メインメニューを開く

長沖 渉(ながおき わたる、1951年10月17日 - )は、日本のテレビドラマ演出家脚本家大阪芸術大学放送学科教授。

目次

人物・略歴編集

大阪府出身。父は、漫才作家脚本家で後に帝塚山学院短期大学の学長にもなった長沖一

1976年立命館大学文学部(専攻は西洋史)を卒業。同年、NHKに入局[1]

1996年の『ふたりっ子』など、大阪放送局制作の連続テレビ小説を中心に、多くのドラマ作品の演出を手がけた。

2009年からはフリーの演出家に転向、2010年朝日放送夏子と天才詐欺師たち』で初めて民放ドラマの演出を手がけた[2]

2012年東海テレビ鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記』(大石静との共同執筆)で脚本家としてもデビュー[3]

2013年より大阪芸術大学放送学科の教授として教鞭を執る。

演出編集

NHK 連続テレビ小説編集

※はチーフディレクター

大阪放送局
東京放送センター

NHK その他のドラマ編集

フリー後編集

脚本編集

関連人物編集

  • 長沖一
  • 大石静 - 「ふたりっ子」「ふたつの愛」「終のすみか」「オードリー」「夏子と天才詐欺師たち」「鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記」
  • 藤山直美 - 「天下茶屋のハッちゃん」「この指とまれ!!」「オードリー」「夏子と天才詐欺師たち」等
  • 三倉茉奈 - 「ふたりっ子」「この指とまれ2」「だんだん」「赤い糸の女」
  • 三倉佳奈 - 「ふたりっ子」「この指とまれ2」「だんだん」「鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記」

脚注編集

外部リンク編集