オレイディス・デスパイネ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデスパイネ第二姓(母方の)はテリーです。

オレイディス・デスパイネ(Oreidis Despaigne Terry 1981年9月20日- )は、キューバシエンフエーゴス出身の柔道選手。階級は100kg級。身長186cm[1]

獲得メダル
 キューバ
柔道
世界柔道選手権
2007 リオデジャネイロ 100kg級
2010 東京 100kg級
パンアメリカン競技大会
2003 サント・ドミンゴ 100kg級
2007 リオデジャネイロ 100kg級

人物編集

2004年のアテネオリンピックでは3回戦で敗れた[1]。2007年の世界選手権では3位となった。翌年の北京オリンピックでは2回戦で敗れた[1]。2010年の世界選手権では準決勝で穴井と対戦して、先に有効を取るが指導2で追いつかれて、GSに入ってから内股で技ありを取られて敗れるものの、再び3位となった。

兄のヨスバニ・デスパイネも柔道選手で、1996年のアトランタオリンピックから3大会連続でオリンピックに出場した[2]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集