エントゥームド

エントゥームド
Entombed
Entombed A.D. Rockharz 2016 20.jpg
エントゥームド A.D. - ドイツ公演 (2016年7月)
基本情報
別名 ニヒリスト (Nihilist)(1987-1989)
エントゥームド A.D.(2014- )
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルム
ジャンル デスメタル
デス・エン・ロール
エクストリームメタル
活動期間 1987年 - 現在
レーベル イヤーエイク・レコード
ミュージック・フォー・ネイションズ
スリーマン・レコーディングス
ナイントーン・レコード
センチュリー・メディア・レコード
トイズファクトリー
ポニーキャニオン
ビクターエンタテインメント
BAREKNUCKLE
メンバー アレックス・ヘリッド(G)
ウフェ・セイダールンド(G)
ニッケ・アンダーソン(Ds)

(エントゥームド A.D.)
L-G・ペトロフ(Vo)
ニコ・エルグストランド(G)
ヴィクトル・ブラント(B)
オーレ・ダールステット(Ds)
旧メンバー 以下を参照

エントゥームド (Entombed) は、スウェーデン出身のデスメタルバンド

母国のデスメタル・シーン創生期から活動し、影響を与えた先駆者として知られている。2014年にバンドが分裂した「エントゥームド A.D.」名義も、この項目で扱う。

目次

略歴編集

 
イタリア・ロッシリオーネ公演 (2003年)

1987年デスメタル・バンド「ニヒリスト (Nihilist)」を結成。1989年、同名バンドの存在を知り「エントゥームド(Entombed)」と改名し再始動。数本のデモを作成後、イギリスイヤーエイク・レコードと契約。

1990年ストックホルムサンライト・スタジオトーマス・スコッグスベリプロデューサーに迎えレコーディングを行い、1stアルバム『Left Hand Path』(邦題:顛落(てんらく)への道)をリリースする。アルバムではベースはニッケ・アンダーソン(Ds)とウフェ・セイダールンド(G)が兼任する形となった[1]

1991年、ラーズ・ローゼンバーグ(B)が加入したが、L-G・ペトロフ(Vo)が脱退してしまいコメコンに加入してしまったので、代わりにニルバーナ2002のボーカリスト、オルヴァル・サフストロムをゲストに迎えシングル『Crawl』をリリース。続いてニッケ・アンダーソン(Ds)がボーカルを兼任する形で2ndアルバム『Clandestine』(邦題:密葬)をリリースすることとなった。その後新ボーカルとして元カーネイジのジョニー・ドルデヴィックを加入させヨーロッパとアメリカをツアーした。

1992年イヤーエイク・レコードによるパッケージ・ツアー「ゴッズ・オブ・グラインド」をカーカスカテドラルコンフェッサーと共に行い、ツアーに合わせてシングル『Stranger Aemons』をリリースした。ジョニー・ドルデヴィックが脱退したのでL-G・ペトロフを再度加入させる事になった。

1993年、ミニアルバム『Hollowman』、次いで3rdアルバム『Wolverine Blues』をリリース。

1994年、ミニアルバム『Out of Hand』をリリース。

1995年、ラーズ・ローゼンバーグ(B)が脱退し、後任にグレイブのユルゲン・スンドストロム(B)が加入した。

1996年、イヤーエイク・レコードを離れ、ミュージック・フォー・ネイションズと契約し、サンライト・スタジオでアルバムのレコーディングを行う。

1997年、3月にミュージック・フォー・ネイションズより4thアルバム『DCLXVI: To Ride, Shoot Straight and Speak the Truth』(邦題:スピーク・ザ・トゥルース!)をリリース。ニッケ・アンダーソンは1995年より活動していたサイド・プロジェクトヘラコプターズに専念するために脱退し、後任にフェイス・ダウンドラマー、ピーター・スターンヴィンドを迎える。

1998年、プロデューサーに初めてトーマス・スコッグスベリではなく、ダニエル・レイを起用してレコーディングを行い、5thアルバム『Same Difference』をリリース。また、古巣のイヤーエイクから、契約消化のためか1992年にロンドンアストリアで行われた「ゴッズ・オブ・グラインド」ツアーのファイナル公演を記録したライブアルバム『Monkey Puss』がCDとビデオでリリースされる。ビデオはその後2001年にPVを加えてDVDとして発売された。またこの年に初来日公演を行う。

1999年マンズ・ルーイン・レコードよりミニアルバム『Black Juju』をリリース。2000年、初のセルフ・プロデュース作となる6thアルバム『Uprising』をリリース。

2001年、7thアルバム『Morning Star』をリリース。

2002年2月15日からスウェーデンストックホルムロイヤル・オペラ・ハウスロイヤル・バレエ団との公演が8回行われ大盛況を迎えた。

2003年、8thアルバム『Inferno』をリリース。2004年、2002年3月1日スウェーデンストックホルムロイヤル・オペラ・ハウスで行われたロイヤル・バレエ団の公演が『Unreal Estate』としてリリースされた。

2006年に、初期メンバーのウフェ・セイダールンド(G)、更にユルゲン・サントストロム(B)、ピーター・スターンヴィンド(Ds)の3名が脱退し、ニコ・エルグストランド(B)、オーレ・ダールステッド(Ds)が加入。

