メインメニューを開く

ウィズエアー(Wizz Air)は、ハンガリー航空会社2003年に設立、翌2004年より運航を開始した格安航空会社である。ハンガリーのフラッグ・キャリアだったマレーヴ・ハンガリー航空2012年破産して以来、同国で最大規模の航空会社となっている。

ウィズエアー
Wizz Air logo 2015.svg
IATA
W6
ICAO
WZZ
コールサイン
WIZZAIR
設立 2003年
ハブ空港 カトヴィツェ空港
ポズナン・ワヴィツァ空港
ブダペスト・フェレンツ・リスト空港
ワルシャワ・フレデリック・ショパン空港
ソフィア空港
グダニスク・レフ・ワレサ空港
クルージュ=ナポカ空港
子会社 ウィズエアー UK
保有機材数 108機(270機発注中)
就航地 66都市
本拠地 ハンガリー
代表者 József Váradi
外部リンク http://www.wizzair.com
テンプレートを表示
ロンドン·ルートン空港から離陸するウィズエアーのエアバス A320-200
ウィズエアーのエアバス A320-200

概要編集

最初のフライトは、ポーランドハンガリー欧州連合に加盟した19日後の2004年5月19日にカトヴィッツェから運行された。

就航開始から3カ月半の間に25万人、就航開始から1年で140万人、現在までに1,000万人の乗客に利用されている。

2007年においては、ポーランドの就航ルートにおいて、290万人に利用された。

現在のCEO兼会長は前マレーヴ・ハンガリー航空のCEOであった、József Váradiである。

本社をハンガリーに置き、オペレーティング支社をポーランド、ブルガリアに置く。

2005年9月にはウィズエアー・ブルガリアを設立。

ウィズエアーの最高経営責任者であるJózsef Váradiは2007年度アーンスト・アンド・ヤング"Brave Innovator"を受賞した。

2008年にはウクライナにおいて初の格安航空会社として就航を開始した。

2012年にハンガリーのフラッグキャリアだったマレーヴ・ハンガリー航空が倒産したため、それ以後、2019年の現在に至るまで、ハンガリーにおける最大の航空会社となった。

就航地編集

保有機材編集

2019年8月現在、ウィズエアーの機材は以下の航空機で構成される

ウィズエアー 運航機材一覧[1]
機種 保有機数 発注機数 座席数 備考
エアバスA320-200 68 180
エアバスA320neo 72 186 2022年から2026年にかけて受領予定
エアバスA321-200 34 230
エアバスA321neo 6 178 239 2026年までに全機受領予定
エアバスA321XLR 20 239 2023年から2026年にかけて受領予定
合計 108 270

脚注編集

外部リンク編集