ぐりぶー

ぐりぶー
GREBOO
対象
分類 鹿児島県のマスコットキャラクター
モチーフ かごしま黒豚
性別
備考 2011年第28回全国都市緑化かごしまフェアでマスコットキャラクターとして活躍
公式サイト ぐりぶー公式サイト
テンプレートを表示

ぐりぶーラテン文字表記:GREBOO[1])は、鹿児島県のPRキャラクターである。

目次

概要編集

かごしま黒豚と鹿児島の豊かな自然をイメージしている。顔は郷土の偉人西郷隆盛をモデルにしている。

2011年3月から5月に開催された「花かごしま2011(第28回全国都市緑化かごしまフェア)」のマスコットキャラクターとしてデビューした[2]

友達に「さくら」というぐりぶーに似たキャラクターもおり、「かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語」第10話終了後の2014年3月15日には鹿児島アリーナにて、番組に出演したキャラクターたちも含めた約80体の鹿児島ご当地キャラクター、一般入場者など約5千人が見守る中、さくらと人前結婚式を挙げた。結婚式は式場会社ら協力のもと5時間半にわたり行われた本格的なもので、式の披露宴では鹿児島県知事の伊藤祐一郎や番組にも上司役で出演した国生さゆりも壇上で祝いのスピーチを行い、指輪の交換、ケーキカット、新婦による手紙の朗読、ダンスやステージショーも行われた[3][4][5][6][7]。結婚式直前の同年3月11日に放送されたKKB「スーパーJチャンネル」では、ぐりぶーとさくらが登場して「県のPRキャラクターぐりぶーが結婚へ」という結婚式イベントについてのニュースが放送され、当日の式が行われる直前の様子は「ぷらナビ+」のコーナー『さなえがキョロリ』で生中継が行われており、結婚式の模様は鹿児島の全テレビ局がニュースとして取り扱った。

さくらとの間には7つ子「かごぶー」「まなぶー」「らぶぶー」「あそぶー」「すなぶー」「ゆゆぶー」「ほしぶー」[注 1]が誕生した[8]。この子供たちもぐりぶーのドラマに出演しており、各地のイベント等にも出演している。

基本データ編集

  • 性別 - 男の子
  • 仕事 - 鹿児島の魅力を多くの方々に知ってもらうこと
  • 年齢 - 不明
  • 性格 - ぼっけもん,気はやさしくて力持ち,好奇心旺盛,食いしん坊
  • 特技 - ぐりぶーダンス
  • 好きな物 - さつまいも
  • 好きな言葉 - どんまいどんまい,いっだましい,敬天愛人

出演番組編集

かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語編集

かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 6:40 - 6:45(約5分)
放送期間 2014年1月5日 - 3月30日(13回)
放送国   日本
制作局 南日本放送
音声 ステレオ放送
データ放送 地上デジタル放送
オープニング 「ぐりぶー物語のテーマ」(インストゥルメンタル・ショートVer.)
外部リンク かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語
テンプレートを表示

2014年1月5日より南日本放送で日曜日6時40分から6時45分に放送された、鹿児島県内のゆるキャラ40体近くが出演する5分間のドラマ番組。本編10回[9][10][11][12]と番外編3回の全13回。2014年2月2日16時30分には「5回まとめて放送スペシャル」、2014年3月9日10時30分には「全部まとめて放送スペシャル」も放送され特別映像も流された。鹿児島県の公式PRキャラクターの「ぐりぶー」と「さくら」が主役で、ぐりぶーの上司にあたる県観光部長役として鹿屋出身タレントの国生さゆりも出演するドラマだが、『薩摩剣士隼人』を制作しているボッケモンプロが制作を手がけ同じスタッフも多く、隼人やヤッセンボー一味も出演しており、新婚旅行の話は2014年8月に『薩摩剣士隼人』の番外編(パート8)「ぐりぶー&さくら らぶらぶ新婚旅行in徳之島」として放送された。番組では「ぐりぶー物語のテーマ」の歌やBGMが多用されている。南日本放送での鹿児島のローカル特撮テレビ番組は外山雄大らの制作会社アドベンチャーによるオモチャキッド以来である。

リビングかごしま2014年1月11日号のテレビ欄にはぐりぶー物語の紹介記事も掲載されており[13]、MBCでは、2013年12月に放送された「2013かごしまこの一年」や2014年1月の「ズバッと!鹿児島」でも生放送でぐりぶーが番宣を行い、2014年1月の「TEGE2」でも、史上初のゆるキャラトレンディドラマとして撮影の様子も放送された。番宣プロモーションビデオは、2013年12月28日から2014年1月5日まで毎日、MBCテレビで「新番組かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語ナビ」として何度も放送され、YouTubeでも配信された。2015年には、東京メトロポリタンテレビジョンで放送された「薩摩剣士隼人YOKADO!カゴンマ」の番組内でも放送され、2016年11月には、日本テレビで放送された「スクール革命!」の47都道府県クイズにて、クイズ問題として「かごしまプロモーション課長ぐりぶー物語」が紹介された。

ドラマ本編は放送後にYouTubeでも配信されており、鹿児島純心女子短期大学の生徒が制作した英語字幕版も配信されている[14]。YouTube版の番組最後や5回まとめて放送スペシャルではイメージソングとして鹿児島出身のAI (歌手)Storyが流れている。また、隼人たちや国生さゆりも含むドラマ出演メンバーでAKB48「恋するフォーチュンクッキー」のダンスを踊る動画もYouTubeに投稿された[15]

