アエギュプトゥスのキリスト教化

アエギュプトゥスのキリスト教化(アエギュプトゥスのキリストきょうか)は、ローマ帝国キリスト教化について説明する。

ローマ帝国アエギュプトゥス属州

古代エジプトでは古代エジプト古来の宗教が信仰されていたが、エジプト(アエギュプトゥス)のギリシャ人ローマ人の支配を経てエジプト固有の風土は薄れ、大きく変貌することとなった。また、帝国全体にわたってキリスト教ではない異教神殿の閉鎖を命じられ、古代エジプトの宗教は瀕死の状態になる。その一方4世紀を通じてキリスト教は地位を高め、異教の信者は減り、390年に皇帝テオドシウス1世の命により国教となったキリスト教以外の異教を禁じられた。これら一連の動きを経て、アエギュプトゥスはキリスト教化されるに至った。

キリスト教化編集

ローマの支配編集

古代エジプト」と呼ばれた地域は、度重なる異民族支配に続いて、1世紀頃には強大な勢力を持っていた古代完全にり、穀物を中心とした富を供給し、ローマ人パンとサーカスを支える事と成る。その時期の詳細は『アエギュプトゥス』を参照のこと。

それにより、エジプト人もローマ市民権を得る。い、属州の富を基盤とした商業は停滞して行った。

その後、ローマ帝国は恒常的に複数の皇帝に分割されるようになり、この間、エジプトでは新たな宗教キリスト教が普及し、社会の中核を占めるようになっていった。

アエギュプトゥスに暮らす(ユダヤ教徒)その東地中海に多く、当時の博識人種であったって行っエジプト文明の系譜をつぐ人種であり、古代エジプトの宗教を信仰していたエジプト人であったが、その中でも特に下層階級の人々は、ローマ帝国の厳しい圧政によってのエジプトいう。そんな中でのキリスト教の浸透であったため、義にのであった

、「アレクサンドリア教会」が成立し、キリスト教の五大本山にまで発展する事と成った。と事と成。

のであった

また、あった。「コプト正教会」 と同起源の名称である。

古来の宗教との共存編集

 
フィラエ神殿

後にキリスト教に改宗することとなるローマ皇帝・と共同皇帝・リキニウスる旨の「ミラノ勅令」を発した。キリスト教ではない(ローマ神話ギリシア神話ユダヤ教ミトラ教など)る

4世紀を通じてキリスト教は地位を高め、その他の宗教(ローマ神話ギリシア神話ユダヤ教ミトラ教など)の信者は減っていき、テオドシウス1世の命によりらアスワンに残る(イシス神殿、)に残る4世紀頃の古代エジプトの宗の神々に対する一部の人々(旧エジプト貴族の家柄、ヌビア人など)によってされた。また、やその他の神々が信仰され、た。

また、この頃にはプトレマイオス朝時代に作られたアレクサンドリア図書館は、財政破綻のため規模を縮小し、その蔵書や重要性も嘗てのように高くは無くなった。後に、本館は暴動のさなかに掠奪・破壊され、その姉妹館であった付属のセラペウムは、に、かつての遺構や重要性は、キリスト教から見る『異教』という名目で根絶やしにされる。

それに代わり、アレクサンドリアには、『アレクサンドリアのキリスト教図書館』が作られ、そこでは主にキリスト教神学的な議論が交わされ、蔵書された。また、するにつれなどの、東地中海に多く残るヘレニズム時代の大図書館(アレクサンドリア図書館アンティオキアの図書館など)をなどそんな中で、古代ギリシア・ヘレニズム的な観点を吸収しながら、キリスト教は大きく変貌し、成長する。

東ローマ時代編集

この時、エジプトのテーベ(現ルクソール)に存在し、最も格式高い神殿であったた、異教弾圧のにる事と成り、

また、イシス崇拝を存続させていたナイル川第一瀑布のフィラエ島でのフィラエ神殿での伝統的な礼拝は、当時の反異教徒の迫害にもかかわらず、少なくとも5世紀に生き残り、キリスト教と共存していた。キリスト教化される頃の最初の司祭はマセドニオスで、神殿に保管されている神聖なハヤブサを殺したと伝説が語るが、現代の専門家はこの記述の歴史を疑問視することが多い。少なくとも、5世紀半ばまでに異教の寺院と共にキリスト教の教会が存在し、共存していた。

その後、ローマ帝国のもとでのフィラエ島の不可侵のそのユスティニアヌス1世の閉鎖までる事と成る。

395年1月、ローマ帝国東西分裂し、アエギュプトゥスはその内のの東方領土、即ち東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の領土と成った。

その後、古代ローマ帝国の分割後は東ローマ帝国に属し、豊かな穀物生産でその繁栄を支えた。また、キリスト教の浸透とともに独自のコプト教会が生まれた。その一方で、東ローマ帝国の治下約100年間にわたって古代エジプトの宗教は存続した。

異教の禁止編集

 
東ローマ皇帝。それと同様に、キリスト教第一主義が採られた。

しかし、世俗政治と同様に皇帝教会政策でも専制君主の片鱗が垣間見える事と成る 東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世は強硬なキリスト教以外の異教の弾圧を推し進め、その一環としてエジプトの宗教の寺院の閉鎖命令が出された。遂に、最後の古代宗教の抵抗集団であったアスワンの(イシス神殿)、古代エジプトの遺風はついに失われることとなった。

る事と成り、やそれに伴う独自の文化、古代エジプトの神々や文字、歴代ファラオが築き上げた歴史、エジプトの砂漠の中に多くの神殿は、するか、キリスト教のなどに転用した。また、フィラエ神殿は古代エジプトの宗教の中心地ではなくキリスト教の中心地としての重要性を保持する事と成り、その神殿のうち5つは教会に転用される事と成った。その内のイシス神殿は聖ステファノス教会に奉献された。その過程で、多くの神像は聖母マリア(イシス神像からの転用が多かった)やイエス・キリストの像に転用されるか、破棄されるかの運命を辿った。

また、その他にも、古代エジプトの文化と宗教を守り継いだ民族のうち、唯一ヌビアのみがその信仰を後世に伝えたのであった。

不安定な支配編集

このころのアエギュプトゥスの地は、キリスト教の論争の中心地でもあった。達によって、る事件が起き

その時、である

その後、これによって、プトレマイオス朝エジプト王国秀でたの系譜このる事と成っ。しかし、に哲学・思想の系譜を引き継ぐこととなる。そして、この学問の系譜はイスラームののであった

また、アエギュプトゥスではり、混乱し

その後編集

帝国た。その後は、がなどしたが、キリスト単性論者が堂々と考えを主張するようになるなど、の支配、半分裂状態となった。しかも、そこにはな敵が控えており、それが正統カリフの王国)であった。

遣し、攻撃を繰り返して遂にをに追い詰め、遂に落させ、入城し、東ローマ兵をギリシアへと引き上げさせることに成功した。7世紀以降のイスラーム化を経てエジプト固有の風土は薄れ、大きく変貌することとなった。その時代の主な首都はテーベでもなくアレクサンドリアでもなくカイロだった[注釈 1]

後にイスラーム王朝であるファーティマ朝トゥールーン朝アイユーブ朝マムルーク朝の中心地としての役割をアエギュプトゥスは果たし、15世紀にはエジプトはオスマン帝国の支配下に入った。

脚注編集

参考文献編集

注釈編集

  1. ^

関連項目編集