2007年に、9thアルバム『Serpent Saints - The Ten Amendments』をリリース。

2010年に、ニコ・エルグストランドがギターに転向し、ヴィクトル・ブラント(B)が加入した。

 
スウェーデン・ボルレンゲ公演 (2011年12月)

2013年センチュリー・メディア・レコードに移籍し、10thアルバム『Back to the Front』をリリースする予定だったが、「予測不可能な技術的問題」発売が延期された[2]

2014年1月、アレックス・ヘリッド(G)と、L-G・ペトロフ(Vo)側4名で分裂。バンド名がオリジナル・メンバー4名に所有権があるため、ペトロフ側は名義を「エントゥームド A.D.」(Entombed A.D.)に変更して活動開始。10thアルバムになる予定だった『Back to the Front』には、元々アレックスは参加しておらず、エントゥームド A.D.名義でリリースされた[3]。アレックス側のエントゥームドは、活動を停止する。

2016年、エントゥームド A.D.2ndアルバム『Dead Dawn』をリリース[4]。アレックス側にウフェ・セイダールンド(G)とニッケ・アンダーソン(Ds)が復帰し、オリジナル・メンバー3名で活動を再開。

変遷編集

最初の2枚のアルバムはストックホルムサンライト・スタジオでトーマス・スコッグスベリをプロデューサーに迎え、共にレコーディングを行い、チリチリとした高音のギターサウンドが特徴的なスウェディッシュ・メタルのサウンドをディスメンバーらと共に確立させ世界中に影響を与えた。今でも北欧デスメタルと言えば当時の彼らのようなサウンドのことを指すことが多い。

その後のロックンロールにデスメタルのエッジを加えたかのようなサウンドに変化し、デス・エン・ロールDeath 'N' Roll)と呼ばれるようになった。ドラムのニッケ・アンダーソンが脱退後の5thアルバム『Same Difference』ではオルタナティブ・ロック寄りのサウンドになったが、6thアルバム『Uprising』より再びモーターヘッドばりの暴走デス・エン・ロールに回帰した。

また、2002年にはスウェーデンストックホルムスウェーデン王立歌劇場スウェーデン王立バレエ団とエントゥームドが競演するという公演が8回行われ大盛況を迎えた。これはエントゥームドがバレエ公演用の曲を演奏するのではなく、エントゥームドの曲(勿論デスボイスで歌っている)に合わせてバレエ団が踊るという大変実験的なものであったらしい。この公演の様子は『Unreal Estate』としてCDでリリースされている。

備考編集

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • アレックス・ヘリッド Alex Hellid - ギター (1987- )
  • ウフェ・セイダールンド Uffe Cederlund - ギター (1987–2005, 2016- )
  • ニッケ・アンダーソン Nicke Anderson - ドラムス (1987–1997, 2016- )
    ヘラコプターズに在籍。2005年にはオールド・スクール デスメタルプロジェクトデス・ブレスを結成した。
        
 
アレックス・ヘリッド(G) 2011年
 
ニッケ・アンダーソン(Ds) 2008年
エントゥームド A.D.名義 (2014- )
  • L-G・ペトロフ Lars-Göran Petrov - ボーカル (1987-1991, 1992- ) 一時脱退時はコメコンに在籍。
  • ニコ・エルグストランド Nico Elgstrand - ギター (2006- ) 2006年から2010年まではベースを担当。2010年からギターに転向。
  • ヴィクトル・ブラント Victor Brandt - ベース (2010- )
  • オーレ・ダールステッド Olle Dahlstedt - ドラムス (2006- )
        
 
L-G・ペトロフ(Vo/B) 2016年
 
ニコ・エルグストランド(G) 2016年
 
ヴィクトル・ブラント(B) 2016年
 
オーレ・ダールステッド(Ds) 2008年

旧メンバー編集

ニヒリスト名義
  • リーフ・カズナー Leif "Leffe" Cuzner - ギター (1987-1989)
  • ジョニー・ヘッドルンド Johnny Hedlund - ベース (1987-1989) 脱退後アンリーシュドを結成。
エントゥームド名義

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

エントゥームド A.D.名義
  • 2014年 Back to the Front
  • 2016年 Dead Dawn

シングル・ミニアルバム編集

  • 1991年 Crawl
  • 1992年 Stranger Aemons
  • 1993年 Hollowman
  • 1994年 Out of Hand
  • 1995年 split w/The New Bomb Tunks
  • 1998年 Wreckage
  • 1999年 Black Juju
  • 2006年 When in Sodom
  • 2012年 Amok (2012 Ninetone Version)
  • 2012年 When in Sodom Revisited
  • 2013年 Candlemass vs. Entombed
  • 2013年 Drowned (エントゥームドの楽曲「Drowned」のオリジナルヴァージョンとEvileによるカヴァーヴァージョンのスプリットシングル)

ライブ編集

ベスト編集

ベスト・コンピレーション編集

  • 1992年 V.A. / Gods of Grind
  • 1994年 V.A. / Earplagged(邦題:耳栓)
  • 1994年 V.A. / Earplagged2(邦題:耳栓2)
  • 1999年 V.A. / Never Give In - Tribute to Bad Brains
  • 2000年 V.A. / Power from the North -Sweden Rocks the World-
  • 2004年 V.A. / AMP Magazine Presents Volume3: Metal

ビデオ編集

  • 1998年 Monkey Puss (Live in London)(PV、ライブ)

脚注編集

外部リンク編集