福井県立大学

日本の公立大学

福井県立大学(ふくいけんりつだいがく、英語: Fukui Prefectural University)は、福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1に本部を置く日本公立大学である。1992年創立、1992年大学設置。大学の略称は県大。

福井県立大学
Fukui Prefectural University.jpg
福井県立大学
大学設置/創立 1992年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人福井県立大学
本部所在地 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1
キャンパス 永平寺キャンパス
小浜キャンパス
あわらキャンパス
かつみキャンパス
学部 経済学部
生物資源学部
海洋生物資源学部
看護福祉学部
研究科 経済・経営学研究科
生物資源学研究科
看護福祉学研究科
ウェブサイト https://www.fpu.ac.jp/
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

日本海側では唯一の海洋関連学部である海洋生物資源学部を有している。小浜芦原に、それぞれ大学固有の生物研究所を有する。また、看護福祉学部は看護師保健師社会福祉士精神保健福祉士の国家試験合格率で毎年全国トップクラスの成績を占めている。

基本理念編集

「魅力ある大学」「個性ある大学」「開かれた大学」の3つを基本理念としている。(オープン・ユニバーシティ構想)

沿革編集

  • 1989年 福井県立大学基本構想策定。
  • 1992年4月 開学。
  • 1993年4月 小浜キャンパス、生物資源開発研究センター開設、福井県立大学看護短期大学部を福井県立大学へ併設。
  • 1994年4月 看護短期大学部が福井キャンパスに移転 。
  • 1996年4月 大学院修士課程(経済・経営学研究科、生物資源学研究科)を開設。
  • 1998年4月 大学院博士課程を開設。
  • 1999年4月 看護福祉学部を開設。
  • 2001年
    • 3月 看護短期大学部を閉学。
    • 4月 地域経済研究所を開設。
  • 2003年4月 海洋生物資源臨海研究センターおよび大学院看護福祉学研究科を開設。
  • 2006年4月 大学院にビジネススクールを開設。
  • 2007年4月 地方独立行政法人法による公立大学法人化。
  • 2009年4月 海洋生物資源学部を開設。
  • 2010年4月 キャリアセンターを開設。
  • 2012年4月 地域経済研究所にアジア経済部門を開設。
  • 2020年4月 あわらキャンパス開設、生物資源学部に創造農学科設置。
  • 2022年4月 海洋生物資源学部に先端増養殖科学科設置。
  • 2025年(令和7年)4月 - 恐竜学部(仮称)を新設予定[1]。募集人員は、1学年30名で、恐竜・地質学科(仮称)に恐竜・古生物コースと地質・古環境コースを設ける[2]

教育および研究編集

学部編集

  • 経済学部
    • 経済学科
    • 経営学科
  • 生物資源学部
    • 生物資源学科
      • 応用生化学研究領域(応用生化学、構造生物学、生物電気化学等)
      • 分子機能科学研究領域(微生物機能学分野、機能食品学分野)
      • 分子生物学研究領域(生化学、分子生物学、分子細胞生物学、遺伝子タンパク質機能解明)
      • 植物資源学研究領域(遺伝資源学分野、植物環境学分野)
    • 創造農学科
  • 海洋生物資源学部
    • 海洋生物資源学科
    • 先端増養殖科学科
  • 看護福祉学部

大学院編集

  • 経済・経営学研究科
    • 地域・国際経済政策専攻(博士前期課程)
    • 経営学専攻(博士前期課程)=ビジネススクール
    • 経済研究専攻(博士後期課程)
  • 生物資源学研究科
    • 生物資源学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 海洋生物資源学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
  • 看護福祉学研究科
    • 看護学専攻(修士課程)
    • 社会福祉学専攻(修士課程)

附属機関編集

  • 学術教養センター
  • 地域経済研究所
  • 生物資源開発研究センター
  • 海洋生物資源臨海研究センター
  • 恐竜学研究所
  • 交流センター
  • 附属図書館
  • キャリアセンター
  • 保健・学生相談センター

地元の福井県南部には多くの原子力発電所が集中する関係から、建設費として関西電力から約50億円の寄付があった(なお、福井県立大学だけでなく旧・敦賀女子短期大学(旧・敦賀短期大学)の開設の際も16億円を拠出した)[3]

施設編集

永平寺キャンパス編集

  • 使用学科:経済学科 経営学科 生物資源学科 看護学科 社会福祉学科
  • 使用研究科:経済・経営学研究科 生物資源学研究科(生物資源学専攻) 看護福祉学研究科
  • 使用附属施設:地域経済研究所 交流センター 附属図書館 キャリアセンター 保健管理センター
  • 所在:福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1

小浜キャンパス編集

  • 使用学部:海洋生物資源学部
  • 使用研究科:生物資源学研究科(海洋生物資源学専攻)
  • 使用附属施設:交流センター 附属図書館(小浜分館) 保健管理センター
  • 所在:福井県小浜市学園町1-1

日本唯一の施設である、地球自転影響再現水槽を有している。

あわらキャンパス編集

  • 使用学部:生物資源学部
  • 使用研究科:生物資源学研究科(生物資源学専攻)
  • 使用附属施設:生物資源開発研究センター
  • 所在:福井県あわら市二面88-1

かつみキャンパス編集

  • 使用学部:海洋生物資源学部
  • 使用研究科:生物資源学研究科(海洋生物資源学専攻)
  • 使用附属施設:海洋生物資源臨海研究センター
  • 所在:福井県小浜市堅海49-8-2

対外関係編集

国内大学との協力編集

国内単位互換協定校編集

Fレックス編集

福井県の大学連携事業「福井県学習コミュニティ推進協議会(愛称「Fレックス」)」の参加校で、Fレックスの本部は本学内にある。

国際学術交流提携校編集

産学官連携編集

微生物が生成する化合物の医療応用をめざす「マイクローブケム」を福井県立大学発ベンチャー企業第1号に認定している[5]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

大学関係者一覧編集

脚注編集

  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年2月10日). “福井県立大に恐竜学部新設 全国初、令和7年年4月” (日本語). 産経ニュース. 2022年2月11日閲覧。
  2. ^ 福井県立大学に全国初の恐竜学部、2025年開設 県立恐竜博物館近くにキャンパス | 社会,学校・教育 | 福井のニュース” (日本語). 福井新聞ONLINE. 2022年2月11日閲覧。
  3. ^ 朝日新聞』朝刊1992年2月21日付、社会面(P.25)
  4. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  5. ^ 「福井県立大、微生物ベンチャー」日本経済新聞』朝刊2020年4月22日(大学面)2020年5月15日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集