メインメニューを開く

エリック・キャンベル (野球)

アメリカ合衆国のプロ野球選手

エリック・シングルトン・キャンベルEric Singleton Campbell, 1987年4月9日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州ノーウィッチ出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投右打。

エリック・キャンベル
Eric Campbell
マイアミ・マーリンズ(マイナー)
Ericcampbell.jpg
メッツ時代(2016年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ノーウィッチ
生年月日 (1987-04-09) 1987年4月9日(31歳)
身長
体重
191 cm
101 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 2008年 ドラフト8巡目(全体254位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 MLB / 2014年5月10日
NPB / 2017年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

14世紀スコットランド国王ロバート1世の遠い血縁に当たるとする説があるが[1]、キャンベル自身は否定している[2]

目次

経歴編集

メッツ時代編集

2008年のMLBドラフト8巡目(全体254位)でニューヨーク・メッツから指名され、プロ入り。この年は傘下のA-級ブルックリン・サイクロンズで66試合に出場し、打率.260・4本塁打・28打点・1盗塁だった。

2009年には、A級サバンナ・サンドナッツ英語版で、公式戦95試合に出場。打率.248、5本塁打、47打点、6盗塁を記録した。9月2日にA+級セントルーシー・メッツへ昇格すると、公式戦7試合に出場した。

2010年には、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツ、A+級セントルーシー、AA級ビンガムトン・メッツでプレー。AA級ビンガムトンでは、公式戦50試合の出場で、打率.279、6本塁打、30打点、1盗塁という成績を残した。

2011年には、AA級ビンガムトンで公式戦126試合に出場。打率.247、4本塁打、46打点、6盗塁を記録した。

2012年には、AA級ビンガムトンで公式戦115試合に出場。打率.297、9本塁打、50打点、10盗塁という成績でシーズンを終えた。

2013年には、AAA級ラスベガス・フィフティワンズで公式戦120試合に出場。打率.314、8本塁打、66打点、12盗塁を記録した。

2014年には、AAA級ラスベガスで、開幕から33試合に出場。打率.355、3本塁打、24打点、3盗塁という成績を残した。5月10日には、メッツとのメジャー契約締結[3]を経て、対フィラデルフィア・フィリーズ戦でMLB公式戦にデビュー。6回裏に代打として出場すると、犠牲フライでMLB公式戦初打点を記録した[4]。MLB公式戦全体では、85試合の出場で、打率.263、3本塁打、16打点、3盗塁を記録。内外野をこなせるユーティリティプレイヤーとして、左翼手20試合で無失策DRS0、三塁手19試合で1失策・守備率.971・DRS0、一塁手18試合で1失策・守備率.992・DRS + 1、右翼手3試合で無失策・DRS + 1という成績を残した。

2015年には、メッツ屈指の人気選手であるデビッド・ライトが故障で戦線を離脱したことを背景に、三塁手としてMLB公式戦へ起用される機会が増加。公式戦71試合に出場すると、前年と同じ3本の本塁打を放つ一方で、打点や盗塁で自己記録を更新した。また、打率.197ながら出塁率.312を記録するなど、選球眼の高さを発揮。守備面では、48試合で三塁を守ったものの、8失策、守備率.921、DRS - 3と振るわなかった。その一方で、AAA級の公式戦では、33試合の出場ながら.363という高打率を残している[5]

2016年には、MLB公式戦40試合に出場したが、打率.173、1本塁打、9打点と低迷。その一方で、83試合に出場したAAA級の公式戦では、打率.301、7本塁打を記録した[5]。11月1日に40人枠から外れ、AAA級ラスベガスに降格し、11月7日にFAとなった[6]

阪神時代編集

 
阪神時代(2017年)

2016年12月2日に、NPB阪神タイガースと1年契約を結んだことが球団から発表された[7]三塁手としての起用を想定した契約[8]で、背番号は29[9]

2017年には、スローペースで調整していた春季キャンプ終盤の紅白戦で打席に立った際に、空振りで左手首を負傷[10]。後の診察で腱鞘炎の発症が判明したことを受けて、オープン戦の期間中から患部のリハビリを優先していた[11]。公式戦開幕後の4月12日からウエスタン・リーグ公式戦8試合に出場すると、本塁打こそ出なかったものの、一塁手左翼手にも起用されながら打率.261をマーク。4月25日[12]の対横浜DeNAベイスターズ戦(阪神甲子園球場)8回裏に、代打で一軍デビューを果たした。2日後(27日)の同カードに「5番・一塁手」として初めてスタメンに起用されると、3回裏の第2打席で一軍初安打、7回裏の第4打席に放った適時打で一軍初打点を記録している[13]。その後はチーム事情で出場の機会がほぼ代打に限られたため、自身の希望で昼に阪神鳴尾浜球場でのウエスタン・リーグ公式戦へ出場してから、夜に甲子園で一軍の公式戦へ臨むこともあった[14]。しかし、5月25日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(甲子園)に「6番・三塁手」としてスタメンに起用されると、一軍公式戦での初本塁打と適時二塁打で3打点を挙げてチームを勝利に導いた[15]。だが以降は25打席連続無安打を喫するなど打撃が振るわず、6月7日に出場選手登録を抹消[16]。さらに、この事態を重く見た球団がジェイソン・ロジャース内野手を獲得した7月以降は、一軍に復帰できなかった。後にロジャースも二軍へ降格したため、9月28日にウエスタン・リーグの最終戦(甲子園での対広島東洋カープ戦)へロジャースと共にスタメンで出場すると、一軍のレギュラーシーズン終了を待たずにアメリカへ帰国した[17]

