大山 (鳥取県)

日本の鳥取県の火山
伯耆大山から転送)

大山(だいせん)は、日本鳥取県にある標高1,729mの成層火山であるが、活火山としては扱われていない[1]。鳥取県および中国地方の最高峰でもある。角盤山(かくばんざん)とも呼ばれるほか、鳥取県西部の旧国名伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)、あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士出雲富士とも呼ばれる[2]日本百名山日本百景にも選定され、鳥取県のシンボルの一つとされている[3]

大山
Mt Daisen Full View.jpg
西方より望む
標高 1,729 m
所在地 日本の旗 日本
鳥取県大山町琴浦町江府町など
位置 北緯35度22分16秒 東経133度32分24秒 / 北緯35.37111度 東経133.54000度 / 35.37111; 133.54000座標: 北緯35度22分16秒 東経133度32分24秒 / 北緯35.37111度 東経133.54000度 / 35.37111; 133.54000
山系 大山山系
種類 成層火山溶岩ドーム
最新噴火 約2万800年前
大山 (鳥取県)の位置(日本内)
大山 (鳥取県)
大山 (鳥取県) (日本)
大山 (鳥取県)の位置(鳥取県内)
大山 (鳥取県)
大山 (鳥取県) (鳥取県)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

 
大 山
蒜 山 火 山 群
大山周辺の地形図
 
弥山溶岩ドームの地形図

大山は中国山地の連なりからやや北に離れた位置にある独立峰の火山で、その裾野は日本海に達しており主峰の剣ヶ峰や三鈷峰烏ヶ山船上山などの峰を持つ。山体は東西約35km[4]、南北約30km[4]、総体積約120km3[5]。日本列島におけるデイサイト質火山の中でも最大級の規模である[5]

広義には南東側に連なる擬宝珠山蒜山(上蒜山、中蒜山、下蒜山)・皆ヶ山などの蒜山火山群[4]も大山火山の一部とされることが多いが[1][4]、活動場の変遷からみて蒜山火山群を大山火山と区別する場合もある[6]

最高点は剣ヶ峰であるが、剣ヶ峰に至る縦走路が通行禁止とされていることや古くから第二峰の弥山(みせん 1,709m)で祭事が行われたことから、一般には弥山を頂上としている[7]

一帯は大山隠岐国立公園に指定されており、標高800mから1,300mは西日本最大のブナ林に覆われ、その上部には亜高山針葉樹林帯がなく低木林や草原の高山帯になっている[8]。山頂付近に見られるダイセンキャラボクの純林は国の特別天然記念物に指定されている[9]。また、国の鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積5,156ha、うち特別保護地区2,266ha)[10]

周辺の地域では古来からの大山信仰が根強い[11][12][13]。現存する最古の記述は『出雲国風土記』の国引き神話で、三瓶山と同様に縄を引っ掛けて島根半島を引き寄せたとある。『出雲国風土記』では「火神岳」(ほのかみだけ)または「大神岳(おおかみのたけ)」と呼ばれ[14][12][要検証]奈良時代養老年間に山岳信仰の山として開かれたとされる。北西の山腹には大神山神社奥宮や大山寺阿弥陀堂があり、明治廃仏毀釈まで大山寺の寺領とされ[要出典]、一般人の登山は禁止されていた[13]

火山活動史編集

 
弥山溶岩ドーム(左)
烏ヶ山溶岩ドーム(右)

約100万年前から40万年前に活動した蒜山火山群および古期大山と新期大山に大別される[15]。約35万年以降に20回[16]プリニー式噴火があり[1]、最新の活動は約2万800年前(三鈷峰溶岩ドームおよび阿弥陀川火砕流堆積物)と考えられている[1]

蒜山火山群編集

蒜山火山群の火山活動史については「蒜山」を参照。

古期大山噴出物(約100万年前~約21万年前)編集

活動を開始した約100万年前から、約21万年前に噴出した大山奥津降下火砕物(DOP)直前までの噴出物を古期噴出物と呼ぶ[1][17]

側火山の形成編集

大山火山の北西部に、3つの溶岩ドームと1つの火砕丘が噴出した[4][15]。最初期の噴出は鰐抜山溶岩ドーム(約96万年前)[4]で、のちに鈑戸山溶岩ドーム(約68万年前)[4]孝霊山溶岩ドーム(約30万年前)が噴出した。鍋山火砕丘も同時期に形成されたと考えられているが、溶岩の年代値は得られていない。

古期溶岩類の噴出編集

約60万年前から約40万年前までを中心に[15]、大山火山の広範囲でデイサイト質の溶岩が噴出した。大山火山の東部では、船上山溶岩(約102万年前~約35万年前)[4][18]甲ヶ山溶岩(約41万年前)[4]矢筈ヶ山溶岩(年代不明)[15]大山滝溶岩(約59万年前)[4]が噴出した。南部では、城山溶岩(約51万年前)、笛吹山を構成する吉原溶岩(約51万年前)が噴出した。

