すぎむらしんいち

漫画家

すぎむら しんいち1966年2月28日 - )は、日本漫画家。本名、杉村伸一[1]北海道札幌市北区太平出身。北海道札幌北陵高等学校北海学園大学法学部卒業。

すぎむら しんいち
生誕 (1966-02-28) 1966年2月28日(54歳)
日本の旗 日本北海道札幌市北区太平
受賞 第14回ちばてつや賞ヤング部門大賞
テンプレートを表示

概要編集

第14回ちばてつや賞ヤング部門大賞受賞[2]。受賞作『きょうの出来事』でデビュー。

40歳くらいで老眼になり、他の漫画家に倣って、拡大できるデジタル作画に移行した。当時は、パソコンに接続して間接的にモニターで漫画表示するペンタブレットしかなく、慣れて液晶タブレットには移行せず、そのまま使用している[3]。自由に消せるため、作画時間は、アナログ時代に比べて、作業が遅く長くなった[4]

妻は同じ漫画家仲間であった風間やんわりの姉。

作風編集

  • 各種サブカルチャーに詳しく、ヤクザヤンキーからマニアオタクまでを含む、エキセントリックで多彩な登場人物が繰り広げる物語を描く。
  • 出版不況が漫画に及び、2017年から、転換を模索し、3年間、休業していた。読者層の拡大を視野に入れて、2020年、初の美男美女を主人公にする、正統派ラブストーリー『最後の遊覧船』で、復帰する[5]

作品リスト編集

単行本編集

CDジャケットイラスト編集

映画編集

メディア登場編集

  • NHKEテレ『漫勉neo』2020年10月15日

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 弘兼憲史『ハロー張りネズミ』24巻
  2. ^ モーニング公式『老人賭博』 - 2015年6月5日閲覧
  3. ^ 2020年10月15日ツイート
  4. ^ 2020年10月15日NHK『漫勉neo』(3)19分
  5. ^ 2020年10月15日NHK『漫勉neo』(3)26分


外部リンク編集