エーベル・パラシオス

コロンビアのサッカー選手

エーベル・アントニオ・パラシオス(Ever Antonio Palacios、1969年1月18日 - )は、コロンビアサンティアゴ・デ・カリ出身の元同国代表の元サッカー選手

パラシオス Football pictogram.svg
Everpalacios.jpg
名前
本名 エーベル・アントニオ・パラシオス
Ever Antonio Palacios
愛称 Shaka
ラテン文字 Palacios
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1969-01-18) 1969年1月18日(53歳)
出身地 サンティアゴ・デ・カリ
身長 186cm
体重 77kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1994 コロンビアの旗 I・メデジン
1995 コロンビアの旗 D・ペレイラ
1995-1998 コロンビアの旗 D・カリ
1998-1999 コロンビアの旗 A・ナシオナル
2000 コロンビアの旗 ジュニオール
2001-2004 日本の旗 湘南ベルマーレ
2004 日本の旗 柏レイソル (loan)
2005-2011 コロンビアの旗 ボヤカ・チコ
代表歴
1997-1998 コロンビアの旗 コロンビア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1990年10月28日、インデペンディエンテ・メデジンでキャリアを開始し、[1]2001年、湘南ベルマーレへ加入すると、高い存在感を示しサポーターの信頼を得た。人間性も高く、ファンサービスにも気軽に応じたようである。

2003年以降は怪我に苦しみ、2004年シーズン途中に柏レイソルへレンタル移籍した。同シーズン終了後、母国コロンビアへ帰国。

2005年シーズン以降からコロンビアへ帰国後も、2009年のホーム最終節であるザスパ草津戦に来場、勝利の花道で選手の到着を待つサポーターから「チャカ」コールを受けたり、2010年のJ1昇格記念試合に出場したりと、本人も湘南ベルマーレに愛着を持っている。

2009年になると40代の年齢に突入し、45歳のアントニー・デ・アビラに次ぐコロンビアリーグ史上2番目の最年長現役選手となった[2]。2010年6月30日にクラブから契約を結ばないことを発表され[3]、そのまま引退した[4] と思われたが、クラブは6ヶ月間の短期契約を結び、開幕戦のコルトゥルア戦でゴールを決めた。2011年に引退した。

代表編集

コロンビア代表として1998 FIFAワールドカップに選出。グループステージ全3試合にフル出場。

愛称編集

愛称はチャカ (Shaka) 。

エピソード編集

  • 2003年から2004年の間に背負った背番号15は、プロ契約した時や、代表デビューなどで背負った縁起の良い大切な番号だった。

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
コロンビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1997 A・ナシオナル
1998 28 1
1999 1
2000 ジュニオール 41 4
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 湘南 4 J2 39 3 2 0 2 0 43 3
2002 40 5 - 0 0 40 5
2003 15 28 1 - 1 1 29 2
2004 16 0 - - 16 0
2004 2 J1 7 0 - 0 0 7 0
コロンビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2005 ボヤカ・チコ プリメーラA 28 2
2006 31 4
2007 31 4
2008 25 1
2009 25 3
2010 31 1
2011 1 0
通算 コロンビア
日本 J1 7 0 - 0 0 7 0
日本 J2 123 9 2 0 3 1 128 10
総通算

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集