メインメニューを開く
エクロジャイト(榴輝岩)

エクロジャイト(eclogite)は、高温高圧下でできた変成岩(広域変成岩)。赤色の柘榴石鉄礬柘榴石苦礬柘榴石)と緑色の輝石オンファス輝石)を主成分とするため、榴輝岩(りゅうきがん)ともいう。かんらん岩に伴って産する。

目次

概要編集

化学組成玄武岩とほぼ同一であり、玄武岩質の海底プレートが沈み込み、高圧により変成して生成したものといわれる。また地殻深部でも生成するといわれるが、比較的低圧で生成したものは鉄礬柘榴石Fe3Al2(SiO4)3成分に富み、より深部の高圧で生成したものは苦礬柘榴石Mg3Al2(SiO4)3成分に富むとされる[1]

上部マントルは、予測される化学組成、密度(3,380 kg・m−3)および地震波の伝播速度(P波 : 8,110 m・s−1S波 : 4,490 m・s−1[2]などのデータから、これらの条件を満たす岩石は限定され、かんらん岩(3,297 kg・m−3、P波 : 8,185 m・s−1、S波 : 4,681 m・s−1)およびエクロジャイト(3,445 kg・m−3、P波 : 8,127 m・s−1、S波 : 4,583 m・s−1[3]などからできていると予測されている[4]

産出編集

比較的産出は稀であり、主な産地はノルウェーなどで、日本では愛媛県東赤石山付近で少量産出する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 堀秀道『楽しい鉱物図鑑2』草思社、1997年。
  2. ^ T.レイ・T.C.ウォレス『地震学 上巻』柳谷俊訳、古今書院、2002年。
  3. ^ 国立天文台『理科年表』丸善、2004年。
  4. ^ B.メイスン『一般地球化学』松井義人・一国雅巳訳、岩波書店、1970年。

参考文献編集

  • 黒田吉益諏訪兼位『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』共立出版、1983年。ISBN 4-320-04578-5
  • 益富壽之助『原色岩石図鑑 全改訂新版』保育社、1987年。ISBN 4-586-30013-2
  • 豊遙秋青木正博『検索入門 鉱物・岩石』保育社、1996年。ISBN 4-586-31040-5

関連項目編集

外部リンク編集