アマニュウ

セリ科の種

アマニュウ(甘にゅう、学名: Angelica edulis)は、セリ科シシウド属多年草[3][4][5]。別名、マルバアマニュウマルバエゾニュウ[1]

アマニュウ
Angelica edulis 1.JPG
青森県尻屋崎 2017年7月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シシウド属 Angelica
: アマニュウ A. edulis
学名
Angelica edulis Miyabe ex Y.Yabe[1]
シノニム
和名
アマニュウ(甘にゅう)[3]

特徴編集

は直立して高さ1-2mになり、ときに3mに達し、中空で、上部で分枝する。は互生し、1-2回3出羽状複葉で、頂小葉はさらに3中裂する。小葉はやや質が薄く、表面は鮮やかな緑色で光沢感があり、裏面の葉脈上に毛が生え、広卵形から菱状広卵形で、長さ幅ともに10-20cm、縁は鋭鋸歯になり、基部は心形となる。茎の全部または下部につく葉柄の基部は多少ふくれた鞘状になる[3][4][5][6]

花期は7-8月。茎先や分枝した枝の先端に、径約20cmに及ぶ大型の複散形花序をつけ、白色の小型の5弁のを多数、密につける。複散形花序の下に総苞片は無く、小花序の下に細い小総苞片が数個ある。花柄は25-30個あり、小花柄は30-50個ある。花弁の先は内側に曲がる。雄蕊は5個あり、花弁より長く花外に突き出る。果実は長楕円形で、長さ6-7mmになり、分果の背隆条は3脈、側隆条はやや狭い翼が張り出す。油管は、分果の表面側の各背溝下に1個ずつ、分果が接しあう合生面に2個ある[3][4][5]

分布と生育環境編集

日本特産で[5]、北海道、本州(中部地方以北および中国地方の伯耆大山)、四国(石鎚山)に分布し[6]、山地や草原に生育する[5]。本州では高原に多く、北海道では林縁や林道沿いで多く見られる[6]

名前の由来編集

和名アマニュウは、「甘にゅう」の意で[3][7]、本種は食用になり、この茎を食べると甘味があるのでいう[4][6]。「ニュウ」はアイヌ語[4]とされるが、正確には不明という[7]。別名のマルバエゾニュウは、「円葉蝦夷にゅう」の意で、同属のエゾニュウ A. ursina に似ているが、比べて葉が円いのでいう[4]

アイヌ語では本種の葉柄を「チスイェ」あるいは「チフイェ」とよぶ[8]アイヌ人は茎の皮をむき硬い繊維を取り除いて、生のまま食用とした。また茎を煮てから皮をむき煮物和え物酢の物などの食材としたり、乾燥させ、冬の保存食にもしたという[6]

種小名 edulis は、「食用の、食べられる」の意味[4]

利用編集

葉が展開しはじめた直立した頃の葉柄は、皮をむいて生のまま、または茹でて食用にされる。若葉は天ぷらで食される[6]

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アマニュウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ Angelica edulis, The Plant List.
  3. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.475
  4. ^ a b c d e f g 『新牧野日本植物圖鑑』p.518, p.1325
  5. ^ a b c d e 『改訂新版 日本の野生植物 5』p.261
  6. ^ a b c d e f 『食べられる野生植物大事典(草本・木本・シダ)』p.217
  7. ^ a b 『山溪名前図鑑 野草の名前 夏』p.19
  8. ^ 知里真志保著 分類アイヌ語辞典 植物編 §104 アマニュウ アイヌ民族博物館

参考文献編集