なりすましアサシン

なりすましアサシン』(原題: True Memoirs of an International Assassin)は、2016年アメリカ合衆国アクションコメディ映画。監督をジェフ・ワドロウ、脚本をジェフ・モリスが務めた。出演はケヴィン・ジェームズズライ・エナオアンディ・ガルシア。2016年11月11日よりネットフリックスで配信された[1]

なりすましアサシン
True Memoirs of an International Assassin
監督 ジェフ・ワドロウ
脚本 ジェフ・モリス
ジェフ・ワドロウ
原案 ジェフ・モリス
製作 テッド・サランドス英語版
ケヴィン・フレイクス
トッド・ガーナー英語版
ラジャ・コリンズ
ジャスティン・ベグナウド
製作総指揮 ポーリーン・フィッシャー
サラ・ブレムナー
マーク・ファサノ
アンクル・ルングタ
ガイ・リーデル
出演者 ケヴィン・ジェームズ
ズライ・エナオ
アンディ・ガルシア
音楽 ルートヴィッヒ・ヨーランソン
撮影 ピーター・ライオンズ・コリスター英語版
編集 ショーン・アルバートソン
製作会社 パルムスター・メディア英語版
グローバル・フィルム・グループ
配給 ネットフリックス
公開 2016年11月11日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

平凡なサラリーマンのサムの趣味は小説を書くこと。新作のアクション小説の執筆に行き詰った彼は、友人であり元軍事アナリストのアモスにアドバイスを求める。そこでアモスは伝説の殺し屋「ゴースト」について語るが、この話は絶対に小説には書くなとサムは釘を刺されてしまう。しかし、サムはこのゴーストの話を小説の中に盛り込み、ついに小説を完成させるのだった。

しばらくして、サムのもとに出版社から連絡が入る。なんと彼の小説が電子出版されることになったのだ。喜ぶサムだったが、しばらくして小説がノンフィクションとして売り出されていることを知る。サムはうろたえるが、出版社の意見に流されて、ついにこれを黙認してしまうのだった。

そんなある日、サムは自宅で何者かに拉致され、ベネズエラで目を覚ます。彼を拉致したのは民主化運動ゲリラのボス、エル・トロだった。エル・トロはサムを小説通りの凄腕の殺し屋メイソンと勘違いしており、彼にベネズエラの現大統領の暗殺を依頼する。依頼を成功させなければ命の保証はないと脅されたサムは窮地に立たされる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ:演出:藤本直樹、翻訳:香村満理子、制作:ACクリエイト

脚注編集

外部リンク編集