ぐりぶーファミリー物語 家族のキズナ編編集

ぐりぶーファミリー物語 家族のキズナ編
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 6:55 - 7:00(約5分)
放送期間 2016年1月9日 - 3月26日(12回)
放送国   日本
制作局 鹿児島放送
音声 ステレオ放送
データ放送 地上デジタル放送
オープニング 「ぐりぶーチルドレン 〜鹿児島のこどもたち〜」(インストゥルメンタル・ショートVer.)
外部リンク ぐりぶーファミリー物語、2016年1月放送開始!
テンプレートを表示

かごしまプロモーション課長 ぐりぶー物語の続編にあたるドラマ番組。全12回[16]。前作はMBC(南日本放送)で放送されたが、今作はKKB(鹿児島放送)で放送。前作同様、『薩摩剣士隼人』を制作しているボッケモンプロが制作を手がけており、同じスタッフも多い。第11話には、鹿屋市出身タレントの国生さゆりも、ぐりぶーの上司にあたる県観光部長役として再び出演した。

ダンサー犬のトリニティドッグを率いる観光プロモーターのブラックベアーから鹿児島の観光を任せろと挑戦状を叩きつけられた鹿児島県観光プロモーション課長のぐりぶーは、鹿児島をPRする仕事に没頭して毎日奔走するあまり、家族との時間をおろそかにしたため子供たちの不満が爆発して家族はバラバラになる。だが、さくらと子どもたちは、ぐりぶーが家族の時間を忘れるくらい取り組む鹿児島の観光とは何かを考え、PRキャラクターとしてなすべきことに気付き、失いかけた家族の絆を取り戻すべく、ぐりぶーファミリーで力を合わせ、ブラックベアーたちからの挑戦に対し、鹿児島の観光を守ろうと奮戦する物語。

ドラマ本編は放送後に数週間遅れでYouTubeでも配信[17]。YouTube版ではエンディングに、テレビ放送ではBGM版しか流れない番組テーマソング「ぐりぶーチルドレン 〜鹿児島のこどもたち〜」の映像も挿入されている。

かごしま4編集

南日本放送の「かごしま4」で2014年10月から2015年10月までの1年間、「ダンスダンスぐりぶー〜未来をつむごう!〜」のコーナーが放送された。このコーナーは第30回国民文化祭・かごしま2015のイメージソングになっていた、カサリンチュが歌う『タイムカプセル』にあわせて、ぐりぶーが各市町村の人々やご当地キャラと踊るVTR企画だった。

コラボレーション編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ モチーフは順に「食文化」「歴史」「デートスポット」「自然」「砂蒸し風呂」「温泉」「宇宙・天文」。

出典編集

  1. ^ かごしまPRキャラクター「ぐりぶー」等使用取扱規程(第8条(4)) (PDF)”. 鹿児島県. 2016年11月24日閲覧。
  2. ^ 第28回全国都市緑化かごしまフェアマスコットは「ぐりぶー」
  3. ^ 「ぐりぶー」「さくら」が結婚-史上初・ゆるキャラ同士の大型披露宴開催へ」 鹿児島経済新聞、2014年2月27日。
  4. ^ 鹿児島ご当地キャラが「結婚」 ぐりぶーとさくら、愛を誓う」 『西日本新聞』2014年3月16日。
  5. ^ ぐりぶー☆さくら結婚式」 『読売新聞』2014年3月16日。
  6. ^ 「「鹿児島を元気に」ぐりぶーとさくらの“結婚式” 鹿児島市」 『南日本新聞』2014年3月16日。
  7. ^ ぐりぶー・さくら「政略結婚」 鹿児島のゆるキャラ」 『朝日新聞』2014年3月17日。
  8. ^ 鹿児島のゆるキャラ「ぐりぶー」「さくら」に待望の赤ちゃん誕生」 鹿児島経済新聞、2014年10月24日。
  9. ^ ゆるキャラ「史上初」のドラマ主演でPRする県」 『読売新聞』2013年12月11日。
  10. ^ ぐりぶー主演「ゆるキャラ」連続ドラマ、放送開始へ-国生さゆりさんも出演」 鹿児島経済新聞、2013年12月14日。
  11. ^ 鹿児島発!史上初!ゆるキャラたちのトレンディードラマ」 鹿児島ブランディング情報誌 Region、2013年12月5日。
  12. ^ 「鹿児島県PRキャラ「ぐりぶー」が連ドラに」MBCニュース、2013年11月20日。
  13. ^ リビングかごしま2014年1月11日号
  14. ^ 英語科制作の「ぐりぶー物語」第1話英語字幕版」 鹿児島純心女子短期大学、2014年1月31日。
  15. ^ 「恋チュン」に鹿児島ご当地キャラバージョン−国生さゆりさんも出演」 鹿児島経済新聞、2014年6月2日。
  16. ^ ぐりぶーファミリーのホームドラマ制作」 西日本新聞、2015年12月17日。
  17. ^ 鹿児島県の新キャラが「イケベア」すぎて捕食された人続出」 おたくま経済新聞、2015年12月21日。
  18. ^ “肥薩おれんじ鉄道、ぐりぶーとさくらのラブトレイン運行”. 週刊観光経済新聞. (2013年12月1日). http://www.kankokeizai.com/backnumber/13/12_01/travel.html 2016年6月6日閲覧。 
  19. ^ ぐりぶーとさくらのらぶートレイン”. 肥薩おれんじ鉄道. 2016年11月23日閲覧。
  20. ^ さんふらわあ船内に「ぐりぶーとさくらの仲良し船旅ルーム」オープン〜ぐりぶー達と一緒にのんびりとした船旅はいかが〜 (PDF)”. フェリーさんふらわあ (2014年2月28日). 2016年11月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集