カジノ (映画)

映画

カジノ』(Casino)は1995年アメリカ合衆国犯罪映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった1970年代から80年代のラスベガスを描いている。 ニコラス・ピレッジ英語版ノンフィクションカジノ英語版』を原作とし、大部分を事実・実話に基づいている。本作と同じくスコセッシ監督、デ・ニーロ及びペシ出演、ピレッジ原作で映画化された1990年作グッドフェローズ』の成功を受けて製作されたスコセッシの「モブ・マフィアもの」第2弾という位置づけである[要出典]

カジノ
Casino
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 ニコラス・ピレッジ英語版
マーティン・スコセッシ
原作 ニコラス・ピレッジ
カジノ英語版
製作 バーバラ・デ・フィーナ英語版
出演者 ロバート・デ・ニーロ
シャロン・ストーン
ジョー・ペシ
音楽 ロビー・ロバートソン
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 セルマ・スクーンメイカー
製作会社 Syalis D.A.
レジョンド・アントルプリズ英語版
デ・フィーナ/キャッパ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 ユニバーサル/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年11月22日
日本の旗 1996年4月20日
上映時間 178分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $52,000,000
興行収入 世界の旗 $116,112,375[1]
テンプレートを表示

モデルになった人物は、フランク・"レフティ"・ローゼンタール英語版(以下"レフティ"、映画では"エース")。レフティはベガスに来る以前には故郷のシカゴで有名なブックメーカー(ノミ屋)だったが、シカゴ、マイアミを経て1960年代末にベガスに移り住み、友人の紹介でラスベガス・ストリップを代表するカジノ「スターダスト」での仕事に就く。レフティは、物語同様、実質的なボスの座に就いていたが、犯罪歴のあるレフティにはカジノ経営のライセンス発給を受ける事が困難であった為、雇われ社長としてアレン・グリック英語版(映画ではフィリップ・グリーン)が社長を務める名目となっていた。やがてカジノを任されるようになったレフティは出世し、シカゴ時代からの幼馴染のアンソニー・"トニー"・スピロトロ英語版(劇中のニッキー・サントロ)は、レフティの出世に刺激されてベガスに移り住み、レフティの築いた地上の楽園を崩壊へと導いてしまう。

ストーリー編集

1970年代。予想屋のサム・ロススティーン(通称エース)はその極めて高い的中率によってシカゴマフィアのボス達からも信頼され、ボディガードとして暴力には自信があるニッキーを宛てがわれるほどであった。やがてマフィアのボスらは、影響力を持つ全米トラック運転手組合を迂回することで、ラスベガスの巨大カジノ「タンジール」を所有し、その利益を掠め取ることで多額の利益を得ることを決める。そこで、ギャンブルを知り尽くした男としてエースを、実質的な運営責任者に据えるのであった。エースはカジノ運営に必要な免許を持っていなかったが、法の穴をついて誤魔化した。そして見事に才覚を発揮してカジノで多大な運営益を挙げてボスらを満足させ、またエース自身も地元の名士として知られた存在になっていく。

エースは高級娼婦のジンジャーに一目惚れし、プロポーズするが、彼女は昔馴染みのポン引きなどの小悪党であるレスターに惚れていた。だがエースは、結婚生活を送れば次第に愛が育まれると信じ、またエースの金を狙うレスターも、ジンジャーにエースとの結婚を勧めたことで、二人は結婚し、娘も誕生した。だが、ジンジャーが本当に好きなのはお金であり、レスターへの愛も無くならなかった。

一方、シカゴのボスらは再びニッキーをエースのボディーガード兼集金係としてラスベガスへ派遣する。ニッキーの悪漢ぶりを知るエースは、彼の存在を危惧していたが、その予想通りニッキーは暴走を始め、ベガスのノミ屋でみかじめ料を要求したり、さらにはタンジール内でも仲間らとイカサマを働き横暴に振る舞うようになる。エースはこのままだと警察に目をつけられると警告するが、ニッキーは無視し、結果、警察のブラックリストに載ってカジノへの出入りも一切禁止される。だが、ニッキーは今度は故郷から弟や仲間を呼び寄せると強盗を働くようになり、カジノにいた時に構築した情報網で上手く荒稼ぎすると、その金で表向きはレストランを経営し始める。

