メインメニューを開く

お荷物小荷物・カムイ編』(おにもつこにもつ・カムイへん)は、朝日放送(ABC)が製作しTBS系列で1971年12月4日から1972年4月15日まで放送されていたドラマである。『お荷物小荷物』(1970年10月~1971年2月放送)の続編で、前作同様「脱ドラマ」の異名で知られている。

目次

あらすじ編集

滝沢運送のお手伝い「田の中菊」が「今帰仁(なきじん)菊代」という素性を明し、滝沢家の長男仁の悪行を暴露して故郷の沖縄へ帰ってから10ヶ月が経った。ある日滝沢家に沖縄に帰ったはずの田の中菊がお手伝いとして戻ってくる。しかし身なりがアイヌの格好である。実は彼女の正体はオキクルミ・ピリカといい、北海道二風谷アイヌ集落の首長コシャマインの娘だったのだ。

彼女が滝沢家にやってきた理由は北海道二風谷から持ち帰ったヒグマの子供を奪還するため。実は滝沢家が持ち帰ったヒグマの子供はアイヌの人々にとってのカムイ=神なのであるのだ。カムイであるヒグマの子供の奪還を目指す菊と滝沢家の珍騒動が勃発する。

スタッフ編集

キャスト編集

メインキャスト編集

その他編集

サブタイトル編集

  1. ヒ熊・穴熊・女熊
  2. サイン・血判・御誓文
  3. 夜道・花道・恋の道
  4. 泣きマス・食べマス・Xマス
  5. 追突・衝突・花ひとつ[2]
  6. たらちね・おふくろ・お母さん
  7. わが祖父・わが愛・わが命
  8. 見合い・結婚・初夜の朝
  9. 自殺・切腹・完全犯罪
  10. 軍歌・殺陣・ふるさと列車
  11. 幽閉・十字架・黒い魔女
  12. マザー・シスター・尼だるま
  13. 張子・ぬいぐるみ・お雛様
  14. 倦怠・無気力・やる気なし
  15. 菊さん・梅さん・女中が二人
  16. シゴイてイジメてイビリます[3]
  17. 銃声・日の丸・愛終る
  18. 伴侶・裏切り・集団脱走
  19. 逆転・逆転・また逆転
  20. 田の中菊さんノー・リターン(最終回)

補足編集

  • 収録は大阪のABCセンタースタジオで行われた。2インチVTR収録。
  • 前作に続いて登場した「神野毬子」役の俳優が、収録スケジュールの関係上、鮎川いづみから小松美智子に交代された。
  • 第5話(1972年1月1日放送)の収録は、ABCセンターの敷地内にあるABCホールで、公開収録と言う形で行われた。前半は、満場の観客の面前でドラマが展開し、後半は、滝沢5兄弟がそれぞれ1曲ずつ歌を披露すると言う趣向だった。
  • 第16話(1972年3月18日放送)は、アイヌ民族の侮辱とも取れる内容が含まれたという理由で、北海道ウタリ協会から抗議を受けた。このため、北海道地区(北海道放送)だけ放送が割愛(中止)となったことがあった。[4]
  • 劇中音楽の演奏の一部では、放送当時輸入間もないシンセサイザーが使用された。
  • 前述の通り、話題の多かった同作品ではあるが、放送途中にスタートした裏番組の「木枯し紋次郎」(フジテレビ系)の台頭により、同作品は視聴率面で苦戦を強いられ、結局、当初の予定より早く終了せざるを得なくなった。なお、同作品の後継番組である「君たちは魚だ」も視聴率面で振るわず、結果的に次々作の「必殺仕掛人」で巻き返しを図る事になる。

CD編集

2012年7月25日に、SUPER FUJI DISCSからこの番組初のオリジナルサウンドトラック盤となるCD「『お荷物小荷物』音楽編」(FJSP170)が発売された。これは、朝日放送社内に残された音楽用のマスターテープから出来る限り復刻されたもので、収録曲は13曲と少ないものの、前作とカムイ編のテーマ曲(計5タイプ)と、滝沢信役の佐々木剛が歌う挿入歌2曲[5]、カムイ編の劇中で使われたBGM6曲を収録。いずれも初CD化である。さらに付属するブックレットには、当時の劇中音楽担当であった佐藤允彦や主演の中山千夏へのインタビュー、脚本家・佐々木守のエッセイ、沖縄編第1話のシナリオなどが収録されており、当時を知るファンにとっては注目の一枚となっている。なお、このブックレットの編集は、文筆家の加藤義彦が行なっている。

スポンサー編集

脚注編集

  1. ^ 一部書籍・ウェブサイトに於いては「小松美賀子」と表記されているが、誤表記である。
  2. ^ この回のみ、大阪・ABCホールにて公開収録
  3. ^ HBCテレビでは、この回のみ放送自粛
  4. ^ その後、18話放送分冒頭に於いて、出演者から「劇中に登場するアイヌの風俗や習慣は過去のものである」と言う説明が成されている。
  5. ^ 放送当時、あまりにも好評のため、テイチクレコードからシングルレコードとして発売された程である。

関連項目編集

  • マツダ・クラフト
  • 毛沢東 - 戸浦六宏演じる近松千春の役柄が、彼を崇拝する程の強烈な「マオイスト」であったため。劇中、近松は「毛沢東語録」を肌身離さず持ち歩き、事ある毎に「毛沢東は言っている…」と同書にある毛沢東の名言を呟いたりしていた。

参考文献編集

外部リンク編集

ABC制作・TBS 土曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
お荷物小荷物・カムイ編