メインメニューを開く

へしこ

日本の若狭地方および丹後半島の郷土料理
鯖のへしこ(切り身)

へしことは、青魚にを振って塩漬けにし、さらに糠漬けにした郷土料理、および水産加工品である。若狭地方(福井県)および丹後半島の伝統料理で、越冬の保存食として重宝されている。若狭の特産品・土産物として、漬け込む魚の種類も「へしこ」「河豚へしこ」などが加わり、福井県で親しまれている。糠を軽く落とし火で炙ったものはお茶漬けに良い。新鮮なものであれば刺身で食べることもできる。

現代では塩とだけでなく、塩漬け後に生じる魚醤醤油味醂焼酎酒粕なども味付けに用いる。こうした漬けダレの配合比率や、生産する地域の気候により、味は製造業者ごとで微妙に異なる[1]

同じく魚を糠漬けにする料理として、北海道釧路や厚岸、根室方面ではサンマを使った糠さんまがあり、へしこの調理法が北前船によって現地に伝わり広まったと言われている[2]

語源編集

名前の由来については、漁師が魚を樽に漬け込むことを「へし込む」と言ったことから、「へし込まれた物」が略されて「へしこ」となったという説、魚を塩漬けにする際に滲み出てくる水分のことを「干潮(ひしお)」と呼んだことから、これが訛ったものであるとする説、アイヌ語で「へしこ(pe-si-kor)」=「滲み出てくる水分が・それ(味、保存性)を・産む」に由来する説(萱野茂『アイヌ語辞典』)などがある。

その他編集

2007年12月、「さばのへしこ」として、農山漁村の郷土料理百選の一つに選定された。

また、若狭地方の美浜町にはゆるキャラへしこちゃんが存在する。同町では、海水浴客の減少を受けて1997年から名物料理検討委員会で地域おこしに使える郷土食を議論して、鯖のへしこを重点を置くこととした。濃厚なうま味を生かして、洋風料理の具にも使っている(スパゲティカルパッチョサンドイッチキッシュなど)[1]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集