メインメニューを開く
海兵隊総司令官旗

アメリカ海兵隊総司令官(アメリカかいへいたいそうしれいかん、: Commandant of the Marine Corps 略称:CMC)は、アメリカ海兵隊において軍人が任命される最高位の職位である。

海軍長官(文官)の直属で、海軍作戦部長(海軍軍人最高位)と同格の職であり、1775年11月28日サミュエル・ニコラスがアメリカ海兵隊の前身である大陸海兵隊の総司令官に就任して以来、大陸海兵隊の解散による中断期間があったものの、200年以上その名を変えていない伝統ある職である。

また、この職に大将が充てられるようになったのは、1945年3月21日に議会が承認した海兵隊総司令官は大将が務めることとする法令によって、1945年4月4日、当時の第18代海兵隊総司令官アレクサンダー・A・ヴァンデグリフト中将が大将に昇進してからであり、創設から1890年頃までの海兵隊総司令官は、主に佐官が任命されていた。

現在の海兵隊総司令官は、デイビッド・H・バーガー大将(第38代)である。

海兵隊総司令官の職務編集

海兵隊総司令官の基本的な職務は、アメリカ海兵隊の最高指揮官かつ最高責任者として組織を統率し、戦備を整える責任を負い、その象徴として崇高なる尊厳を保つことである。ただし、海兵隊総司令官職はアメリカ独立戦争以来、200年以上にわたって名称を変えずに維持され続けてきたため、時代ごとに職務の詳細は違ってきている。

初期の海兵隊総司令官は、直接兵力を率いて前線で作戦の指揮に当たることもあったが、「Marine Barracks」と呼ばれる海兵隊司令部の建物が機能するようになると、そこで総司令官の職務を行い、作戦の指揮を執るようになった。

1947年統合参謀本部が創設されて以降、その構成員として大統領に助言する責任を負う。なお、統合参謀本部の構成員である他の参謀総長や作戦部長と同じく、作戦上の指揮権を有していない。

