メインメニューを開く

ウルルの森の物語』(ウルルのもりのものがたり)とは、2009年12月19日公開の日本映画

ウルルの森の物語
監督 長沼誠
脚本 吉田智子
森山あけみ
製作総指揮 宮崎洋
島谷能成
音楽 久石譲
撮影 藤石修
編集 三條知生
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年12月19日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5.6億円[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

東京の母が病気で入院し、夏休みの間だけ、野生動物を研究している父の住む北海道に引っ越してきた兄妹。その兄弟が偶然森で出会った仔犬のウルルと過ごし、親子ともに成長してゆく姿を描く。しかし、ウルルの世話をするうちにウルルが絶滅したと考えられているエゾオオカミであるという可能性が出てくる。ウルルが貴重なサンプルとして専門機関に連れて行かれそうになる中、兄弟はウルルを母の元へ返すために旅に出る。

キャスト編集

主題歌編集

麻衣「ウルルの唄」2009年(平成21年)12月16日発売

作曲・編曲:久石譲/作詞・唄:麻衣ビクターエンタテインメント

製作編集

2007年の映画マリと子犬の物語』のスタッフ・キャストが再結集して製作された。

脚注編集

  1. ^ 「2010年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2011年平成23年)2月下旬号、キネマ旬報社、2011年、 190頁。

関連項目編集

ウルフドッグ - ウルル役(撮影時は生後40日の子犬)

外部リンク編集