メインメニューを開く

らくらぶR』(らくらぶアール)は、2003年7月6日から2008年3月30日までKBS京都で毎週日曜 22:30 - 23:00に放送されていたバラエティ番組である。『らくらぶ。』内で放送されていた前身番組『森脇健児のらくらぶ。金曜日』(2000年10月 - 2002年9月)についても一部後述する。

概要編集

出演者の森脇健児が主に京都市内で様々な企画を行い、それを通して一般市民たちと交流するスタイルのローカル番組である。森脇は番組の構成・演出も兼任していた。

2008年3月30日の「平安京双六」で最終回を迎えたが、その翌週に放送開始した後番組『走る男』(東名阪ネット6製作)にも同じく森脇が一般市民と交流するスタイルが踏襲されている。

出演者・スタッフ編集

らくらぶメンバーは、野球のレギュラーに例えられている。

出演者編集

スタッフ編集

  • 東郷一重 <監督> らくらぶピロデューサー(プロデューサー)。
  • なぎーだ <コーチ> 構成作家。2005年正月スペシャルのスタッフじゃんけんで3連続自腹という大記録を達成。
  • 鳥井真規→紀井英顕 <マネージャー・9番キャッチャー>

レギュラーメンバー編集

  • 益田信喜 <3番ショート> 編集。
  • 河内徹 <5番サード> 撮影。
  • 西村友宏 <1番ライト> 撮影。
  • 大継康高 <2番センター> アシスタントディレクター(AD)。
  • 林達郎→高尾雅也 <7番レフト> CGクリエイター。
  • 池田良子 <6番ファースト> 音声。
  • 小見山雅宏 <8番セカンド> 編集。

主な企画編集

「東洋一の低予算」を自称していた本番組は、ロケを原則京都市内のみで行っていたが、2006年4月2日・9日放送分と2007年7月15日・22日放送分の収録についてはベトナムで行った。

じゃんけん企画編集

鉄道で目的地を目指す旅企画。ただし、移動は駅前で出会った人とじゃんけんをし、勝てば前進、負けたら後退となるルールである。また、森脇が「グー」を出せば1駅、「チョキ」を出せば3駅、「パー」を出せば5駅と、進める(後退する)駅数は出した手によって異なっていた。JR西日本旅客鉄道)の路線に限っては、「2回連続で勝てば快速に、3回連続で勝てば新快速に乗れる」という特別ルールもあった。

スポンサーさんありがとう(宝島新CM)編集

森脇がメインスポンサーの「家具の宝島」のCMを監督・製作する企画。現在放映されている[いつ?]CMは森脇製作。

家具の宝島は、本番組が始まる前にKBSラジオで放送されていた森脇のラジオ番組のスポンサーだった。番組が復活したのは、同社社長が森脇から『らくらぶ。』の制作費が思った以上に安いということを聞いたためである。

平安京双六編集

京都の市街地に碁盤の目状に走る通りを双六のマス目に見立て、ゴールの“天竺京都タワーを目指す旅企画。現地で出会った人々にサイコロで進む区画数を、ルーレットで進む方角をそれぞれ決めてもらうというルールで進行。

偶然に依存するという企画の性格上、堂々巡りや遠回りを延々と繰り返すことになったが、2003年10月19日の企画開始から数か月単位のブランクを何度も挿みつつ、実に3年3か月以上もの月日を費やし、森脇が40歳を迎える直前の2007年2月4日放送分において奇跡的にゴールまでこぎ付けた。

平安京双六 シーズンII(第192回 2007.3.18放送分より)編集

上記「平安京双六」の終了後にスタートした後継企画で、次の目指す“天竺”は金閣寺になった。この企画では、現地で出会った人々にサイコロで進む区画数と方角をそれぞれ決めてもらうというルールになり、ルーレットの使用は無くなった。ロケ日が雨天の場合には別企画の収録に切り替えられた。

祇園しりとりはしご酒編集

京都祇園にて屋号のしりとりで飲食店を梯子していき、一般市民たちと酒を酌み交わしてコミュニケーションする企画。ただし、収録中に森脇自身が泥酔してしまったため、企画続行不能となる回もあった。

タクシーの運転手さんを笑わそう編集

タクシーを使った企画。乗ったタクシーが1メーター分走るまでの間に運転手を笑わせられれば続けて乗車できるが、笑わせられなかった場合には1メーターでタクシーを降りなければならないというルールで進行。

雨やどり編集

町家で雨やどり中の一般市民たちとコミュニケーションする企画。雨天決行が困難な企画のロケ日に降雨に見舞われた際の代替企画の模様。

琵琶湖1周ふれあい旅編集

二つのサイコロを振って移動手段(マラソンロケ車ママチャリローラースケートキックボード)と進む信号の数を決め、2005夏琵琶湖[要説明]大津から反時計回りに一周した。放送は(1) - (9)とロングシリーズとなった。

京都府縦断サイコロふれあい旅編集

2005年の琵琶湖一周に続き、南から北へ京都縦断を目指す企画(南山城村経ヶ岬)。2つのサイコロを振って移動手段(マラソン/ミニチャリヒッチハイク/ラッキーカード)と進む信号の数を決めて移動。ラッキーカードにはいろいろなカードを用意し、二人三脚、かぶりものなど趣向を凝らしていた。なお、京北に入って信号の数が激減したことから、以後はサイコロの目が1・2・3の三つになった。

