑をかけた人間に一緒に謝る等、何だかんだで面倒見の良さも見せていたりする。その一方で、モンスターを怒らせて暴走させてしまったり、泥酔するまで飲んだ後に裸で眠ってしまい風邪を引いてしまうなど、時折らしくない失態を犯してしまうこともある。また、かつてゴーレムに世話を任せっきりだったこともあり、一人で自炊はできず部屋も散らかり放題である。高笑いを誤魔化す為の咳払いを度々している。
初代から数えれば999代目の魔王であり、細かい部分は曖昧ながらもこれまでの魔王の3000年の記憶も全て引き継がれている。メイドであるゴーレムなどの配下は大勢いるものの、本心では孤独感と満たされない生活を送っており、ナラル島を支配して魔王城での生活を終わらせようとしていた。そんな最中、勇者一行との最終決戦でユーシャたちが使った禁断の魔法の失敗に巻き込まれ、ユーシャが勇者になる前の時間軸にタイムスリップしてしまう[注 1]。勇者と魔王も存在しない世界で勇者を誕生させまいと目論むも、幼い姿が故に周囲の住民には全く相手にされず、空腹で意識を失ったところをクエスト中の幼女好きな冒険者学校の教師である女戦士(声 - 種崎敦美)に拾われ、成り行きでクエストに参加。クエスト達成後、共にモンスターを倒した実力を買われて冒険者学校の教師になることを誘われて一度は断るものの、王立で安定した生活を送れると聞くとあっさりと引き受けた。その学校にユーシャたちが通っていることを知るとユーシャたちを退学へ追い込まんと策略を巡らすが、見た目の可愛さに加え生来の真面目さや面倒見の良さ等が重なった結果、逆に学校中の人気教師と化してしまう。更にユーシャたちの余りの自由奔放さから同じ事が繰り返されるだけと推測し、嫌気が差してあっさりと魔王をやめてしまった。
女戦士とは一緒に飲みに行くなど、良好な関係を築いている。一方で、ユーシャたちのことは「空気を読まない奴ら」と認識しており、度々迷惑を被っている。最終回では再びユーシャ達の敵として立ちはだかる一方、非情に成りきれず自分を倒して欲しいと願うも終盤、ユーシャがちびドラゴンに勇者の剣を食べさせたこととメイゴが自身をちびドラゴンに食べさせ、吐き出されたことで魔王としての力を失い、その後ら再び教師として指導することになった。
ちびドラゴン
声 - 西明日香
ユーシャたちのパーティーと一緒に行動している、緑色の小さなドラゴン。言葉を発することはできず、「メ〜イ」「メ〜」と鳴く。ユーシャからは「ちびちゃん」と呼ばれている。普段はユーシャの頭の上に乗っていたり、パーティーの周りを飛び回っているが、授業中に居眠りしているユーシャを心配するなど良識的な部分も持つ。また、ユーシャたちに肉体を滅ぼされた邪神の魂を食べたり、ユーシャの剣を食べて錆びを直したりするなど、時折謎の特殊能力を見せることもしばしばあり、終盤では食べたものの概念を破壊することが判明した。
メイゴ
声 - 佐藤聡美
かつて魔王ことマオに仕えていたメイドの格好をしたゴーレム。
実は彼女もユーシャたちとマオが禁断の魔法の失敗に巻き込まれた後は消息不明になっていたが、どういう経緯かちびドラゴンの腹の中に収まっており、マオに仕えていた頃の記憶も失われていた。後にローナの失われた記憶を取り戻す伝説のレアカルタードによって、その際の記憶が戻った。ちびドラゴンに食べられたことでゴーレムとしての概念を失い、心を持ち、主人のマオを救いたいと願っている。