大規模な火山麓扇状地の形成編集

古期大山の裾野には、西は米子市福市、北は大山町豊成海岸、東は倉吉市国分寺、南は真庭市蒜山上徳山延助まで至る、複数の広大な火山麓扇状地が形成された[17]。これらの扇状地の構成物は土石流堆積物を主体とし[1]、火山麓扇状地6堆積物[1]、溝口凝灰角礫岩層[17]、古期扇状地Ⅰ面堆積物[19]などの総称で呼ばれる。これらの火山麓扇状地はMIS8(約30万年前)には段丘化したと考えられており[1]、地形面は侵食が進んでおり、下流部にわずかに原地形面を残すのみである[20]

新期大山噴出物(約21万年前~現在)編集

約21万年前に噴出した大山奥津降下火砕物(DOP)以降の噴出物を新期噴出物と呼ぶ[1][17]

大山最下部テフラ層(約21万年前~約15万年前)編集

大山最下部テフラ層の形成期の噴出物は、その多くが広域テフラとして認められる降下火砕物からなり、溶岩流や溶岩ドームは認められていない[15]大山奥津降下火砕物[21][22](DOP:約21万年前[23])は、大山火山で認められる最初期の広域テフラであり[1]、大山から東南東10km地点で層厚3m以上を示す[22]。遠方では京都府綾部市(大山から東約150km)で層厚20cmを示す[1][24]大山別所降下火砕物[21][22](DBP:約19万年前[15])は、真庭市蒜山別所を模式地とする広域テフラであり、大山から東南東10km地点で層厚3m以上を示す[22]。そのほか、大山淀江(樋谷)降下火砕物(DYP:約17万年前[15])など、複数回のプリニー式噴火による火砕物が噴出している。

大山下部テフラ層(約15万年前~約8万年前)編集

大山下部テフラ層の形成期の噴出物は、火砕流堆積物と、広域テフラとして認められる降下火砕物、溶岩からなる[15]大山松江降下火砕物[25](DMP:約13万年前[1])は、大山から北西へと降下し、出雲市周辺(大山から西約80km)で層厚約20cmを示す[1]振子山溶岩ドーム[1](約11万年前[18])は、大山東方の振子山と振袖山を構成する溶岩ドームである。名和火砕流堆積物[17](約10万年前[16])は大山町名和を模式地とする火砕流堆積物である。名和軽石流[26]とも呼ばれるが軽石は全く含まれず、典型的なブロックアンドアッシュフロー(溶岩ドームの崩壊により発生した火砕流)による堆積物からなる[1]。この火砕流は振子山溶岩ドームの崩壊により発生したものと考えられる[1]。大山町のうち旧名和町の段丘面のほとんどを構成している[1][17]大山生竹降下火砕物[25](DNP:約8万年前[16])はプリニー式噴火による降下火砕物で、大山から東南東約10kmで層厚2m以上を示し[22]、遠方では兵庫県北部(大山から東南東約90km)で層厚120cm、京都府越畑盆地(大山から東南東約190km)で層厚30cm[27]富士山東麓(大山から東約450km)でも確認されている[28]

大山中部テフラ層(約8万年前~約4万年前)編集

大山中部テフラ層の形成期の噴出物は、火砕流堆積物と、広域テフラとして認められる降下火砕物からなる[1]大山関金降下火砕物[25](DSP:約7万年前[1])はプリニー式噴火による降下火砕物で、大山から東約10kmで層厚1m以上を示し[22]、遠方では長野県木曽地域(大山から東約370km)で層厚1.5cmを示す[29]槇原火砕流堆積物[17](約4万年前[30])は大山町槇原を模式地とする火砕流(ブロックアンドアッシュフロー)堆積物(最大層厚約20m)である[1]

 大山倉吉降下火砕物(DKP:約6万年前)編集

 大山倉吉降下火砕物[25](DKP:約6万年前[31][32])は、大山中部テフラ層の1つであり、大山火山における最大規模の噴出物(岩石換算体積21km3[1]、早川法)である[32]日本列島を広く覆って降下しているため日本国内を代表する広域テフラの1つであり、後期更新世(約12万6000年前~1万1700年前)の時間指標面(鍵層)として重要性の高いものとされている[25][32]。分布域は大山山麓から東方面に、山陰海岸、北陸信州北関東の各地に広がる[33][32]福島県西郷村真船(大山から東北東約620km)で層厚5cmを示す[32]