京都市:京都新聞の社屋に押し掛け、自分を取材するように迫った。次いで京都府庁を訪れ、府知事の山田啓二と面会した。

京丹波町:生放送番組『deちゅう』に潜入。KBSアナウンサーの村上祐子遠藤奈美と共演した。

  • 経路 -(スタート)南山城村→笠置町→和束町→加茂町→山城町(此処までは国道163号)→精華町→京田辺市(国道24号→府道)→城陽市(京奈和自動車道)→宇治市(国道24号大久保バイパス→府道)→京都市伏見区(国道24号)→東山区→下京区(烏丸通り)→北区→南丹市美山(国道162号周山街道)→京丹波町(国道27号)→綾部市(国道173号)

Joshinプレゼンツ企画編集

阪神タイガースを応援する特番企画で、上新電機一社提供で放送。第1弾では、ソフトバンクファンである森脇と亀山つとむ応援団が京セラドーム大阪で試合見学ツアー。上新電機イメージキャラクターの今岡誠赤星憲広矢野燿大も出演した。第2弾では松村邦洋も加わり、片岡篤史(現・関西テレビ解説者)、杉山直久橋本健太郎らとの温泉バスツアーを開催した。第3弾の内容は、森脇が1日だけ上新電機の店員を体験するというものだった。

森脇サンタ企画編集

森脇がサンタクロースになりきって行っていた企画で、スポンサー各店舗のスタッフなどとじゃんけんをして視聴者プレゼントの提供者を決めるというものだった。森脇が負けた場合には自腹で視聴者プレゼントを行った。森脇は、クリスマスの時期には通常の「森脇サンタ」として登場し、クリスマス以外の時期(正月・春・夏・秋)には「季節はずれの森脇サンタ」として登場していた。

携帯しりとり編集

森脇の携帯電話のメモリーから森脇の「き」の字、もしくは健児の「じ」(「し」)の字で始まる登録名を見つけ、そこへ電話をかけて行う企画。通話相手に「今から(会いに)行ってもいいかな?」と問いかけてみて、「いいとも!」と返答が来た場合には実際に会いに行き、今度はその人物の氏名と携帯電話を用いて同じルールでリレーしていくという企画。収録はわずかな時間内で行われ、長時間の移動を強いられていた。

ラジコンと平安神宮へ編集

森脇の財布を乗せたラジコンを森脇自身が操作し、その途中で出会った観光客へのお土産を森脇の自腹で買いながら平安神宮まで行くという企画。

鴨川夕涼み企画編集

残暑の鴨川で森脇が夕涼みをする企画で、初路上ライブを行う青年や、日本で最後の夜を迎える留学生などと対談していた。

古本屋巡り編集

森脇が古書店を巡り、1店舗につき1冊の古本を購入していくというルールで行う企画。撮影日は大雨だった。

2008新春スペシャル 美味しい鍋対決 勝てば美女と混浴編集

森脇と松村邦洋がそれぞれ京都の食材を用いて鍋料理を作り、インリン・オブ・ジョイトイに判定をさせる企画。後述の鍋企画の対決版である。インリンが美味しいと思った方が勝者となり、彼女と混浴できるというルールだったが、結果は引き分けだった。

糸電話企画編集

カップルが普段言えない事を約30mの糸で繋がれた糸電話で言い合うというもの。そのカップルが結婚した際に結婚式で流すためのビデオレターを収録する。

雪遊び企画編集

森脇と幼稚園児が雪遊びをするというもの。

京都タワー探訪編集

普段は入れない京都タワーの内部に森脇が特別に入れてもらい、紹介するというもの。ちなみに森脇は200数段の螺旋階段を昇り、タワー頂上までエレベーター無しで登頂した。

会社訪問企画編集

京都に本社を置く会社(主にらくらぶRのスポンサー会社)に森脇が訪れるという企画。

『森脇健児のらくらぶ。金曜日』時代の主な企画編集

大盤振る舞い企画編集

森脇、T・K・Oの財布が入った箱の中から1つの財布を選び、選ばれた財布の持ち主がみんなにおごりながら、京都の町をまわるというもの。

鍋企画編集

森脇が京都の北部の町に空の土鍋を持っていき、住民に具材を提供してもらって寄せ鍋を作る企画。猪肉などの豪華な具の入った鍋となった。

あっちむいてホイ企画編集

平安京双六の前身。道行く人とあっちむいてホイをし、その結果次第で森脇の進む方向が決まる。

  • 森脇勝利時 - 勝利時に森脇の出していた指の方向に進む。
  • 森脇敗北時 - 敗北時に森脇の向けていた顔の方向に進む。

森脇雲ケ畑に行く編集

森脇が京都、雲ケ畑に行き、そこの人たちとふれあうという企画。現地の陸上競技をしている青年と森脇が陸上競技対決をするなど、ほのぼのとした企画であった。ナイキのロゴの模様をもった牛「ナイキ君」とのふれあいなど、印象に残る企画だったとの呼び声高い。

微笑がえし企画編集

キャンディーズの「微笑がえし」を森脇が出会った10数人に少しずつ歌ってもらい、それを映像処理でつなげて曲のビデオを完成させるというもの。

森脇人生相談所編集

テーマソング編集

  • 一回目の放送期間[要説明](2001年10月 - )にはSunny Side Up (現:SANISAI)の「バンドワゴン」がテーマソングになっていた。
  • 再開後(2003年7月6日 - 2007年9月末)のテーマソングはSunny Side Up (現在の番組のテロップ[いつ?]も旧名で表示)の「僕の居場所」。
  • 2007年10月 - 2008年3月には珍獣王国の「ハッピー」。
KBS京都 日曜日 22:30 - 23:00
前番組 番組名 次番組
らくらぶ。
(2000年10月 - 2002年9月)
らくらぶR
(2003年7月6日 - 2008年3月30日)
走る男
(2008年4月6日 - 2009年3月22日)