用語

地名・施設

ナラル島
本作の舞台となる島。
ラパネスタ王国
ナラル島にある唯一の国家。
冒険者学校
ユーシャたちが通う冒険者の育成を目的として設立された学校。基本的知識を身につける座学は勿論、魔物と戦う戦闘力を養う訓練や、カルタード運用法の説明等、冒険者育成に関連する授業の導入には余念が無い。また、実習関連の授業内容も本格的で、初心者向けのダンジョンでの探索や冒険者ギルドで初歩的クエストの請負いを行っており、クエスト実習で成功させればちゃんと報酬も得られる。
実は王立の学校で、学校の教師達は王家側の命令に逆らえない立場にあり、ローナ姫の我侭に付き合わされる形で、勇者を称える催しである「勇者祭」開催の準備をさせられていたりする。その実情を聞いたファイからは、「自由を愛する冒険者も、結局は為政者の便利な手足に過ぎないって事だね…」と、世知辛い評価をされるに至っている。

アイテム

カルタード
本作に登場するカード型のアイテム。武器や道具に変化させたり、魔法を発動させたりする等、様々な用途に用いられ、冒険者や魔法使い達にとっては必需品となっている。カード1枚につき、使う事が出来る回数は1回のみであるが、魔力を充填すれば再使用も可能となっている。また、カードに秘められた力にも有限はあるが、複数のカードを組み合わせる形で発動すると、時として想像を超える様な力も発揮する。
専門店も存在し、メイのような徹夜組に対するペナルティ制度も存在するほどである。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ「えんどろ〜る!」[8](第1話 - 第12話)
作詞 - 栁舘周平 / 作曲・編曲 - 齋藤真也 / 歌 - 勇者パーティー[ユーシャ(赤尾ひかる)、セイラ(夏川椎菜)、ファイ(小澤亜李)、メイ(水瀬いのり)]
第1話、第12話では本編終了後に使用。
エンディングテーマ「Wonder Caravan![9](第2話 - 第11話)
作詞・作曲・編曲 - 新田目翔 / 歌 - 水瀬いのり
イメージソング「はっぴぃとぅご〜!」[8]
作詞 - Rico / 作曲・編曲 - 齋藤真也 / 歌 - 勇者パーティー[ユーシャ(赤尾ひかる)、セイラ(夏川椎菜)、ファイ(小澤亜李)、メイ(水瀬いのり)]

各話リスト

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
ろ〜る1エンドロールにはまだ早い〜! あおしまたかし
  • 川畑えるきん
  • かおり
濱崎徹
  • 大田謙治
  • 小菅洋
ろ〜る2魔王、夕陽に散る〜! 信田ユウ
  • 正木優太
  • 水野隆宏
ろ〜る3クエスト実習〜! 杉原研二
  • 牧野友映
  • かおり
牧野友映
ろ〜る4海と水着と邪神討伐〜! 鴻野貴光林直孝
  • 古川博之
  • 濱崎徹
  • かおり
  • 古川博之
  • 島崎望
  • 櫻井拓郎
  • 西島圭祐
  • 宇佐美翔平
  • 小菅洋
ろ〜る5私の勇者様〜! あおしまたかし八谷賢一山本天志
  • 寿夢龍
  • 永山恵
  • 小菅洋
ろ〜る6六畳一間、魔王付き〜! 祝浩司濱崎徹
ろ〜る7ローナ姫ファイと〜! 杉原研二こでらかつゆき村田尚樹
  • 黒田和也
  • 細田沙織
  • 徳田夢之介
  • 酒井孝裕
  • レベルゼロ
ろ〜る8私のユーシャ様〜! 鴻野貴光信田ユウ牧野友映
  • 小菅洋
  • 松村康功
  • 水野隆宏
  • 山内大輔
  • 永山恵
  • 島崎望
  • 櫻井拓郎
  • 片岡英之
ろ〜る9秘祭!カルタード祭り〜! 杉原研二祝浩司まつもとよしひさ
  • はっとりますみ
  • 小関雅
  • 山村俊了
  • 大髙雄太
  • 松井京介
  • 粉川剛
ろ〜る10雪山の夢〜! 鴻野貴光山本天志
  • はっとりますみ
  • 永田有香
  • 片岡恵美子
ろ〜る11ファイナルデッドエンド〜! あおしまたかし川畑えるきん濱崎徹
  • 平田雄三
  • 細田沙織
  • 正木優太
  • 黒田和也
  • 酒井孝裕
  • 小島唯可
ろ〜る12エンドロールのその先は⋯⋯ かおり
  • 小菅洋
  • 片岡英之
  • 平田雄三
  • 水野隆宏
  • 永山恵
  • 山内大輔
  • 小関雅