大山上部テフラ層(約4万年前~現在)編集

大山上部テフラ層の形成期の噴出物は、火砕流堆積物と、広域テフラとして認められる降下火砕物、溶岩からなる[1]烏ヶ山溶岩ドーム[17]笹ヶ平火砕流堆積物[17](約2万9300年前[30])は大山南東部に噴出したデイサイト質溶岩ドームと、それの一部崩壊によって流下した火砕流(ブロックアンドアッシュフロー)堆積物である[1]。笹ヶ平火砕流堆積物は江府町の船谷川上流および俣野川上流の谷底と、倉吉市関金町の野添川上流の谷底をそれぞれ埋積するように堆積し、最大層厚は100m以上を示す[1]弥山溶岩ドーム[26][17]桝水原火砕流堆積物[1](約2万8600年前[1])は剣ヶ峰と弥山を構成する溶岩ドームと、それの一部崩壊によって流下した伯耆町金屋谷を模式地とする火砕流(ブロックアンドアッシュフロー)堆積物である[1]。大山火山で最新の活動である三鈷峰溶岩ドーム[26][17]阿弥陀川火砕流堆積物[1](約2万800年前[1])は、大山北東部に噴出したデイサイト質溶岩ドームと、それの一部崩壊によって阿弥陀川沿いに流下した火砕流(ブロックアンドアッシュフロー)堆積物である[1]。なお、大山南麓の江府町御机で約3000年前の火砕流堆積物とその降下火砕物を発見したとする報告もある[34]。しかし、現在のところ大山火山は活火山(概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山)に指定されていない。

大山火山の地形編集

気候編集

日本海側気候豪雪地帯であり、標高800m台の大山アメダスでも年降雪量は10mにも達する。

大山(標高875m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量 mm (inch) 219.7
(8.65)
198.6
(7.819)
193.0
(7.598)
161.0
(6.339)
194.0
(7.638)
257.9
(10.154)
332.8
(13.102)
224.7
(8.846)
342.7
(13.492)
264.1
(10.398)
229.5
(9.035)
220.9
(8.697)
-
(111.768)
降雪量 cm (inch) 288
(113.4)
268
(105.5)
194
(76.4)
45
(17.7)
2
(0.8)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
25
(9.8)
187
(73.6)
1,003
(394.9)
出典: 気象庁

登山編集

登山コースは複数あり、北側斜面を登る「夏山登山コース」と「ユートピアコース」が地元自治体により一般に紹介されている[35]。夏山登山コースは佐陀川の源流となっている行者谷の西側尾根を登り、弥山に至るルートで初心者向きとされている[35]。ユートピアルートは行者谷の東側尾根を経て、標高1,516mの三鈷峰付近にあるユートピア避難小屋に至るルートで、上級者向けとされている[35]。弥山から三等三角点地点(1,709.3m)や剣ヶ峰、天狗ヶ峰(1,710m)を経てユートピア避難小屋に至る旧縦走路は、稜線が両サイドとも崩落しており通行が禁止されている。これは特に2000年に発生した鳥取県西部地震以降、山肌の崩落が激しくなって危険なためであり、死傷事故も発生している[36]

これらの登山口まではJR米子駅やJR大山口駅から大山寺行きのバスが定期運行されている。また、自家用車で登山口付近まで行く場合、鳥取県立大山自然歴史館の近くに駐車場があり、米子自動車道溝口インターチェンジから鳥取県道45号を経由しておよそ10kmである。

