対テロ作戦(たいテロさくせん)とは、テロリズムの損害を最低限にとどめることを目的とする政府軍隊警察などの公的機関による行為・戦術技術戦略である。しばしば対反乱作戦に含まれる。

概要編集

テロリズムとは、政治的な目的を達成する手段として、暴力暴力脅迫を用いる戦術である。主に爆発物を仕掛けたり、社会交通インフラを攻撃し麻痺させるなどの戦術が用いられ、市民や非戦闘員を巻き込み甚大な被害をもたらすことから、現代社会においては重大な犯罪行為とされる。そのため、多くの国でテロリストによる非正規戦犯罪に対抗する専門部隊として対テロ部隊を組織している。通常は警察組織の中に組織されるが、国によっては軍の特殊部隊が対テロ任務に当たることもある[1]

各国の対テロ部隊編集

国内的・警察的な組織編集

(準)軍事的な組織編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 野神明人『ミリタリー用語辞典』新紀元社、2019年9月20日、p.184、pp.214-215、ISBN 978-4-7753-1756-3