放送局

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[10]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2019年1月13日 - 3月31日 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2019年1月14日 - 4月1日 月曜 23:00 - 23:30 とちぎテレビ 栃木県
AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[10]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年1月13日 - 3月31日 日曜 1:00 更新
日曜 1:00 - 1:30 AbemaTV
2019年1月15日 - 4月2日 火曜 12:00 更新
月曜 12:00 更新(2話以降)
2019年1月16日 - 4月3日 水曜 0:00 更新
火曜 0:00 更新(2話以降)

BD

発売日[12] 収録話 規格品番
1 2019年3月27日 第1話 - 第3話 KIZX-377/8
2 2019年4月24日 第4話 - 第6話 KIZX-379/80
3 2019年5月29日 第7話 - 第9話 KIZX-381/2
4 2019年6月26日 第10話 - 第12話 KIZX-383/4

漫画

2018年8月9日より、コミックファイアにて月1回のペースで連載された[3]。作画はいづみみなみ。

2019年2月27日には単行本が発売され、こちらではアフレコレポート、裏話などの漫画やアニメ本編7話までの資料集を収録している。ISBN 978-4-7986-1869-2

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 第1話のプロローグでユーシャたちが禁断の魔法を成功させて撃退したかのような描写がされていたが、その実態はマオの回想で語られており、魔王の元へとやってきたのにも関わらず自由奔放かつ非常識な行動を起こすユーシャたちに激昂し、更には禁断の魔法の失敗もユーシャが呪文を噛んでしまったことによる凡ミスが原因となっており、その暴走に共々巻き込まれてしまったというものであった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h “オリジナルアニメ『えんどろ〜!』が2019年1月より放送開始! キャラ原案は『ゆるゆり』なもり氏、監督は『ゆゆ式』かおり氏に”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年7月23日). オリジナルの2018年8月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180809195250/https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1532315263 2018年9月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “「えんどろ~!」PV公開、OPはメインキャラ4人による“勇者パーティー”が歌唱”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月20日). オリジナルの2018年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181120221121/https://natalie.mu/comic/news/308755 2018年11月20日閲覧。 
  3. ^ a b “なもりキャラ原案のアニメ「えんどろ〜!」赤尾ひかる演じるユーシャのPV公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年8月9日). オリジナルの2018年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180919171703/https://natalie.mu/comic/news/294750 2018年9月19日閲覧。 
  4. ^ “アニメ「えんどろ〜!」エルフのセイラ役に夏川椎菜、キャラPVも公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年8月30日). オリジナルの2018年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180919171727/https://natalie.mu/comic/news/297597 2018年9月19日閲覧。 
  5. ^ “アニメ「えんどろ〜!」金髪の戦士・ファイ役は小澤亜李、ボイス聴けるPVも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月7日). オリジナルの2018年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180919211301/https://natalie.mu/comic/news/298789 2018年9月19日閲覧。 
  6. ^ “アニメ「えんどろ~!」物静かな魔法使い・メイ役は水瀬いのり、PV公開っす”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月21日). オリジナルの2018年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180921122145/https://natalie.mu/comic/news/300720 2018年9月21日閲覧。 
  7. ^ a b “オリジナルアニメ『えんどろ〜!』ローナ姫に麻倉ももさん、マオ役に久野美咲さんが決定! キャラクター設定&PVも公開”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年10月12日). オリジナルの2018年10月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181013014249/https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1539335398 2018年10月12日閲覧。 
  8. ^ a b オープニングテーマ「えんどろ〜る!」”. TVアニメ「えんどろ〜!」公式サイト. 2018年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  9. ^ エンディングテーマ「Wonder Caravan」”. TVアニメ「えんどろ〜!」公式サイト. 2018年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  10. ^ a b ONAIR おんえあ〜!”. TVアニメ「えんどろ〜!」公式サイト. 2018年12月4日閲覧。
  11. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  12. ^ PRODUCTS ぷろだくと〜!”. TVアニメ「えんどろ〜!」公式サイト. 2018年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。

外部リンク