オオハクチョウ(大白鳥[3]Cygnus cygnus)は、鳥綱カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される鳥類。

オオハクチョウ
オオハクチョウ
オオハクチョウ Cygnus cygnus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ハクチョウ属 Cygnus
: オオハクチョウ C. cygnus
学名
Cygnus cygnus (Linnaeus, 1758)
和名
オオハクチョウ[2][3]
英名
Whooper swan[1][3][4]
分布域
     繁殖地      留鳥      越冬地

分布編集

アイスランドスカンジナビア半島北部からカムチャツカ半島サハリンにかけてのユーラシア大陸北部などで繁殖し[3]、冬季になるとイギリスイタリア北部・スイス黒海沿岸・カスピ海中華人民共和国の太平洋岸・大韓民国日本などで越冬する[2]。日本では越冬地として北海道の根室・風蓮湖青森県の大湊および小湊、八郎潟瓢湖牛久沼宍道湖などに飛来した例がある[2]

形態編集

全長140センチメートル[3]。翼開長205 - 275センチメートル[4]。体重オス7.4 - 15キログラム、メス8.2- 9.2キログラム[4]。オスは体重15.5キログラムに達した記録もある[4]。全身が白い[2][3]。春季から夏季に鉄分の多い環境では、頸部の羽毛が暗色になることがある[4]

虹彩は褐色[2]。嘴は黒い[2]。眼先に羽毛がなく黄色い皮膚が裸出し、この黄色部は鼻孔下部まで達する[2]。気管は長い紐状で、胸骨内で上方に向かう[2]。後肢は黒い[2][4]

雛の綿羽は、淡灰白色[2]。幼鳥は灰褐色[2][3]

個体によっては鉄分の多い湖沼で水中の水草などを採食する際に頭部や首が錆色や黄褐色を帯びることがある[5][6]

分類編集

以前は、ナキハクチョウを亜種とする説もあった[2]

生態編集

湖沼や浅い河川の周囲で植生の茂った環境を繁殖地として好むが、非繁殖時は干潟や汽水域でもみられる[4]。卵や雛を除けば年間死亡率は低いが、陸上では素早く動くことができないため危険を感じると水中へ逃げ込む[4]。一方で死因の多くは、飛翔時による事故とされる[4]。悪天候による死亡例として、日本では1967年に野付湾(尾岱沼)で寒波および湾が完全凍結したことによる飢餓によって約200羽(若鳥を含めると500羽以上)が大量死した例がある[3]

主に水生植物の葉や茎・根を食べるが、昆虫や貝類などの無脊椎動物を食べることもある[4]

岸辺や中州に枯草やトクサやスゲの根・ミズゴケを組み合わせた直径2メートル・高さ50センチメートルに達する円錐形の巣をつくり、3 - 5個の卵を産む[2]。抱卵期間は約31日[2]。雛は孵化してから、78 - 96日で飛翔できるようになる[4]。生後4年で性成熟するが、生息環境や食物による影響を受ける[4]

長距離を飛翔する鳥としては最大級で、身体が重いため、離陸時は助走を必要とする。鳴き声は大きく、「コォー」と鳴く。

シベリアオホーツク海沿岸で繁殖し、日本には越冬のため千島列島を経由し渡来する[5]

食性は草食性が強く、水中や水面の水草を採餌したり、陸上で落ち穂や青草を食べる。

2019年に北海道別海町にて、放鳥から25年10カ月経過した雌の個体が確認されており、国内の最高齢記録とされている[7]

人間との関係編集

農作物を食害する害鳥とみなされることもある[4]

アジアでは違法な湿地の干拓・採掘・道路建設・過放牧などによる繁殖地の破壊による影響が懸念されている[1]。電線や風力発電による衝突死や、狩猟および鉛中毒(食物を砕くために砂などを飲みこむことがあり、その際に狩猟用の鉛製の弾丸も飲みこんでしまうことがある)、卵の採取などによる影響も懸念されている[1]。猛吹雪などの自然災害や、鳥インフルエンザなどの感染症による影響も懸念されている[1]。 日本では一例として2018年1月に環境省によって32都道府県616か所で行われた調査では、25,873羽が観察された[8]。都道府県別では宮城県が最も観察例が多く、10,848羽が観察された[8]。2011年まではやや増加傾向だったが、以降は増減(2018年は約30,000羽が観察された)があるものの25,000羽以上が観察されている[8]

白鳥は東西で愛された鳥で、さまざまな伝説神話に登場する。

画像編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e BirdLife International 2016. Cygnus cygnus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22679856A85965262. https://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22679856A85965262.en. Downloaded on 07 February 2020.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 黒田長久、森岡弘之監修 「ガンカモ科の分類」『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、14-88頁。
  3. ^ a b c d e f g h 松井繁 「ハクチョウ類」『日本動物大百科 3 鳥類I』日高敏隆長久監修、平凡社、1996年、63-66頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m Priscilla Kuo, 2014. "Cygnus cygnus" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed February 07, 2020 at https://animaldiversity.org/accounts/Cygnus_cygnus/
  5. ^ a b 叶内拓哉他、『山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥』、第二版、山と渓谷社、2001年、30-31頁
  6. ^ 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥』、日本野鳥の会、2003年、32-33頁
  7. ^ 最高齢のオオハクチョウ 別海で確認 放鳥から25年10カ月”. 北海道新聞 (2019年2月24日). 2019年3月15日閲覧。[出典無効][要出典科学]
  8. ^ a b c 第49回ガンカモ類の生息調査報告書(平成29年度)環境省・2020年2月7日に利用)

関連項目編集