メインメニューを開く

象印マホービン株式会社(ぞうじるしマホービン、: ZOJIRUSHI CORPORATION)は、大阪府大阪市北区天満に本社を置く、魔法瓶を中心に炊飯器電気ポットホットプレートなどの調理器具の製造販売をおこなう企業。みどり会の会員企業で三和グループに属している[1]

象印マホービン株式会社
ZOJIRUSHI CORPORATION
Zojirushi logo.svg
本社(1 - 4階に入居)
本社(1 - 4階に入居)
種類 株式会社 (日本)
市場情報
略称 象印、ZOJIRUSHI
本社所在地 日本の旗 日本
530-8511
大阪市北区天満一丁目20番5号
設立 1948年昭和23年)12月29日
(株式会社協和製作所)
業種 電気機器
法人番号 5120001059655
事業内容 魔法瓶・家庭用調理器具等の製造販売
代表者 代表取締役社長 市川 典男
資本金 40億2,200万円
発行済株式総数 7,260万株
売上高 連結:59,751百万円
単体:56,273百万円
営業利益 連結:1,707百万円
単体:528百万円
純利益 連結:1,147百万円
単体:499百万円
純資産 連結:39,504百万円
単体:34,767百万円
総資産 連結:65,614百万円
単体:60,802百万円
従業員数 連結:1,108[1,524]人
単体:488[100]人※1
決算期 11月20日
主要株主 市川典男 11.52%
協和興産株式会社 5.57%
和幸株式会社 5.45%
宝英商事有限会社 4.09%
象印共栄持株会 3.46%
市川尚孝 2.70%
市川博邦 2.60%
モルガンスタンレーアンドカンパニーインク(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社) 2.27%
財団法人市川国際奨学財団 2.27%
三菱UFJ信託銀行株式会社(常任代理人日本マスタートラスト信託銀行株式会社) 2.13%※2・※3
主要子会社 象印ファクトリー・ジャパン 100%
関係する人物 市川金三郎、市川銀三郎(創業者)
外部リンク http://www.zojirushi.co.jp/
特記事項:経営指標は 2011年11月 第66期 有価証券報告書
※1:従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除いた就業人員であり、従業員数欄の[ ]は、臨時従業員の年間平均雇用人員である。
※2:大株主上位10位より自己株式5,001千株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合6.88%)は除外している。
※3:象印共栄持株会は取引先持株会である。
テンプレートを表示

現在のコーポレート・スローガンは「日常生活発想」である。

目次

概要編集

市川金三郎市川銀三郎兄弟が、1918年(大正7年)に大阪で魔法瓶の製造をおこなう「市川兄弟商会」を創業し、魔法瓶の内瓶を製造した。1948年(昭和23年)に法人改組した後、本格的に魔法瓶の製造と販売を開始した。

現在は魔法瓶、炊飯器、電気ポット、ホットプレートなど家庭用調理器具、空気清浄機、業務用炊飯器、保温ジャーなどを製造し、IH炊飯器とジャーポットの市場占有率は日本国内1位である[2]

社名のは、アジア地域で神聖視されて性格は温厚だが怒るとライオンも倒す強さ、に因む。

沿革編集

  • 1918年大正7年)5月10日 - 魔法瓶の内瓶の製造を目的に市川兄弟商会を創業する。
  • 1948年昭和23年)12月29日 - 株式会社協和製作所を設立。魔法瓶の製造・販売を開始する。
  • 1953年(昭和28年) - 商号を協和魔法瓶工業株式会社に変更する。
  • 1961年(昭和36年)11月20日 - 現商号に変更する。
  • 1986年(昭和61年)
    • 6月23日 - CIを導入し、現在のロゴである ZOJIRUSHI に変更する。従来の「象」マークは簡略化したものにマイナーチェンジされるが2009年夏ごろからCIロゴに添付される。
    • 9月25日 - 大阪証券取引所市場第2部に上場する。
  • 2013年(平成25年)7月16日 - 大阪証券取引所と東京証券取引所との現物株市場統合に伴い、東京証券取引所第2部に上場する。
  • 2018年(平成30年)
    • 2月5日 - 東京証券取引所第1部に上場する。
    • 5月10日 - 創業100周年を迎える。

事業所編集

その他の支店などは事業所一覧を参照。

取扱商品編集

など。

魔法瓶タイプの電気ポットに付記するVEマーク (Vacuum Electric) は、競合他社のタイガー魔法瓶と共有する登録商標 日本第4713275号である。

i-Pot編集

「i-Pot」(アイポット)は通信機能付き電気ポットである。給湯などの使用状況をメールで通知し、過去1週間分の状況は専用ウェブサイトで確認できる。2008年5月21日にFOMAネットワークを使用してVE電気まほうびんを採用した後継機種が発売された。 利用には「みまもりほっとライン[4]の契約が必須でポットはレンタル品である。設置後5日以内に通信不可が判明した場合は無条件で解約が可能である。

本製品の発売は2001年3月でアップルiPod(アイポッド)は2001年11月の発売である。「i-Pot」は第4578151号、「みまもりほっとライン」は第4350528号ほか1件、で象印マホービンが商標登録している。

宣伝戦略編集

2009年9月から「ZOJIRUSHI INNOVATION」をコンセプトに掲げた新CMの放映を開始し、2014年夏から尾野真千子[5]をキャラクターとして起用している。

過去に栗原小巻竹下景子楠田枝里子石原真理(当時・真理子)、小林千登勢小林亜星、桂三枝(現・六代目桂文枝)、左とん平前川清西城秀樹タモリ三浦洋一千昌夫ジョーン・シェパード夫妻(当時)、萬田久子矢崎滋賀来千香子川越美和岩下志麻桃井かおり杉本哲太[6]木村文乃などを起用した。

企業キャラクター編集

企業キャラクターは社名と同じくを採用している。1923年の商標登録以降、都度デザインが変更されて現在はイラストレーター安斎肇がデザイン[7]したものである。

歴代のキャッチフレーズ編集

  • 暮らしの夢をあたためる象印マホービン
  • サーモテクノでくらしを創る象印マホービン
  • 多彩な生活快感を提案します 象印
  • 日常生活発想 ZOJIRUSHI
  • ずっと もっと 象印らしく 100 ZOJIRUSHI(創業100周年を迎えた2018年のみ)

スポンサー番組編集

現在(主に30秒)

過去

モータースポーツ編集

2005年より中嶋悟率いるナカジマレーシングをスポンサードする。2014年から中嶋の息子でレーシングドライバー中嶋一貴大祐兄弟のパーソナルスポンサーも務めている。

脚注編集

  1. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  2. ^ 2010年9月5日放送TBSテレビ番組・「がっちりマンデー」より
  3. ^ 電気ポット>VE電気まほうびん(商品情報) - 象印マホービン
  4. ^ みまもりほっとライン - 象印マホービン
  5. ^ 象印マホービンの新イメージキャラクターに女優の尾野 真千子(おの まちこ)さんを起用
  6. ^ 2014年、桃井と共演。さらに過去に風間杜夫間寛平との共演バージョンがあった
  7. ^ (2ページ目)吉田豪インタビュー:安齋肇「僕はタモリさんの横にいる人って評価で十分」(1)”. デイリーニュースオンライン (2016年10月1日). 2016年10月3日閲覧。
  8. ^ 1975年3月まで。現在はTBS系列。
  9. ^ 1975年4月から。
  10. ^ a b 両局とも日本テレビ系列
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集