ジンジャーはレスターに大金を渡すためにエースに金をせびるが、それによってレスターと関係が切れていなかったことがバレてしまう。エースは見せしめにレスターを痛めつけるが、逆にジンジャーはショックを受けて酒浸りになってしまう。また、カジノの経営でも徹底的な管理で成功を収める一方で、地元有力者のコネで雇っていた無能な従業員を解雇する。役人は再雇用を要請するが、エースは断り、恨みを買う。また、ニッキー一味の犯罪によってタンジールに対する監視の目もキツくなり、ボス達への上納金も減り始めていた。そこでボスらは、アンダーボスのピスカーノをカジノへ送り込み様子を探らせる。

表向きタンジールの社長であったフィリップ・グリーンが、女性と揉め事を起こして金のことで訴えられ、法廷でカジノの帳簿の提出を迫れる。マフィアへの横流しが発覚してしまうためにニッキーは原告の女性を殺害し、それによってエースまでもFBIの監視対象となってしまう。エースはカジノ運営のための免許を獲得するため奔走し始めるが、一方でニッキーはカジノの運営の邪魔者を次々と殺害しはじめ、よりカジノ運営が厳しくなっていく。さすがのボスたちもニッキーを注意するが、彼は無視する。結局、エースの免許申請は、ニッキーの犯罪と、義弟を解雇された役人の妨害で、不当に拒否される。怒ったエースは、カジノで接待を受けていた政治家たちを罵り、さらに一線を超えて自らテレビ番組を製作して、政治家や役人の不正の糾弾まではじめた。

ついにボスらからエースは譴責を受け、逆にエースはニッキーのせいだと訴える。それを知ったニッキーはエースを罵り、荒れた生活を送り始める。やがてジンジャーがレスターと寄りを戻そうとエースに離婚と多額の慰謝料請求を主張し始め、エースはプライベートでも荒立つ。業を煮やしたジンジャーは金を手に入れるため、ニッキーを誘惑して男女の仲となり、彼が持つ貸し金庫の鍵を手に入れようとする。しかし、ニッキーがエースの妻を寝取ったという噂話はすぐにボス達の耳にも入り、ニッキーは焦る。そうとは知らないジンジャーはついにエースの暗殺をニッキーに行わせようとするが、無碍に断られ、自暴自棄となる。ジンジャーは家の金庫から金や宝石を持ち出して逃げようとするが、FBIに見つかり、捕まる。これを皮切りに、既にマフィア関係者らに盗聴や張り込みをしていたFBIはカジノの帳簿を抑えるなど、一斉検挙作戦に移る。

逮捕を逃れるため、ボスらの命令で関係者らの口封じが実行に移される。ジンジャーは麻薬を過剰に打たれ、事故死に見せかけて殺される。海外へ逃亡していたニッキーも弟と共に暴行の上、生き埋めにして惨殺される。エースもまた自動車爆弾で暗殺されかけるが、爆弾の仕掛けが甘く、かろうじて生き延びる。

エースはサンディエゴにて再び予想屋をしながら静かに暮らしていた。もはや大手資本が入ったラスベガスは様変わりし、巨大なレジャー・ランドのようになっていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

