イクメン議員連盟(イクメンぎいんれんめい)は「イクメン」を増やしていくことを目的として、2012年6月13日に発足した日本超党派議員連盟[1]。現在は自由民主党公明党立憲民主党議員が所属している。設立趣意書では、「男性の育児休業取得率の上昇をはじめ、父親の育児参加の促進や、母親との育児分担を進めるための諸活動に積極的に取組み、少子化傾向を改善し、長期的な視点で日本再建につなげていく」としている。

役員 編集

顧問 編集

顧問はいずれも厚生労働大臣経験者。

元メンバー 編集

脚注 編集

  1. ^ 『国会議員もイクメン推進 若手中心、超党派で議連設立』、朝日新聞、2012年6月13日
  2. ^ 日本維新の会公認を得ることを目的としたものである。

関連項目 編集