メインメニューを開く

たつみや章(たつみや しょう、1954年7月2日 - )は、日本の児童文学作家。女性。本名は廣瀬 賜代(ひろせ たまよ)。

経歴編集

埼玉県大宮市(現さいたま市)に生まれ、神奈川県逗子市で育つ。明治大学文学部史学地理学科卒業後結婚、熊本県へ移り住む。

1989年秋月こお名義、「独り白書」(小説JUNE)でボーイズラブ作家デビュー。 1992年、『ぼくの・稲荷山戦記』で児童文学作家デビューし、第32回講談社児童文学新人賞を受賞、翌年第34回熊日文学賞を受賞する。1994年、『夜の神話』で第41回産経児童出版文化賞の推薦を受ける。1996年、『水の伝説』で第43回産経児童出版文化賞JR賞を受賞。1999年、『月神の統べる森で』で第37回野間児童文芸賞を受賞。

作家活動のほか、2003年4月熊本市議会議員選挙に当選、1期務めている。

作品リスト編集

「月神」シリーズ編集

『月神の統べる森で』に始まる四部作と、外伝からなる。挿絵:東逸子

「イサナ」シリーズ編集

「月神」シリーズの後の時代を舞台にし(古墳時代前期?)、よく似た世界観を持つことから姉妹編ともいえる。

  • イサナと不知火のきみ (2006/5/11発売 講談社 ISBN 9784062134224
  • イサナ 龍宮の闘いへ (2007/10/23発売 講談社 ISBN 9784062143097
  • 南海の巫女の娘(仮題)

 その他 編集

関連項目編集

外部リンク編集