ウルジバヤル・ドゥレンバヤル

モンゴルの柔道家

ウルジバヤル・ドゥレンバヤル(Ulziibayar Duurenbayar 1994年1月31日- )はモンゴル柔道選手。階級は100kg超級[1]

獲得メダル
モンゴルの旗 モンゴル
柔道
世界柔道選手権
2018 バクー 100㎏超級
アジア大会
2014 仁川 100kg超級
2018 ジャカルタ 100kg超級
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 100kg超級
2013 リュブリャナ 100kg超級

人物編集

2010年と2012年のアジアジュニア100kg超級で優勝した[1]。2013年にはアジアジュニアで3度目の優勝を飾るが、世界ジュニアでは2位だった[1]。2014年のアジア大会では決勝で王子谷剛志に有効で破れるも、世界ジュニアでは優勝した[1]グランプリ・青島では決勝で原沢久喜内股で敗れた[1]。2016年のリオデジャネイロオリンピックには国内により活躍していたベテランのナイダン・ツブシンバヤルがいたために出場できなかったが、世界軍人選手権大会では優勝した[1]。2017年にはグランドスラム・パリアジア選手権で3位になった[1]。2018年のグランプリ・フフホトでは決勝でナイダンに敗れた[1]アジア大会では決勝で韓国の金成民に技ありで敗れて2位だった[2]世界選手権ではモンゴル大統領のハルトマーギーン・バトトルガが観戦するなか、準々決勝でリオデジャネイロオリンピック銀メダリストの原沢久喜背負投で破るも、準決勝でジョージアのグラム・ツシシビリに敗れるが、3位決定戦でリオデジャネイロオリンピック100㎏級金メダリストであるチェコのルカシュ・クルパレクを技ありで破って3位になった[1][3]

IJF世界ランキングは758ポイント獲得で25位(19/3/25現在)[4]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集