メインメニューを開く

エクイジュブスEquijubus 「ウマのたてがみ」の意味、発見地にちなむ)は白亜紀前期(アプト期)に中国北西部に生息したハドロサウルス上科の恐竜の属である。

エクイジュブス
生息年代: 125 Ma
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidae
: エクイジュブス属
Equijubus
学名
Equijubus
You et al.2003

目次

発見と命名編集

タイプ標本である唯一の標本は2000年夏に中国-アメリカ共同調査隊により甘粛省馬鬃山で発見された[1]。2002年に尤海鲁によりEquijubus normaniとして学位論文の中で命名、記載された。属名はラテン語で「ウマ」を意味するequusと「たてがみ」を意味するjubaから派生している。種小名は"normani"はイギリスの古生物学者デイヴィッド・ノーマンen)に献名されている[2]。しかしこのような学位論文での命名は有効な命名とならない。

タイプ種Equijubus normaniは2003年に尤海鲁らによる論文で正式に命名された[1]

化石編集

ホロタイプ標本 IVPP V12534は完全な頭骨と関節状態の下顎、部分的な体の骨により構成されている。体の化石には9個の頸椎、16個の胴椎、6つの仙椎が含まれている。化石は中国、甘粛省、馬鬃山、新民堡層群en)の 河湖両成堆積物から発見された[1]

記載編集

エクイジュブスは比較的大きな真鳥脚類である。グレゴリー・ポールen)は2010年に体長7 m、体重2.5 tと推定している[3]眼瞼骨en)がなく、 たいていの近縁種のように目が上部のリムに覆われてはいない。

系統編集

エクイジュブスはハドロサウルス上科ではないイグアノドンティアだと判明する可能性もあるが、基盤的なハドロサウルス上科として記載されている。発見者らはエクイジュブスが最古のハドロサウルス上科の種だと考え、ハドロサウルス上科の起源はアジアであると示唆している [1]

参照編集

  1. ^ a b c d You, Luo, Shubin, Witmer, Tang and Tang (2003). "The earliest-known duck-billed dinosaur from deposits of late Early Cretacous age in northwest China and hadrosaurid evolution." Cretaceous Research, 24: 347-353.
  2. ^ You Hailu, 2002, Mazongshan dinosaur assemblage from late Early Cretaceous of northwest China. Dissertation University of Pennsylvania 164 pp
  3. ^ Paul, G.S., 2010, The Princeton Field Guide to Dinosaurs, Princeton University Press p. 292

外部リンク編集