アエノール・ド・シャテルロー

アエノール・ド・シャテルローAénor de Châtellerault1103年 - 1130年3月)[1]は、アキテーヌ公ギヨーム10世の妃。シャテルロー(現 ヴィエンヌ県)にて1103年に誕生、1130年3月にタルモンにて死去した。なお、1129年以降は アリエノールAliénor)の名で署名している。

アエノール・ド・シャテルロー
Aénor de Châtellerault

称号 アキテーヌ公妃
ポワティエ伯妃
出生 1103年
死去 1130年3月
Blason ville fr Talmont-sur-Gironde 17.svgタルモン
埋葬 ニウル=シュル=ロティスのサン・ヴァンサン修道院 (フランス語版)
配偶者 アキテーヌ公ギヨーム10世
父親 シャテルロー副伯エメリー1世
母親 アモーベルジュ
テンプレートを表示

シャテルロー副伯エメリー1世とその妻アモーベルジュの娘。母アモーベルジュは後にアキテーヌ公ギヨーム9世の愛人となり、ダンジュルーズ(その魅惑的さゆえに危険な女の意)・ド・リル=ブシャールと称された。1121年に母を愛人としたギヨーム9世と妻フィリッパ ・ド・トゥールーズの息子で次代のアキテーヌ公ギヨーム10世と結婚した。

夫ギヨーム10世との間に以下の3子を儲けている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Edmond-René Labande, Pour une image véridique d’Aliénor d’Aquitaine, réédité avec une préface de Martin Aurell par la Société des antiquaires de l'Ouest-Geste éditions en 2005. ISBN 2-84561-224-9