メインメニューを開く

そうか、もう君はいないのか

そうか、もう君はいないのか』(そうか、もうきみはいないのか)は、城山三郎の遺稿を編集したエッセイ。妻の容子との結婚後、2000年2月24日の別れまでの日々について記されている。2008年新潮社刊。

2009年には、TBS系列でテレビドラマ化された。

内容編集

2007年3月22日、著者の城山三郎没後に、次女の井上紀子と新潮社編集部の手で、遺されたメモや原稿を再編集して出版したもの。それらの遺稿には、「ё」という印しが付されていた。「ё」は、ロシア語で「ヨウ」と読み、妻の容子に関する原稿類である事を表していた。(あとがき「父が遺してくれたもの」(井上紀子)による)

書誌情報編集

  • 書名:そうか、もう君はいないのか
  • 責任表示:城山三郎著
  • 出版事項:東京 新潮社 2008年1月
  • 形態事項:156頁 18cm
  • 初出:『小説新潮』2008年1月号
  • ISBN 978-4-10-310817-7

テレビドラマ編集

2009年1月12日の21:00 - 23:04(JST)に、『月曜ゴールデン』の特別企画として、TBS系列で放送された。視聴率12.0%。

同年6月11日(日本時間12日)、モナコの第49回モンテカルロ・テレビ祭において、主演の田村正和が、テレビフィルム部門の最優秀男優賞を受賞した(日本の民放作品としては初の受賞)。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集