逸話編集

  • ニッキーを演じたジョー・ペシは、モデルになったトニー・スピロトロと偶然にも体格が酷似しており(ペシは身長158cm、スピロトロは157cm)、関係者の中には本人と間違えてしまう者も出るほどだった。
  • シャロン・ストーン演じるジンジャーもジェリー・マクギー英語版という実在する人物で、ベガスの古豪カジノ「トロピカーナ英語版」でレフティと出会いシーザーズ・パレスで挙式した。
  • 「スターダスト」は、IBT(全米トラック運転手組合チームスターズ)英語版の会長ジミー・ホッファが握る年金基金6200万ドルの融資を受けたアレン・グリックが経営した4軒のカジノのうちのひとつ。
  • 原作者のニコラス・ピレッジは、レフティに取材を申し込んだが当初は拒否される。後に映画化するにあたり、デ・ニーロが主演すると発表されるとレフティは喜んで取材を受け入れた。
  • レフティらマフィア関係者の弁護を担当したオスカー・グッドマン英語版は、彼本人が実名で演じている。彼は1999年から2011年までラスベガスの市長を務めた。
  • 映画の撮影に使われたカジノ「リビエラ」はモデルになったレフティの勤めていた「スターダスト」の向かい側に位置し、映画の中では「タンジール」という架空の名前になっている。
  • 劇中で何度か描かれているデ・ニーロが乗ったキャデラックが爆破されるシーンは実際にあった出来事で、レフティ自身奇跡的に助かった。
  • 劇中に登場する日本人ギャンブラーK・K・イチカワは、山梨県の不動産業兼貸金業『柏木商事』社長・柏木昭男英語版がモデル。やくざ顔負けの荒っぽい手法による地上げで財を成し[2]、カジノでの賭けの積極さから「戦士」と呼ばれたが、1992年1月3日に自宅兼事務所で何者かに約20カ所をメッタ刺しにされて殺害された。犯人は見つからず2007年に時効。アメリカで有名となった料理人「ノブ・マツヒサ」こと松久信幸がイチカワを演じている。
  • 映画のエンディングテーマは、ホーギー・カーマイケルの"STARDUST"という曲である。

ベガスと登場人物(本人)のその後編集

  • レフティは1988年に過去の些細な犯罪歴が原因でベガスから追放さたが、後に本人曰く「変装して何度か行った」と告白している。2008年に、78歳で死去。
  • ジェリー・マクギーは、薬物過剰摂取が原因で1982年にロサンゼルスで死亡。
  • IBTの会長ジミー・ホッファは1975年に自宅を出たきり行方不明、1982年に死亡認定される。
  • シカゴ・アウトフィットのボスのジョゼフ・アイウッパ(映画の中でのリモ・ガッジ)は、1986年に懲役28年の有罪判決を受け服役、89歳で出獄。1997年老衰で死去。
  • ニッキーとドミニクのサントロ兄弟の殺害シーンは、実際の事件を基にしている。アンソニー・スピロトロとマイケル英語版は、1986年にインディアナ州のジョゼフ・アイウッパが所有していたハンティングロッジへ呼び出され、バットで殴打された挙句にトウモロコシ畑に生き埋めにされ殺害された。
  • スターダストは2006年に営業停止、2007年に爆破解体。現在はスターダストを運営していたBOYD Gaming社が再開発プロジェクト「エシュロン・プレイス」を建設中だが、不況の影響で建設工事が中断。当初2010年開業予定だったが、2009年度中の工事再開の見通しまでもたっていない。
  • リビエラは2009年に約400万ドルの利払いの債務不履行に陥る。破産手続きが取られながらも営業を続けたが、2015年5月に閉鎖されている。

原作編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「一部の視聴者にはマーティン・スコセッシ監督にとって安全牌のような印象を与えるかもしれない、おなじみの物語にもかかわらず、傑出したキャストによる印象的な熱意と華麗な演技のおかげで『カジノ』は成果をあげている。」であり、64件の評論のうち高評価は80%にあたる51件で、平均して10点満点中7.17点を得ている[3]Metacriticによれば、17件の評論のうち、高評価は13件、賛否混在は3件、低評価は1件で、平均して100点満点中73点を得ている[4]

出典編集

  1. ^ Casino” (英語). Box Office Mojo. 2020年8月6日閲覧。
  2. ^ 「トランプ」が“世界最高のギャンブラー”と褒め称えた「山梨の不動産王」の正体」『週刊新潮』2016年3月17日号。
  3. ^ Casino (1995)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年8月6日閲覧。
  4. ^ Casino Reviews” (英語). Metacritic. 2020年8月6日閲覧。

外部リンク編集