オールスター・トリビュート・トゥ・ブライアン・ウィルソン

オールスター・トリビュート・トゥ・ブライアン・ウィルソン (An All-Star Tribute to Brian Wilson) は、2001年3月29日に、ニューヨークの有名なラジオシティ・ミュージックホールで開催された、ブライアン・ウィルソンの功績を讃えたトリビュート・コンサートであり、その模様はターナー・ネットワーク・テレビジョン (TNT) で同年7月4日に放送され、さらにDVD化された。

コンサートでは、チャズ・パルミンテリが司会を務めたほか、キャメロン・クロウデニス・ホッパーサージョージ・マーティンが登場して、ブライアン・ウィルソンの人生と音楽における成功について語るなど、全体として3時間以上に及んだが[1]、テレビ放送やDVD版では内容は圧縮されており、DVDの収録時間は96分である[2]。また、DVDの収録順は、実際の演奏の進行とは異なっている。

セットリスト編集

以下の楽曲はDVDに収録されたものだけを収録順に列挙しているが、コンサートでは全34曲が演奏され、その中には、『ペット・サウンズ』からの全曲が含まれていた。

演者 作者
アワ・プレイヤー
Our Prayer
ハーレム少年合唱団英語版 ブライアン・ウィルソン
カリフォルニア・ガールズ
California Girls
リッキー・マーティン マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
ヘルプ・ミー・ロンダ
Help Me, Rhonda
リッキー・マーティン マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
サーファー・ガール
Surfer Girl
ポール・サイモン ブライアン・ウィルソン
サーフ・シティ
Surf City
ゴーゴーズ[3] ジャン・ベリー英語版
ブライアン・ウィルソン
イン・マイ・ルーム
In My Room
カーリー・サイモン
デヴィッド・クロスビー
ジミー・ウェッブ
ゲイリー・アッシャー英語版
ブライアン・ウィルソン
太陽あびて
The Warmth of the Sun
ヴィンス・ギル マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
アイ・ゲット・アラウンド
I Get Around
エヴァン・アンド・ジャロン英語版 マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
神のみぞ知る
God Only Knows
エルトン・ジョン トニー・アッシャー
ブライアン・ウィルソン
駄目な僕
I Just Wasn't Made for These Times
エイミー・マン
マイケル・ペン英語版
トニー・アッシャー
ブライアン・ウィルソン
ドント・ウォリー・ベイビー
Don't Worry Baby
ビリー・ジョエル ロジャー・クリスチャン英語版
ブライアン・ウィルソン
セイル・オン・セイラー
Sail On, Sailor
ダリアス・ラッカー英語版
マシュー・スウィート[4]
タンディン・アルマー英語版
レイモンド・ケネディ英語版
ジャック・ライリー英語版 (John Frank Rieley III)
ヴァン・ダイク・パークス
ブライアン・ウィルソン
素敵な君
You're So Good to Me
ウィルソン・フィリップス マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
グッド・ヴァイブレーション
Good Vibrations
アン・ウィルソン/
ナンシー・ウィルソンハート
ジュビラント・サイクス
ハーレム少年合唱団
マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
サーフズ・アップ
Surf's Up
ヴィンス・ギル
ジミー・ウェッブ
デヴィッド・クロスビー
ヴァン・ダイク・パークス
ブライアン・ウィルソン
英雄と悪漢
Heroes and Villains
ブライアン・ウィルソン[5] ヴァン・ダイク・パークス
ブライアン・ウィルソン
素敵じゃないか
Wouldn't It Be Nice
エルトン・ジョン
ブライアン・ウィルソン
トニー・アッシャー
マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
バーバラ・アン
Barbara Ann
ブライアン・ウィルソン
オールスター・アンサンブル[6]
フレッド・ファサート英語版
ファン・ファン・ファン
Fun, Fun, Fun
ブライアン・ウィルソン
オールスター・アンサンブル
マイク・ラヴ
ブライアン・ウィルソン
ラヴ・アンド・マーシー
Love and Mercy
ブライアン・ウィルソン
ハーレム少年合唱団
ブライアン・ウィルソン

DVDには、ボーナス・トラックとして、ブライアン・ウィルソンによる「恋のリバイバル (Do It Again)」が収められている。この曲は、マイク・ラヴとブライアン・ウィルソンの共作である。

脚注編集

  1. ^ Crandall (2001) 参照。
  2. ^ An All-Star Tribute to Brian Wilson (2001)”. The New York Times. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ ゴーゴーズは「リトル・ホンダ」も演奏した。Crandall (2001) 参照。
  4. ^ ダリアス・ラッカーとマシュー・スウィートは「待ったこの日 (I'm Waiting for the Day)」も演奏した。Crandall (2001) 参照。
  5. ^ ブライアン・ウィルソンの演奏にはワンダーミンツが参加しており、「レイ・ダウン・バーデン (Lay Down Burden)」、「恋のリバイバル (Do It Again)」も演奏された。「レイ・ダウン・バーデン」の演奏には、カール・ウィルソンの息子ジャスティンがギターで参加した。Crandall (2001) 参照。
  6. ^ コンサートのフィナーレでは、「バーバラ・アン」、「ファン・ファン・ファン」の間に「サーフィン・U.S.A. (Surfin' U.S.A.)」が演奏された。Crandall (2001) 参照。

参考文献編集

外部リンク編集