メインメニューを開く

アンドレア・ナーレス

ドイツの政治家

アンドレア・ナーレスドイツ語: Andrea Maria Nahles1970年6月20日 - )は、ドイツ政治家。2018年4月から2019年6月までドイツ社会民主党 (SPD)の党首を務めた。このほか、SPDの副党首、幹事長、連邦議会議員団長や労働・社会大臣を歴任。

アンドレア・ナーレス
Andrea Maria Nahles
2017-05-09 Andrea Nahles (re-publica 17) by Sandro Halank–17.jpg
生年月日 (1970-06-20) 1970年6月20日(49歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ メンディヒ
出身校 ボン大学
所属政党 ドイツ社会民主党
公式サイト https://www.andrea-nahles.de/

在任期間 2018年4月22日 -

ドイツの旗 労働・社会大臣
内閣 第3次メルケル内閣
在任期間 2013年12月17日 - 2017年9月27日
テンプレートを表示

経歴編集

生い立ち編集

1970年にメンディヒで生まれる。ラインラント=プファルツ州の農村部のアイフェル地方で育ち1989年に高校を卒業[1]ボン大学政治哲学、ドイツの語学・文学を学び修士号を取得した。

政治家として編集

1988年にドイツ社会民主党(SPD)に入党する。その後1993年から、党のラインラント=プファルツ州の青年部代表、1995年からは全国組織での青年部代表を務めた。1997年にはSPDの党執行部のメンバーとなる。1998年に連邦議会の議員に当選。

2009年11月にドレスデンで開催された党大会でSPDの幹事長に選出される[2]

2013年には第3次メルケル内閣で労働・社会大臣に就任し、初入閣。

社会民主党党首編集

2018年4月22日、党大会で社会民主党の初の女性党首に選出される[3]。155年ものSPDの歴史で唯一の女性党首となり、ドイツにおける2大政党の党首がともに女性となった(もう一方はCDUメルケル)。しかし2019年5月の欧州議会議員選挙でSPDは大敗し、その直後SPDの牙城であるブレーメン州議会選挙でも第1党の座を73年ぶりに失うなど党の退潮を止められず、6月3日に党首を辞任する意向を表明した[4][5]

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代:
ウルズラ・フォン・デア・ライエン
 労働・社会大臣
2013年 - 2017年
次代:
カタリナ・バーリー
党職
先代:
マルティン・シュルツ
ドイツ社会民主党党首
2018年 - 2019年
次代:
マル・ドライヤー
マヌエラ・シュヴェーズィヒ
トルステン・シェーファー=ギュンベル
(共同代表代行)