メインメニューを開く

カルロス・カルモナ

チリのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルモナ第二姓(母方の)はテージョです。

カルロス・エミリオ・カルモナ・テージョCarlos Emilio Carmona Tello, 1987年2月21日 - )は、チリコキンボ出身の同国代表サッカー選手CSDコロコロに所属している。ポジションはミッドフィールダー(セントラルミッドフィールダー)。

カルロス・カルモナ Football pictogram.svg
Carlos Carmona 01.JPG
名前
本名 カルロス・エミリオ・カルモナ・テージョ
Carlos Emilio Carmona Tello
ラテン文字 Carlos Carmona
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1987-02-21) 1987年2月21日(32歳)
出身地 コキンボ
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム チリの旗 CSDコロコロ
ポジション MF
背番号 14
ユース
チリの旗 コキンボ・ウニド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 チリの旗 コキンボ・ウニド 62 (6)
2007-2008 チリの旗 CDオヒギンス 16 (3)
2008-2010 イタリアの旗 レッジーナ・カルチョ 67 (0)
2010-2017 イタリアの旗 アタランタBC 155 (5)
2017 アメリカ合衆国の旗 アトランタ・ユナイテッドFC 32 (2)
2018- チリの旗 CSDコロコロ 19 (0)
代表歴2
2005-2007 チリの旗 チリ U-20 20 (1)
2008- チリの旗 チリ 51 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月29日現在。
2. 2018年6月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

2003年よりコキンボ・ウニドのユースでプレーし、2005年にプロデビュー。2007年CDオヒギンスへ移籍した。2008年1月、イタリアに渡りレッジーナ・カルチョへ移籍。加入1年目から主力となるが、チームはセリエBに降格となった。Bでの1シーズンを経て、2010年夏には同じくセリエBに降格してきたアタランタBCへ移籍。1シーズンでのセリエA復帰に貢献した。

代表編集

U-20チリ代表としてチーム最年少で出場した2005 FIFAワールドユース選手権に続き、2007年大会ではアレクシス・サンチェスマウリシオ・イスラらと共に3位入賞を果たす。2008年トゥーロン国際大会では準優勝を果たした。同年よりA代表に招集を受け、2010 FIFAワールドカップ南米予選では11試合に出場し、中盤を広くこなす器用さからマルセロ・ビエルサ代表監督より重宝されている。本大会では中盤で攻守に冴えたプレーを見せ、ベスト16進出に貢献した。

翌年のコパ・アメリカ2011にも出場。2013年2月6日のエジプトとの親善試合で代表初得点を挙げた。

所属クラブ編集

外部リンク編集