メインメニューを開く

イオンモール鶴見緑地(イオンモールつるみりょくち、ÆON MALL TSURUMIRYOKUCHI)は、大阪府大阪市鶴見区にあるショッピングセンター

イオンモール鶴見緑地
ÆON MALL TSURUMIRYOKUCHI
AEON MALL Tsurumi Ryokuchi.JPG
店舗概要
所在地 538-0053[2]
大阪市鶴見区鶴見4丁目17番1号[2]
座標 北緯34度42分15.1秒東経135度34分0.9秒
開業日 2006年(平成18年)11月25日[3][4][5]
正式名称 イオンモール鶴見緑地店[1]
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[2][7]
日本リテールファンド投資法人[8]
施設管理者 ダイヤモンドシティ[5]

イオンモール株式会社
敷地面積 約57,000[5]
延床面積 約150,000[5]
商業施設面積 約54,500[3]
中核店舗 ジャスコ鶴見店[2]

イオン鶴見緑地店
店舗数 約160[5]
営業時間 10:00-22:00
駐車台数 約2,170台[5]
前身 椿本チエイン本社工場[5]

ダイヤモンドシティ・リーファ[5]

イオンモール鶴見リーファ[6]
商圏人口 約1,000,000人(5km圏内)
最寄駅 長堀鶴見緑地線今福鶴見駅[5]
外部リンク イオンモール鶴見緑地
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示
西南方向より
ダイヤモンドシティリーファ時代の外観

目次

概要

施設概要

大阪市内初のモール型ショッピングセンターとなった「ダイヤモンドシティリーファ」として、2006年(平成18年)11月25日に開業した[5]。 (21日にプレオープン[5]

開業時点では、「ジャスコ鶴見店[2](現・イオン鶴見緑地店)」を核店舗[5]トイザらスを準核店舗として約160の専門店が出店していた[5]。 20代後半から30代にかけての家族連れを中心顧客と想定した店舗構成で、約650席のフードコートを設置していた[5]

名称の変遷

ダイヤモンドシティ鶴見ショッピングセンター」として着工したが[9]、「ダイヤモンドシティリーファ」として開業した[5]

この「ダイヤモンドシティリーファ」は、Life style(新しいライフスタイルの提案)、Earth environment(地球環境に優しい)、Amusement(地域でNo.1のアミューズメント)、Feel relax(自然を感じて癒される)、Area(地域人々が集まるコミュニティーエリア)の頭文字鶴見緑地を彩る一枚の葉(a leaf)を掛け合わせた造語のリーファ(Leafa)に、運営企業のダイヤモンドシティの名称を合わせたものであった[5]

その後、当施設は2007年(平成19年)8月21日にイオンモールがダイヤモンドシティと合併したことに伴って運営母体がイオンモールとなり[10]イオンモール鶴見リーファと改称された[6]

2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一に伴い[11]、現名称に再改称した。

なお、核店舗の「ジャスコ鶴見店」は[2]2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[12]ことに伴って「イオン鶴見緑地店」に改称した。

開業までの経緯

当地は椿本チエインの本社工場の跡地で[5]、2004年(平成16年)6月に「ダイヤモンドシティ」が都市基盤整備公団(現・都市再生機構)から落札して用地を取得している[13]

「ダイヤモンドシティ鶴見ショッピングセンター」として2005年(平成17年)12月1日に着工した[9]

開業時期は、用地取得直後の段階では2006年(平成18年)12月とされていた[14]ものを着工時点では2006年(平成18年)10月1日に前倒したが[15]、実際の開業は2006年(平成18年)11月25日[5]と用地取得直後の目標時期とほぼ同じとなった。

なお、当施設の建設は「ダイヤモンドシティ」や「日本リテールファンド投資法人」が匿名組合を通じて出資して設立した「有限会社コンパニア・フロール」が施工主となって行っている[16]

竣工後に「日本リテールファンド投資法人」が当施設の信託受益権を約300億円で取得し、信託受託者となった「三菱UFJ信託銀行」と「ダイヤモンドシティ」が15年間の普通借家賃貸借契約を締結して運営をすることになった[16]

主要テナント

開業時点では、「ジャスコ鶴見店[2](現・イオン鶴見緑地店)」を核店舗[5]、「トイザらス」を準核店舗として約160の専門店が出店していた[5]

準核店舗の「トイザらス」を4階に配置したほか[17]、約650席のフードコートを設けるなど20代後半から30代にかけての家族連れを中心顧客と想定した店舗構成としている[5]

専門店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を、営業時間およびATMを設置する金融機関の詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

営業時間

  • 専門店: 10:00 - 22:00
  • レストラン: 10:00 - 23:00
  • アミューズメント: 10:00 - 23:00
  • イオン鶴見緑地店: 9:00 - 23:00
医療施設、アミューズメント施設など例外あり。

周辺施設等

交通アクセス

最寄り駅は長堀鶴見緑地線今福鶴見駅であり[5]鶴見緑地駅ではない(鶴見緑地駅には『イオンモール鶴見緑地店の最寄駅ではございません』と書かれた貼り紙がある)。

最寄り停留所は、鶴見で、大阪市交通局近鉄バスにより運行されている。

詳細は公式サイト「交通のアクセス」を参照。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】”. 経済産業省. 2012年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  3. ^ a b “全国小売流通特集:近畿エリア=多様化する消費者ニーズ対応へ新業態開発進める”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2007年7月24日)
  4. ^ “大阪市内初のモール型リージョナルショッピングセンター 「DIAMOND CITY Leafa」 (ダイヤモンドシティ・リーファ) 2006年11月25日(土)オープン 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年11月27日)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v “鶴見区にダイヤモンドシティ・リーファがオープン”. 大阪商工会議所中小企業振興部ニューズレター 192号(大阪商工会議所中小企業振興部). (2006年12月15日)
  6. ^ a b 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  7. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年6月末】”. 経済産業省. 2012年8月10日閲覧。
  8. ^ 不動産ポートフォリオ. “イオンモール鶴見緑地”. ポートフォリオマップ. 日本リテールファンド投資法人. 2012年12月18日閲覧。
  9. ^ a b “ダイヤモンドシティ鶴見SC 12月1日(木)着工 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年12月12日)
  10. ^ “イオン、大型SCで中国進出に本腰 開発会社合併効果を発揮”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年8月22日)
  11. ^ “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)
  12. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  13. ^ “ダイヤモンドシティが大阪市鶴見区に出店計画 都市公団用地を取得 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年3月4日)
  14. ^ “ダイヤモンドシティが大阪市鶴見区都市公団用地に来年十二月オープン予定 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年4月21日)
  15. ^ “ダイヤモンドシティ鶴見SC 来秋10月1日オープンめざす 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年11月28日)
  16. ^ a b 『ダイヤモンドシティ・リーファの賃貸借に関するお知らせ』 ダイヤモンドシティ、2006年8月9日 。
  17. ^ “ダイヤモンドシティ・リーファ4Fに 『トイザらス大阪鶴見店』 11月25日(金)オープン 大阪市鶴見区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年12月14日)

関連項目

外部リンク