なお、内部に海兵隊総司令官より現役の先任者がいたとしても、海兵隊総司令官がアメリカ海兵隊の最高指揮官であり、最高責任者である。

歴代海兵隊総司令官編集

代数 写真 氏名 任命時階級 任命 退任 備考
初代   サミュエル・ニコラス 大尉[1] 1775年11月28日 1783年8月27日 大陸海兵隊時代の総司令官
第2代   ウィリアム・W・バローズ 少佐[2] 1798年7月12日 1804年3月6日 海兵軍楽隊の創設者
第3代   フランクリン・ウォートン 中佐 1804年3月7日 1818年9月1日
職務代理   アーチボルド・ヘンダーソン 中佐 1818年9月16日 1819年3月2日
第4代 アンソニー・ゲール 中佐 1819年3月3日 1820年10月16日 総司令官在職中に懲戒免職になった唯一の総司令官
第5代   アーチボルド・ヘンダーソン 大佐 1820年10月17日 1859年1月6日 記録上、在任期間が最も長い総司令官
第6代   ジョン・ハリス 大佐 1859年1月7日 1864年3月12日
第7代   ジェイコブ・ゼイリン 准将 1864年6月10日 1876年10月31日
第8代   チャールズ・G・マッコーリー 大佐 1876年11月1日 1891年1月29日 現在のアメリカ海兵隊のモットー「常に忠誠を」を定めた総司令官
第9代   チャールズ・ヘイウッド 少将 1891年1月30日 1903年10月2日
第10代   ジョージ・F・エリオット 少将 1903年10月3日 1910年11月30日
第11代   ウィリアム・P・ビドル 少将 1911年2月3日 1914年2月24日
第12代   ジョージ・バーネット 少将 1914年2月25日 1920年6月30日
第13代   ジョン・A・レジューン 少将 1920年7月1日 1929年3月4日
第14代   ウェンデル・C・ネビル 少将 1929年3月5日 1930年7月8日 名誉勲章受章者
第15代   ベン・H・フラー 少将 1930年7月9日 1934年2月28日
第16代   ジョン・H・ラッセル・Jr 少将 1934年3月1日 1936年11月30日
第17代   トーマス・ホルコム 中将 1936年12月1日 1943年12月31日
第18代   アレクサンダー・A・ヴァンデグリフト 中将[3] 1944年1月1日 1947年12月31日 名誉勲章受章者
第19代   クリフトン・B・ケイツ 大将 1948年1月1日 1951年12月31日
第20代   ラミュエル・C・シェパード・Jr 大将 1952年1月1日 1955年12月31日
第21代   ランドルフ・M・ペイト 大将 1956年1月1日 1959年12月31日
第22代   デビット・M・シャウプ 大将 1960年1月1日 1963年12月31日 名誉勲章受章者
第23代   ウァレス・M・グリーン・Jr 大将 1964年1月1日 1967年12月31日
第24代   レナード・F・チャップマン 大将 1968年1月1日 1971年12月31日
第25代   ロバート・E・クッシュマン・Jr 大将 1972年1月1日 1975年6月30日
第26代   ルイス・H・ウィルソン・Jr 大将 1975年7月1日 1979年6月30日 名誉勲章受章者
第27代   ロバート・H・バロウ 大将 1979年7月1日 1983年6月30日
第28代   ポール・X・ケリー 大将 1983年7月1日 1987年6月30日
第29代   アルフレッド・M・グレイ 大将 1987年7月1日 1991年6月30日
第30代   カール・E・マンディ 大将 1991年7月1日 1995年6月30日
第31代   チャールズ・C・クルラク 大将 1995年7月1日 1999年6月30日
第32代   ジェームズ・L・ジョーンズ 大将 1999年7月1日 2003年1月12日
第33代   マイケル・W・ヘギー 大将 2003年1月13日 2006年11月13日
第34代   ジェームズ・T・コンウェイ 大将 2006年11月14日 2010年10月22日 2011年6月17日旭日大綬章受章
第35代   ジェームズ・F・エイモス 大将 2010年10月22日 2014年10月17日 創設以来、初の航空機搭乗員出身者[4]の総司令官
第36代   ジョセフ・ダンフォード・Jr 大将 2014年10月17日 2015年9月24日 第19代統合参謀本部議長
第37代   ロバート・B・ネラー 大将 2015年9月24日 在任中
  1. ^ 1776年6月25日、大陸会議の承認によって少佐に昇進した。
  2. ^ 1800年5月1日中佐に昇進した。
  3. ^ 1945年3月21日に連邦議会が承認した海兵隊総司令官は大将が務めることとする法令によって、1945年4月4日、大将に昇進した。
  4. ^ 歩兵至上主義の伝統があるアメリカ海兵隊では、航空機搭乗員は見下される傾向にある。

Timeline編集

Robert B.NellerJoseph F. Dunford, Jr.James F. AmosJames T. ConwayMichael HageeJames L. JonesCharles C. KrulakCarl Epting Mundy, Jr.Alfred M. Gray, Jr.Paul X. KelleyRobert H. BarrowLouis H. Wilson Jr.Robert E. Cushman, Jr.Leonard F. Chapman Jr.Wallace M. GreeneDavid M. ShoupRandolph M. PateLemuel C. Shepherd Jr.Clifton B. CatesAlexander VandegriftThomas HolcombJohn H. Russell, Jr.Ben Hebard FullerWendell Cushing NevilleJohn A. LejeuneGeorge BarnettWilliam P. BiddleGeorge F. ElliottCharles HeywoodCharles Grymes McCawleyJacob ZeilinJohn Harris (USMC)Anthony GaleArchibald HendersonFranklin WhartonWilliam Ward Burrows ISamuel Nicholas 

関連項目編集

外部リンク編集