株式会社椿本チエイン(つばきもとチエイン、英称:Tsubakimoto Chain Co.)は、大阪府大阪市北区中之島に本社を置く日本の企業である。

株式会社椿本チエイン
Tsubakimoto Chain Co.
Nakanoshima-Mitsui-Building in 201407 002.JPG
種類 株式会社
市場情報
略称 TSUBAKI
本社所在地 日本の旗 日本
530-0005
大阪府大阪市北区中之島3-3-3
中之島三井ビルディング
設立 1941年(昭和16年)1月31日
業種 機械
法人番号 2120001002188 ウィキデータを編集
事業内容 チェーン事業、モーションコントロール事業、モビリティ事業、マテハン事業
代表者 代表取締役会長CEO 大原靖
代表取締役社長COO 古世憲二
資本金 170億7,600万円
(2022年3月31日現在)
発行済株式総数 38,281,393株
(2022年3月期)
売上高 連結:2,158億7,900万円
(2022年3月期)
営業利益 連結:178億4,200万円
(2022年3月期)
純利益 連結:145億4,300万円
(2022年3月期)
純資産 連結:2,097億5,700万円
(2022年3月31日現在)
総資産 連結:3,326億2,000万円
(2022年3月31日現在)
従業員数 連結:8,535名
単体:2,902名
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要子会社 グループ会社参照
関係する人物 椿本説三(創業者)
外部リンク https://www.tsubakimoto.jp/
テンプレートを表示

概要編集

チェーン、モーションコントロールモビリティマテハンの4事業を手掛ける1917年創業の老舗企業。社名に「チエイン」があることから、チェーンメーカーと想像されるが、部品からシステムまで幅広く事業展開している。椿本は創業者の名字を反映したもの。

産業用チェーンでは世界シェア1位を誇り、動力伝動用、搬送用など多種多様に幅広い用途で使われるチェーンを製造。「動力ある所“つばき”(業界における同社の通称)あり」と言われている。

モーションコントロールの分野では、産業機械の複雑な動きをコントロールする、減速機、直線作動機、カムクラッチ、制御機器などを製造販売している。

自動車エンジン用タイミングチェーンシステムでも世界シェア1位で、トヨタ自動車日産自動車スズキなど国内メーカーは勿論、北米や欧州、アジアなど世界中の自動車メーカーに部品を供給。国産車の約70%に椿本製のタイミングチェーンシステムが搭載されている。最近では、電気自動車や次世代エコカー向けの部品も開発・販売している。

マテハン事業では、物流業界向けの自動仕分けシステムや自動車工場向け搬送システムなどの自動化システムを製造。コロナ禍、ライフサイエンス分野の技術を活用して、PCR検査自動化装置を開発した。

京都府京田辺市および埼玉県飯能市京都府長岡京市兵庫県加西市岡山県津山市に工場がある。 グループ全体で、世界26の国と地域に、79 カ所に及ぶ製造販売拠点を持っている。

沿革編集

  • 1917年(大正6年)12月 - 大阪市大淀区(現・北区)で創業。創業初期は自転車用チェーン製造。
  • 1928年 (昭和3年)8月 - 自転車用チェーンの製造をやめ、機械用チェーンの製造に専念。
  • 1940年 (昭和15年)5月 - 大阪市鶴見区に本社工場を建設。
  • 1941年(昭和16年)1月 - 「株式会社椿本チヱィン製作所」として会社設立。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場。
  • 1953年(昭和28年)9月 - ローラーチェーンJIS認定を受ける。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 自動車用タイミングチェーンの量産を開始。
  • 1965年(昭和40年)10月 - ボルグ・ワーナー社(米国)と合弁会社椿本モールス(株)を設立。
  • 1970年(昭和45年)1月 - 「株式会社椿本チヱィン製作所」から現社名に変更。
  • 1970年(昭和45年)1月 - 京都工場竣工。
  • 1971年(昭和46年)2月 - アメリカにTsubakimoto USA, Inc.(現・ U.S.Tsubaki Holdings,Inc.)社設立。
  • 1982年(昭和57年)8月 - 兵庫工場竣工。
  • 1986年(昭和61年)9月 - 米・ユニオンチェーンを買収。北米での現地生産を開始。
  • 1990年(平成2年)4月 - 本社工場近隣で開催の国際花と緑の博覧会にゴールデンベル・パビリオンを出展。
  • 2001年(平成13年)6月 - 京田辺工場竣工。チェーン工場(大阪市鶴見区)を全面移転。
  • 2002年(平成14年)4月 - 椿本チエイン精機事業ユニットと椿本エマソンを合併し、ツバキエマソンを設立。精機事業を移管。
  • 2004年(平成16年)
    • 8月 - 中国に「椿本鏈条貿易(上海)有限公司」を設立。
    • 12月 - 国内全事業所がISO 14001認証を取得。
  • 2006年(平成18年)4月 - 山久チヱイン株式会社(現・ツバキ山久チエイン株式会社)を連結子会社化。
  • 2008年(平成20年)6月 - チェーン噛合い式直線作動機構を開発。「ジップチェーンリフタ」を販売開始。
  • 2010年(平成22年)2月 - 独・Kabelschlepp GmbHを買収、連結子会社化。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - 中国に産業用チェーンの製造会社「椿本鏈条(天津)有限公司」を設立。
    • 9月 - 米・メイフラン・ホールディングスグループの事業を取得、連結子会社化。
  • 2013年(平成25年)10月 - ツバキエマソンを100%子会社化、ツバキE&M(現・椿本チエイン モーションコントロール事業部)に社名変更。
  • 2017年(平成29年)4月 - 創業100周年。
  • 2018年(平成30年) 6月 - 「Central Conveyor Company, LLC」(アメリカ)を買収、連結子会社化。
  • 2021年(令和3年)4月 - 精機事業をモーションコントロール事業に、自動車部品事業をモビリティ事業に改称

事業拠点編集

国内拠点編集

海外拠点編集

米国 - 16社、欧州 - 19社、アジアオセアニア - 44社。
アジアオセアニア欧州北米南米の各地域の主要国に、世界26の国と地域に、79 カ所に製造販売拠点。

支社・営業所編集

支社編集

 
名古屋支社

営業所・出張所編集

サービスセンター編集

(マテハン事業部の納入設備の保守拠点であり、他の事業部門の製品は取り扱わない。)

グループ会社編集

  • 株式会社椿本カスタムチエン
  • 株式会社椿本スプロケット
  • 株式会社椿本鋳工
  • 株式会社椿本バルクシステム
  • 株式会社椿本マシナリー
  • 椿本メイフラン株式会社
  • 株式会社ツバキサポートセンター
  • ツバキ山久チエイン株式会社
  • 新興製機株式会社

関連項目編集

外部リンク編集