メインメニューを開く

なぜか埼玉」(なぜかさいたま)は、さいたまんぞうシングル曲。

なぜか埼玉
さいたまんぞうシングル
初出アルバム『生存証明』
B面 埼玉いろはづくし
リリース
規格 レコードシングル
ジャンル 演歌コミックソング
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 秋川鮎舟
チャート最高順位
さいたまんぞう シングル 年表
なぜか埼玉(自主製作盤)
(1980年)
なぜか埼玉
(1981年)
埼玉オリンピック音頭
(1981年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

この曲は、1980年に「ベガー・ミュージックK.K.」と言うレーベルから自主製作盤を100枚作ったのが最初。当時、同レーベルでは既に栃木群馬ご当地ソングを製作しており、この曲はその第3弾だった[2]

本曲の作詞・作曲を手掛けた秋川鮎舟は、同レーベルからの仕事を依頼されて活動している作家であり、この曲も「どうせシャレで作ったんだから、誰か適当な奴に歌わせようと思っていた」ということだったが、そんな時にさいたまんぞうが、たまたま同レーベル社長の菊池清明の元に顔を出したことから、さいたに歌わせようということになり、そうしたらたまたま音も合って「とぼけてて下手だし、ちょうどいいや」ということで、自主盤の製作に至ったという[3]

この曲は、歌を勉強している人や歌手を目指している人には歌わせず、本人も「演歌調の曲をこぶしをつけずに歌う」という条件で頼まれたということで、さいたはそれまで、人前で歌を歌ったことが無かったという[4]

1980年の12月になったら草野球シーズンも終わって、さいたも時間が空くようになったことから、埼玉県内のスナックを中心にキャンペーンで回ることになったが、「下手くそ」「埼玉を馬鹿にしてるのか」「おかま」など罵声を浴びせられたり、をかけられたりなど散々だったという[3]

この当時、新人がキャンペーンで回るのに1日4軒くらい回って50枚売れるのがざらだった時代に、この曲は7-8軒回って売れるのが12-13枚程度とさっぱりだった[3]。しかし、この売れたレコードのうちの一枚が、ある高校生リスナーによってニッポン放送の『タモリのオールナイトニッポン』の『思想の無い歌』コーナーに送られ[3][5][6]、また関東地方以外でもNHK-FM徳島で「下手くそで変な歌がある」と話題になり、ここでリクエストランキングのトップに躍り出たことがあった[3]

前述『思想の無い歌』コーナーの1981年2月26日放送の回で紹介されたことがきっかけとなって、問い合わせが関係各所に殺到し、その後この曲は1981年4月5日フォーライフ・レコードから発売されて、メジャーデビューとなり[3][5][6]、12万枚を売り上げるスマッシュヒットとなった[4]オリコンで残る記録では、最高位100位、登場週数1週、売り上げ2,000枚[1])。

フォーライフレコードによると、上野錦糸町など東京・下町地域の有線ラジオ放送では、ほとんどでベスト10入りし、その後全国の有線でも上位に顔を出し始めていたという[3]

この曲はコミックソング扱いにされたことはあったが、さいたはこれについて「僕はコミックソングではなく、普通の演歌だと思っているんです。真面目に歌っているのになぜおかしいんですかね」と話していたことがあり[7]、一方でこの曲の歌詞について「内容が何も無いでしょう」とも話している[5]

また、地元埼玉の反応について、「微妙な所もあって、反応も半分、半分でした」ということで、曲がヒットしたことで、若い女性が「埼玉から引っ越したい」と言い出したという記事が新聞に載ったことがあった一方で、お笑い心を持っているという人から「埼玉の詩を作ってくれてありがとう」とも言われたことがあったという[4]

またキャンペーンの一環でフォーライフの関係者が埼玉県庁に出向き「埼玉を歌った有名な歌手が埼玉から出るので、ぜひ知事さん[注釈 1]のメッセージを」としてレコードを渡したが、数日後秘書課から「聴いてみたが、ああいう歌ではコメントは出来ない」という答えが返って来たという[3]。なお、この曲の歌唱印税は、先述の「ベガー・ミュージックK.K.」の社長が全部、さいたに何の相談も無くフォーライフに売り渡したということで、渡されたのは月10万円の給料のみだったという[4]

なお、B面曲の「埼玉いろはづくし」の内容は、主に「埼玉埼玉、いー」「埼玉埼玉、ろー」と言ったことをいろは順に繰り返していくだけというものである。その後の“埼玉シリーズ”は「埼玉オリンピック音頭」「なぜか埼玉海がない」「雨の埼玉」と続いている。

タイアップ編集

この曲は2019年2月22日に公開された映画『翔んで埼玉』で、挿入歌として使われている[4]。この劇中で、本曲は3回登場している[2]。さいた自身、2018年4月頃にこの作品の映画化の話をスポーツ新聞で見た時に「BGMで使ってくれ」とこの曲を売り込んだが、既に脚本の段階でこの曲を使うことが決定していたということで、さいた本人にはこの旨の連絡が全く無かったという[8]

収録曲編集

  1. なぜか埼玉
  2. 埼玉いろはづくし
    全作詞・作曲:秋川鮎舟、編曲:小谷充

リメイク編集

山田隆夫の二枚目のシングル『幸せのザブトン/なぜか埼玉』に収録される曲として、2001年11月21日日本クラウンより発売された。当時浦和の公務員らが浦和の飲食店などを利用せず、夜の町が寂れていたということで、当時のテレビ埼玉ミュージック社長が浦和の街の活性化を目的として新バージョンとしてこの曲の製作を決定。オリジナルの歌詞に埼玉県内の全市町村名を盛り込み、ポップス・テクノ調の曲に仕上げている[5]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当時の埼玉県知事は畑和

出典編集

  1. ^ a b 1968 - 1997 オリコン チャート・ブック(1997年12月11日第1刷)p.132
  2. ^ a b 「翔んで埼玉」でたなぼた なぜか今さいたまんぞうさん”. 朝日新聞 (2019年3月6日). 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 週刊読売 1981年6月14日号 p.152 - 153「へんな歌『なぜか埼玉』がバカ受けに受けてのバカ騒ぎ」
  4. ^ a b c d e 「翔んで埼玉」さいたまんぞうブレーク狙う/その1”. 日刊スポーツ (2019年2月22日). 2019年3月4日閲覧。
  5. ^ a b c d 東京歌物語(東京新聞編集局・著、2009年7月17日刊)p.72-75
  6. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1989年8月号メイン特集『ニッポン放送35周年グラフィティ』p.8
  7. ^ 週刊平凡 1981年6月18日号 p.146-147「やっと現れたナゾの歌手さいた・まんぞう」
  8. ^ さいたまんぞう本人連絡なしもBGMに決定/その2”. 日刊スポーツ (2019年2月22日). 2019年3月21日閲覧。