メインメニューを開く
バス乗り場側(2005年7月)
中環側(2007年6月)

しんかなCITY(しんかなシティ)は、かつて大阪府堺市北区に存在した、南海電気鉄道資本のショッピングセンター1992年9月2日に開業した[1]。「しんかな」とは、同施設の所在地である新金岡町の略称である。地下鉄御堂筋線新金岡駅前の土地区画整理事業の一環として建設された[2]

2012年3月31日をもって閉館した[3][4]

2013年9月19日に、閉店後の建物をそのまま利用した大和ハウスグループのショッピングセンターフレスポしんかながオープンしている。

建物編集

建物は、第一回堺市景観賞(平成6年)の最優秀賞を受賞した。

施設編集

東館と西館から構成されていた。両館とも、1階から4階までが商業フロアになっており、5階・6階・屋上(7階相当)が駐車場(720台収容、2000円以上の買物をすると2時間まで無料)となっていた。

西館はグルメを中心に、東館はファッションを中心に出店。

西館 東館
屋上 駐車場 駐車場
6階 駐車場 駐車場
5階 駐車場 駐車場
4階 スポーツクラブ アウトドア・ホビー
3階 写真館 100円ショップ・アミューズメント
2階 カジュアルグルメ メンズファッションとレディスエレガント
1階 バラエティフーズ レディスカジュアルとアメニティグッズ

周辺編集

最寄駅編集

系列店編集

脚注編集

  1. ^ 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、109頁。 
  2. ^ 南海電気鉄道 『南海二世紀に入って十年の歩み』、1995年、81頁。 
  3. ^ ショッピングセンター「しんかなCITY」の営業終了について (PDF)”. 南海電気鉄道 (2011年11月30日). 2016年6月27日閲覧。
  4. ^ しんかなCITY閉店のご挨拶 - しんかなCITY 公式サイト、平成24年4月1日。(2012年4月21日時点のアーカイブ

関連項目編集

外部リンク編集