メインメニューを開く

ぴあの』は、1994年平成6年)4月4日から10月1日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第51作目。NHK大阪放送局制作。

ぴあの
ジャンル ドラマ
脚本 冨川元文宮村優子
出演者 純名里沙
萬田久子
国生さゆり
松村雄基
西村和彦
河島英五
間寛平
宇津井健
竹下景子
ナレーター 都はるみ
オープニング JOE'S PROJECT「ぴあの
純名里沙 & JOE'S PROJECT「ぴあの
時代設定 現代
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年4月4日 - 10月1日
放送時間 15分
回数 全156[1]

目次

特徴編集

現在の大阪・西天満の音楽好きの元小学校教師(宇津井健)の父子家庭に育った四姉妹(竹下景子萬田久子國生さゆり純名里沙)の、一見何気ない日常やさまざまな生き様を、新聞配達や「自転車お使い便」[2]などのアルバイトをしながら童話作家を目指す末っ子・ぴあのを中心に、複数の視点で描いた。

タイトルおよびヒロインの役名の「ぴあの」は、近畿方言に準じて「ぴ」にアクセントがつく。

大阪を主舞台とし、大分県別府市杵築市)と京都府綾部市)も舞台となった。

ヒロインには、当時宝塚歌劇団雪組娘役ホープであった純名里沙がオーディションで[3]、852人[4]から抜擢された。

  • 彼女は出演していた公演を同期や先輩に代わってもらっての参加であった。
  • 主題歌も、後半(7月18日 - )は純名が担当(主題歌をヒロインが歌うのは史上初[5])。ドラマ内では童謡も歌った。

現役のタカラジェンヌが主演ということもあり、阪急電鉄の協力によって、クランクアップ後の打ち上げ会場に阪急ホテルが提供され、異例ともいえる大規模な打ち上げとなった。

音楽は、久石譲が担当。主題歌「ぴあの」のほか、劇中でぴあのが創った童謡の作曲も担当した。久石は後にこの縁で、本作ヒロイン・純名のファーストアルバム『Propose』をプロデュースすることになる。

1994年9月には、神奈幸子によるコミック版も出版された。

1994年の平均視聴率は25.5%、最高視聴率は30.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[6]。全156回。

後日談編集

このドラマが話題となったことで、宝塚歌劇団にも「ぴあのちゃんの出演する舞台が観たい」との問い合わせもあったとされ、劇団にとってもその宣伝効果は大きなものとなった。

主演の純名はドラマ終了後、雪組から花組に移り、娘役トップとなった。真矢みきの相手役として1年余りにわたって活躍し、1996年に宝塚歌劇団を退団。その後は女優として活動している。NHKでは語学番組リトル・チャロ』の吹替え声優で知られる。

キャスト編集

桜井家編集

レギュラー出演編集

ゲストなど編集

スタッフ編集

関連CD編集

本作は放映当時に、主題歌やオリジナル・サウンドトラック、劇中の童謡などが相次いでCDリリースされた。

なお、後半主題歌「ぴあの」(歌:純名里沙 & JOE'S PROJECT)については、久石譲によるパイオニアLDC音源からのベストアルバム『Best Selection』にも収録されている。

主題歌編集

  • JOE'S PROJECT「ぴあの」 - 1994年6月1日発売
  • 純名里沙 & JOE'S PROJECT「ぴあの」 - 1994年8月10日発売

劇中の童謡編集

シングルぴーかぴか
1994年8月21日発売(廃盤[8]
「ぴーかぴか」「へんなまち」(歌:純名里沙)、「ふしぎなポケット」(歌:濱松清香&森の木児童合唱団)を収録
CDシングル「なめくじ君」
1994年11月21日発売(廃盤[9]
「なめくじ君」(歌:間寛平)を収録

オリジナル・サウンドトラック編集

久石譲『オリジナル・サウンドトラック ぴあの Vol.1』
1994年6月25日発売
前半主題歌「ぴあの」(歌:JOE'S PROJECT)も併せて収録
久石譲『オリジナル・サウンドトラック ぴあの Vol.2』
1994年8月25日発売
後半主題歌「ぴあの」(歌:純名里沙 & JOE'S PROJECT)、童謡『ぴーかぴか』『へんなまち』(歌:純名里沙)も併せて収録

撮影場所編集

その他編集

脚注編集

外部リンク編集