画像解説編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 山元孝広、『大山火山噴火履歴の再検討』 地質調査研究報告 Vol.68 (2017) No.1 p.1-16, doi:10.9795/bullgsj.68.1
  2. ^ 伯耆富士/出雲富士[大山]”. 静岡県 (2017年2月9日). 2019年9月17日閲覧。
  3. ^ 出典: 近畿中国森林管理局『森のひろば』No.1020 p3-4
  4. ^ a b c d e f g h i j 津久井雅志、西戸裕嗣、長尾敬介、蒜山火山群・大山火山のK-Ar年代 地質學雜誌 91(4), 279-288, 1985-04-15, NAID 110003023603
  5. ^ a b c d 出典: [大山・大根島:山陰地方中部の対照的な第四紀火山(2009年)] - 沢田順弘ら、2017年4月閲覧
  6. ^ 第四紀火山 蒜山”. 産業技術総合研究所地質調査総合センター. 2020年6月21日閲覧。
  7. ^ 出典: 不思議だいせん大山観光局、2015年9月9日閲覧。
  8. ^ 出典: 環境省による現地案内板より
  9. ^ 出典: ダイセンキャラボク純林(大山登山・大山山頂)”. NPO法人大山中海観光推進機構. 2014年9月2日閲覧。
  10. ^ 出典: 国指定鳥獣保護区一覧”. 環境省. 2014年9月30日閲覧。
  11. ^ 出典: 「第九番 大神山神社」(出雲國神仏霊場公式ホームページ)
  12. ^ a b 出典: 「国立公園大山ってどんなとこ? 大山とは」(大山町公式観光サイトD-Club、大山町役場観光商工課)
  13. ^ a b 出典: あの噂って本当? 大山の「なるほど」を発掘”. 一般社団法人大山観光局. 2015年4月14日閲覧。
  14. ^ 斎藤正二、「『人生地理学』 補注」 補遺 (第3回), 創価教育,(7),87-127 (2014-03-16), hdl:10911/4228
  15. ^ a b c d e f g h 日本の主要第四紀火山の積算マグマ噴出量階段図 大山火山 (PDF) 産業技術総合研究所 地質調査総合センター研究資料集 no.613
  16. ^ a b c 木村純一、岡田昭明、中山勝博 ほか、『大山および三瓶火山起源テフラのフィッショントラック年代とその火山活動史における意義』 第四紀研究 Vol.38 (1999) No.2 P.145-155, doi:10.4116/jaqua.38.145
  17. ^ a b c d e f g h i j k 津久井 雅志 (1984). “大山火山の地質”. 地質学雑誌 90: 643-658. 
  18. ^ a b Kimura et al. (2003). “Late Cenozoic volcanic activity in the Chugoku area, southwest Japan arc during back‐arc basin opening and reinitiation of subduction”. Island Arc 12: 22-45. 
  19. ^ 荒川 宏 (1984). “大山火山北西部における火山麓扇状地の形成”. 地理学評論 57: 831-855. 
  20. ^ 日本の地形6 近畿・中国・四国. 東京大学出版会. (2004年06月04日). p. 155 
  21. ^ a b 岡田昭明、大山蒜山原軽石(DHP)と大山最下部火山灰hpm2軽石について (PDF) 島根大学地球資源環境学研究報告, 15,53-60 (1996年12月)
  22. ^ a b c d e f 岡田昭明・石賀 敏 (2000). “大山テフラ”. 日本地質学会第107年学術大会見学旅行案内書: 81-90. 
  23. ^ 加藤茂弘・山下 透・檀原 徹 (2004). “大山テフラの岩石記載的特徴と大山最下部テフラ層中のテフラの対比”. 第四紀研究 43: 435-445. 
  24. ^ 小滝篤夫・古山勝彦・井上陽一 (2002). “京都府北部,福知山・綾部地域の高位段丘層中の含カミングトン閃石火山灰層と大山最下部火山灰層との対比”. 地球科学 56: 35-48. 
  25. ^ a b c d e 町田洋、新井房夫、『大山倉吉軽石層-分布の広域性と第四紀編年上の意義』地学雑誌 Vol.88 (1979) No.5 P.313-330, doi:10.5026/jgeography.88.5_313
  26. ^ a b c 太田良平 (1962). 5万分の1地質図幅「赤崎・大山」および同説明書: 37p. 
  27. ^ 井本伸広・清水大吉郎・武蔵野 実・石田志朗 (1989). 京都北西部の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅). 地質調査所 
  28. ^ 町田 洋 (1996). 富士山東山麓の富士テフラ群下部に見られる阿蘇4などの諸広域テフラ.第四紀露頭集−日本のテフラ. 日本第四紀学会. p. 36–37 
  29. ^ 竹本弘幸・百瀬 貢・平林 潔・小林武彦 (1987). “新期御岳テフラ層の層序と時代−中部日本における編年上の意義−”. 第四紀研究 25: 337–352. 
  30. ^ a b Katoh et al. (2007). “Estimation of eruptive ages of the late Pleistocene tephra layers derived from Daisen and Sambe Volcanoes based on AMS −14C dating of the moor sediments at Ohnuma Moor in the Chugoku Mountains, Western Japan.”. Nature and Human Activities 11: 29-50. 
  31. ^ 長橋 良隆, 深谷 桃子, 木村 純一, 常 青, 佐川 拓也, 中川 毅, 池原 研 (2016). “大山倉吉テフラと山陰1テフラの層序と年代:若狭湾沖堆積物コアと水月湖SG06コアによる検討”. 日本地質学会学術大会講演要旨 123: R21. 
  32. ^ a b c d e 山元孝広 (2017). “東北日本における大山倉吉テフラと山陰 1 テフラの降下層準”. 地質調査研究報告 68: 223-235. 
  33. ^ 町田 洋・新井房夫 (2003). 新編火山灰アトラス−日本列島とその周辺. 東京大学出版会. p. 336p 
  34. ^ 奥野充、井上剛、大山火山の完新世噴火 (PDF) 日本地球惑星科学連合 2012年度連合大会予稿集
  35. ^ a b c 出典: 全コース詳細ガイド 大山登山マニュアル”. 大山町役場 観光商工課. 2014年9月9日閲覧。
  36. ^ 出典: 大山山系での遭難状況 鳥取県警察、2015年9月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集