11月30日日本野球機構に提出する保留者名簿が期限を迎え、ルイス・メンドーサジェイソン・ロジャースロマン・メンデス、キャンベルの4選手が退団になった。12月2日、自由契約公示された[18]

マーリンズ傘下時代編集

2018年、マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。招待選手としてメジャーキャンプに参加する。

選手としての特徴編集

AAA級では、2013年から4シーズン続けて3割台の打率を記録[5]。守備面では、アメリカ球界時代に、捕手中堅手以外のポジションで公式戦に出場した経験を2014年から2016年までのMLB公式戦には、三塁手として通算74試合、一塁手として44試合、左翼手として26試合、右翼手として3試合、二塁手・遊撃手として2試合ずつ起用。さらに、シーズンを通じてラスベガスに所属していた2013年には、投手としてAAA級の公式戦1試合に登板している[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 NYM 85 211 190 16 50 9 0 3 68 16 3 0 0 3 17 0 1 55 5 .263 .322 .358 .680
2015 71 206 173 28 34 8 0 3 51 19 5 3 1 2 26 1 4 37 11 .197 .312 .295 .607
2016 40 88 75 9 13 1 0 1 17 9 1 0 0 1 10 1 2 24 2 .173 .284 .227 .511
2017 阪神 21 54 47 5 9 2 0 1 14 5 0 0 0 0 7 0 0 17 2 .191 .296 .298 .594
MLB:3年 196 505 438 53 97 18 0 7 136 44 9 3 1 6 53 2 7 116 18 .221 .312 .311 .622
NPB:1年 21 54 47 5 9 2 0 1 14 5 0 0 0 0 7 0 0 17 2 .191 .296 .298 .594
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績編集

内野守備


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2014 NYM 18 125 5 1 15 .992 1 3 3 0 2 1.000 19 5 28 1 3 .971 2 1 1 0 0 1.000
2015 5 30 3 0 4 1.000 - 48 28 65 8 5 .921 -
2016 21 114 12 1 11 .992 1 1 0 0 0 1.000 7 2 6 0 0 1.000 -
2017 阪神 5 34 2 1 4 .973 - 7 3 7 2 1 .833 -
MLB 44 269 20 2 30 .993 2 4 3 0 2 1.000 74 35 99 9 8 .937 2 1 1 0 0 1.000
NPB 5 34 2 1 4 .973 - 7 3 7 2 1 .833 -
外野守備


左翼 右翼
























2014 NYM 20 18 2 0 1 1.000 3 6 0 0 0 1.000
2015 4 8 1 0 0 1.000 -
2016 2 2 0 0 0 1.000 -
MLB 26 28 3 0 1 1.000 3 6 0 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 29(2014年 - 2017年)

登場曲編集

脚注編集

  1. ^ 「ニューヨーク・メッツ」『2016MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 79頁
  2. ^ キャンベル、国王の末えいではなかった 「そういう話は聞いたことがない」 2017年1月28日 デイリースポーツ
  3. ^ Anthony DiComo (2014年5月10日). “Mets set to call up Campbell from Triple-A”. MLB.com. 2014年5月11日閲覧。
  4. ^ Scores for May 10, 2014”. ESPN MLB (2014年5月10日). 2014年5月11日閲覧。
  5. ^ a b c 阪神新助っ人候補、右打ち三塁キャンベルにオファー”. 日刊スポーツ (2016年11月19日). 2016年12月19日閲覧。
  6. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月20日閲覧。
  7. ^ エリック・キャンベル選手との契約締結について 2016年12月3日閲覧。
  8. ^ a b スポーツニッポン (2016年12月18日). “虎新助っ人キャンベルは七刀流?捕手、中堅以外OK 登板経験も”. 2016年12月19日閲覧。
  9. ^ 背番号の決定について 阪神タイガース 2016年12月3日閲覧。
  10. ^ 阪神キャンベル負傷で病院直行 開幕三塁構想に暗雲 日刊スポーツ 2017年3月18日閲覧。
  11. ^ 阪神キャンベル、けんしょう炎離脱 鳴尾浜で別調整 日刊スポーツ 2017年3月18日閲覧。
  12. ^ 初昇格の阪神キャンベル一塁、三塁、左翼で守備練習 日刊スポーツ 2017年4月25日閲覧。
  13. ^ 阪神・キャンベルが来日初打点 初スタメンでマルチ安打 デイリースポーツ 2017年4月27日
  14. ^ 阪神キャンベルが助っ人では異例の親子試合 チーム関係者も同情 東京スポーツ 2017年5月16日
  15. ^ 阪神キャンベル1号「これだけ時間がかかるとは」 日刊スポーツ 2017年5月25日
  16. ^ 二軍で好調の阪神新井が一軍昇格、キャンベルが降格 日刊スポーツ 2017年6月7日
  17. ^ “ジェイソン・ロジャース選手の帰国について”. 阪神タイガース. (2017年9月28日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5189.html 2017年10月3日閲覧。 
  18. ^ 自由契約選手 | 2017年度公示”. 日本野球機構 (2017年12月2日). 2017年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集