メインメニューを開く

川端民生(かわばた たみお、1947年7月10日 - 2000年7月26日)は、北海道紋別郡遠軽町[1]出身のベーシスト北海道札幌西高等学校卒業。

愛称は「バタさん」[1]

人物編集

主にジャズフュージョンの領域で活躍。主な共演者は、向井滋春浅川マキ渋谷毅小沢健二など。1978年「ネイティブ・サン」結成に参加[1]。80年代後半以降は、渋谷毅オーケストラを中心に活動[1]。エレキベース、ウッドベースの両方を演奏した。

2000年7月26日、膵臓ガンにより死去[1]

参加アルバム編集

  • スペイシング・アウト(向井滋春)
  • SHUN(酒井俊)
  • ネイティブ・サン(ネイティブ・サン)
  • サバンナ・ホットライン(ネイティブ・サン)
  • 下駄はいてこなくっちゃ(Wha-ha-ha)
  • Live '91(渋谷毅オーケストラ)
  • 香港ブルース(酒井俊)
  • 酔った猫が低い塀を高い塀と間違えて歩いているの図(渋谷毅オーケストラ)
  • A LOW DOWN DIARY SHAME(近藤房之助
  • ムーン・レイ(大友義雄)
  • フィア・ティーレ(一噌幸弘)
  • SUBLIMATION(リー・オスカー)
  • 球体の奏でる音楽(小沢健二)
  • OLD FOLKS(渋谷 毅・武田和命カルテット)
  • 蝶々在中(渋谷 毅)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 2011年11月24日北海道新聞夕刊「遠軽出身ベーシスト 川端さんしのぶ「バタさん」の響き 今に CD化記念 あすからライブ」