アナンディーン・アマル

アナンディーン・アマルモンゴル語: Анандын Амар光緒12年(1886年) - 1941年7月10日)は末から人民共和国期にかけてのモンゴルの政治家。首相(2期)、人民小会議幹部会議長(国家元首)などを歴任した。

アナンディーン・アマル
Анандын Амар
Anandyn Amar.png

任期 1936年3月22日1939年3月7日

任期 1932年7月2日1936年3月22日

任期 1928年2月21日1930年4月27日

出生 1886年
Flag of China (1862–1889).svg 大清、トゥシェトゥ汗部右翼右末次旗
死去 1941年7月10日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
政党 モンゴル人民革命党

経歴編集

トゥシェトゥ汗部(現在のボルガン県ハンガル)に生まれる。清朝期は地方官吏、ボグド・ハーン政権期は役人として出仕、1923年に人民党に入党。1923年から1928年にかけて外務、経済、内務各省の大臣や副首相を歴任した。

1928年2月21日に首相に選出され、1930年4月27日まで務めた。1932年7月2日、国家元首に相当する人民小会議幹部会議長に選出され、1936年3月22日まで務めた後、再び首相に転出した。

ソ連ヨシフ・スターリンは1937年以降モンゴルの指導部に対する粛清に着手。スターリンの個人崇拝と大粛清に否定的だったアマルも標的となり、1939年3月7日の党中央委員会幹部会会議において人民小会議幹部会議長だったダンスランビレギイン・ドグソムモンゴル語版と共に反革命活動で告発され、それぞれの職を解任。その日の内に党を追放され、内務省により逮捕された。

1939年7月、アマルらの身柄はソ連内務人民委員部に引き渡され、モスクワに送られる。1941年7月10日に日本のスパイとして死刑判決を受け、7月27日に銃殺刑に処された。

スターリン死去後におこなわれた1956年12月15日の再審の結果、アマルの容疑を裏付ける証拠は無いとして無罪となった。そして処刑から21年後の1962年1月25日に名誉回復され、1989年9月26日にはモンゴル人民党の党籍が回復された。


脚注編集


参考文献編集

  • Sanders, Alan J. K. (2010). "AMAR, ANANDYN (1886-1941)". Historical Dictionary of Mongolia (Third ed.). Scarecrow Press. pp. 52–53. ISBN 9780810861916


  モンゴル人民共和国
先代
ゲンドゥン
首相
1936年 - 1939年
次代
ホルローギーン・チョイバルサン
先代
ロソリン・ラーガン
人民小会議幹部会議長
1932年 - 1936年
次代
ダンスランビレギイン・ドグソム
先代
バリンギーン・ツェレンドルジ
首相
1928年 - 1930年
次代
ツェンゲルティーン・ジグジドジャブ