メインメニューを開く

アンドリュー・ドミニクAndrew Dominik, 1967年10月7日 - )は、オーストラリア映画監督脚本家である。

アンドリュー・ドミニク
Andrew Dominik
Andrew Dominik
ジャッキー・コーガン』のオーストラリア・プレミアにて(2012年9月)。
生年月日 (1967-10-07) 1967年10月7日(51歳)
出生地  ニュージーランド ウェリントン
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画

目次

生い立ち編集

ニュージーランドのウェリントンで生まれ、2歳の時からはオーストリアに住む。1988年にメルボルンのスウィンバーン映画学校を卒業した。

キャリア編集

チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼(2000年)編集

2000年にオーストラリアの実在の犯罪者チョッパー・リード英語版を題材とした『チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼』で監督デビューする[1]。主演のエリック・バナの好演もあり、批評家には概ね高評価された[2]オーストラリア映画協会賞では監督賞、主演男優賞、助演男優賞を受賞した。

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007年)編集

監督2作目『ジェシー・ジェームズの暗殺』は、同名の小説を原作としており、ブラッド・ピットケイシー・アフレックが出演した[3]。カナダでの主要撮影は2005年に完了していたが、編集作業の大幅な遅れに伴い公開は2006年から2007年に延期された[4]。スタジオ側は「少ない黙想と多くのアクション」を望んだが、ドミニクとピットはよりゆっくりとした作風を望んだ。映画は数段階も編集され、最長版は4時間あった[5]。最終バージョン完成までにポストプロダクションに1年以上を要し、結局1時間以上がカットされた[6]アカデミー賞では撮影賞(ロジャー・ディーキンス)と助演男優賞(アフレック)にノミネートされた。

ジャッキー・コーガン(2012年)編集

ドミニクは再度ブラッド・ピットと組み、ジョージ・V・ヒギンズ英語版の小説を原作としたダークコメディ『ジャッキー・コーガン』を監督した[7]。撮影は2011年1月から5月まで行われた[8]第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、パルム・ドールを競った[9][10]。アメリカ合衆国ではワインスタイン・カンパニーが配給し、2012年11月公開が予定されている。

以前に着手していたプロジェクト編集

2003年にパラマウント映画はドミニクに接近し、アルフレッド・ベスターの1953年の小説『分解された男』の監督オファーをしたが、脚本側との意見の食い違いによりデヴェロップメント・ヘル英語版に陥った[11][12]

ドミニクはジム・トンプスンの小説『内なる殺人者』の監督・脚本候補に挙がっていたが、降板した[13]。同作は後にマイケル・ウィンターボトム監督が『キラー・インサイド・ミー』として映画化した。

企画中の作品編集

ドミニクの次回のプロジェクトの1つとして、ジョイス・キャロル・オーツ執筆による架空のマリリン・モンローの回想録『ブロンド -マリリン・モンローの生涯英語版』の映画化が浮上している。撮影開始は2011年1月を予定していたが、『ジャッキー・コーガン』のために保留された。モンローはナオミ・ワッツが演じる[14][15][16]

ドミニクは2006年のフランス映画『唇を閉ざせ』のアメリカリメイク版の脚本を執筆している。監督するかどうかは未定である[17]

2008年のインタビューでドミニクはジム・トンプスンの『ポップ1280英語版』とコーマック・マッカーシーの『平原の町英語版』の映画化に興味を持っているが、製作時間の確保が難しいと述べた[18][19]

フィルモグラフィー編集

映画編集

受賞歴編集

賞・映画祭 部門 結果 作品名
2000 AFI賞 監督賞 受賞 チョッパー・リード 史上最凶の殺人鬼
脚色賞 ノミネート
IF賞 インディペンデント映画作家賞 受賞
ストックホルム映画祭 銅馬賞 ノミネート
2001 エノスアイレス国際ンディペンデント映画祭 作品賞 ノミネート
オーストラリア映画批評家協会賞 監督賞 受賞
脚色賞 ノミネート
2007 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 ノミネート ジェシー・ジェームズの暗殺
2008 オーストラリア映画批評家協会賞 外国映画賞(英語) ノミネート
全米西部劇作家賞 西部劇ドラマ賞 受賞
2012 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ノミネート ジャッキー・コーガン

参考文献編集

  1. ^ McGregor, Lisa (2000年7月27日). “'Chopper' the film to be released next week”. The World Today. http://www.abc.net.au/worldtoday/stories/s156517.htm 
  2. ^ Chopper”. Rotten Tomatoes. 2012年4月23日閲覧。
  3. ^ http://www.indielondon.co.uk/Film-Review/the-assassination-of-jesse-james-by-the-coward-robert-ford-andrew-dominik-interview
  4. ^ Salisbury, Mark (2007年11月). “Andrew Dominik: interview”. Time Out London. http://www.timeout.com/film/features/show-feature/3798/andrew-dominik-interview.html 
  5. ^ http://www.charlierose.com/view/interview/8838
  6. ^ Whitington, Paul (2007年11月30日). “The Big Interview: Andrew Dominik, 'The Assassination of Jesse James'”. Irish Independent. http://www.independent.ie/entertainment/day-and-night/the-big-interview-andrew-dominik-the-assassination-of-jesse-james-1233098.html 
  7. ^ “Andrew Dominik and Casey Affleck Possibly Reteaming for COGAN’S TRADE”. Collider. (2010年11月2日). http://www.collider.com/2010/11/02/andrew-dominik-casey-affleck-cogans-trade/ 
  8. ^ “Brad Pitt’s ‘Cogan’s Trade’ is in the Can”. A&E Playground. (2011年5月29日). http://artsandentertainmentplayground.com/2011/05/05/brad-pitts-%E2%80%98cogan%E2%80%99s-trade%E2%80%99-is-in-the-can/ 
  9. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  10. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. timeout. 2012年4月19日閲覧。
  11. ^ Dominik Hits 'demolished' At Paramount
  12. ^ http://www.filmmakermagazine.com/webexclusives/2007/09/last-man-standing-by-nick-dawson.php
  13. ^ The Stax Report: Script Review of The Killer Inside Me
  14. ^ http://www.screendaily.com/news/production/naomi-watts-to-go-blonde-with-wild-bunch-andrew-dominik/5013711.article
  15. ^ “Naomi Watts to tackle Marilyn Monroe”. USA Today. (2010年5月21日). http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2010/05/naomi-watts-to-tackle-marilyn-monroe-/1 
  16. ^ “Naomi Watts Talks Andrew Dominik's Marilyn Monroe Biopic 'Blonde'”. indieWIRE. (2010年10月20日). http://blogs.indiewire.com/theplaylist/archives/andrew_dominiks_marilyn_monroe_quasi-biopic_blonde_still_happening_naomi_wa/ 
  17. ^ “Andrew Dominik Writing Tell No One Remake - Film Junk”. Film Junk. (2010年10月20日). http://www.filmjunk.com/2010/08/11/andrew-dominik-writing-tell-no-one-remake/ 
  18. ^ Dawson, Nick (2008年1月28日). “Filmmaker Magazine: Web Exclusives”. LAST MAN STANDING. http://www.filmmakermagazine.com/webexclusives/2007/09/last-man-standing-by-nick-dawson.php 
  19. ^ Levy, Emmanuel (2008年). “Interview - Assassination of Jesse James: Andrew Dominik”. http://www.emanuellevy.com/article.php?articleID=7539 

外部リンク編集