メインメニューを開く

金 成民(キム・ソンミン、: 김성민: Kim Sung Min1987年6月27日 - )は、韓国出身の柔道選手。階級は100kg超級[1]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
世界柔道選手権
2011 パリ 100kg超級

人物編集

2009年の世界選手権では3回戦で敗れた。2010年の世界選手権では100kg超級と無差別に出場するが、ともに初戦で敗れた[1]。2011年にパリで開催された世界選手権では、準決勝でフランスのテディ・リネール大外刈で一本負けするが3位となった[2]。続いてロシアで開催された無差別の世界選手権では5位に終わった[3]

2012年のロンドンオリンピックでは準決勝でリネールと対戦し指導3で敗れると、3位決定戦でも敗れて5位に終わりメダル獲得はならなかった[1]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは3回戦でオランダのロイ・メイヤーの前に敗れた[1]。2018年のアジア大会では準決勝で王子谷剛志にオーバーリアクションを取り反則勝ちするなどして優勝した[4]。2019年の*2019年 - グランドスラム・パリでは決勝で原沢久喜を破って優勝した[1]

IJF世界ランキングは758ポイント獲得で8位(2019/4/15現在)[5]

主な戦績編集

(階級表記のない大会は全て100kg超級での成績)

(出典[1]JudoInside.com

脚注編集

外部リンク編集