メインメニューを開く

トゥーロン国際大会

毎年フランスで開催される、U-23世代のサッカーの国際大会

トゥーロン国際大会(トゥーロンこくさいたいかい、英語:Toulon Tournament)は、フランスで開催されるU-23世代のサッカーの国際大会。毎年5月末から6月頃にフランス南東部のヴァール県周辺で試合が行われ、決勝戦はトゥーロンで行われる。フランス語の正式名称はFestival International Espoirs de Toulon et du Varであり、日本ではトゥーロン国際トーナメントの表記も使用される。

目次

概要編集

1967年の第1回大会はクラブチーム6チームによって開催された。1974年の第2回大会ではクラブチームと代表チームの混合大会となり、1975年の第3回大会からフランスの招待した代表チーム8ヶ国(または10ヶ国)が参加して毎年行われる方式となり、1977年にはFIFA公認の大会となった。2007年大会まではU-21世代が対象だったが、2008年大会からU-23世代が対象となった。

大会はホスト国フランスを含めたユース(現在は上記U-23世代)のナショナルチームによる招待トーナメントであり、現在では欧州各国のスカウトが有望な若手選手を発掘する見本市的な意味合いの大会となっている。なお、優勝回数は開催国フランスの12回が最も多く、ブラジルの8回がそれに続く。歴代得点王にはジャン=ピエール・パパン(1985年)、アラン・シアラー(1991年)、マヌエル・ルイ・コスタ(1992年)、ヌーノ・ゴメス(1996年)、ティエリ・アンリ(1997年)、エミール・ヘスキー(1998年)、ジブリル・シセ(2001年)、ケヴァン・ガメイロ(2007年)、マルコ・ファビアン(2012年)などが名を連ねている。

2008年から日本のSBSカップ 国際ユースサッカーと友好大会となり、お互いにトロフィーを提供している。

日本代表の参加編集

日本2000年に初参加。2000年は全日本大学選抜が参加したが[1]2001年からはアンダー世代の日本代表が参加している[2]2002年には松井大輔山瀬功治阿部勇樹らの活躍で3位となり、中山悟志アレッサンドロ・ペッリコーリイタリア語版イタリア)と共に3得点で得点王となった。2008年には本田圭佑岡崎慎司李忠成森本貴幸らを擁し、グループリーグでオランダや地元フランスを破って決勝トーナメントに進出。しかし準決勝でイタリアにPK戦の末敗れ、3位決定戦でもコートジボワールにPK戦で敗れている。

史上初の決勝進出・準優勝編集

2019年第47回大会にU-22日本代表が参加した際は、東京五輪世代の複数の選手が今大会直後にブラジルで開催されるコパ・アメリカ2019日本代表として臨むことが決定[3]し、この大会に出場するメンバー[4]は決して同世代の主力とされる選手が揃っているわけではなかった。そのような経緯の中でも、グループリーグ初戦では大会3連覇中のイングランドを大南拓磨長沼洋一の得点で逆転し、2-1で破る[5]と、続く第2節・U-22チリ戦では三笘薫の先制点を皮切りに、旗手怜央岩崎悠人が2得点ずつ挙げて前半だけで5-1と大量リード。後半には、更に旗手が得点を挙げてハットトリックを達成し、6-1で大勝した[6]。第3節・U-19ポルトガル戦では0-1で惜敗する[7]も、グループ首位で11年ぶりとなる準決勝に進出[8]。準決勝・U-22メキシコ戦ではメキシコに先制を許すも、71分に田中碧の放ったシュートがバーに当たり、跳ね返ったこぼれ球を相馬勇紀が押し込んで1-1の同点とした。試合終盤の86分に再び失点を許すが、直後の89分に小川航基が同点弾を挙げ、後半が終了。決勝進出はPK戦の結果に委ねられる。先攻のメキシコが4人目のキッカーで失敗するが、後攻の日本は小川・相馬・岩崎・長沼・旗手の順に全員がPKを成功[9]し、大会史上初めての決勝進出を決めた[10]。決勝では「4試合全勝、15得点・無失点」の成績で勝ち進んだU-22ブラジル代表と対戦[11]。試合序盤こそ日本が積極的な姿勢を見せるが、前半19分に失点を許してしまう。以後も押し込まれる展開が続くが、前半39分にブラジルのDFがロングボールの処理を誤ると、そのミスを突いた小川の左足ボレーシュートでゴールネットを揺らし、同点とした。後半はブラジルペースで試合が進み、同点弾を挙げた小川が負傷し、神谷優太と交代するアクシデントもあったが、チーム全員で粘り強く耐えて失点することなくPK戦に持ち込んだ。PK戦で後攻となった日本は、相馬・三笘・神谷・長沼の順に4人目まで成功。5人目のキッカーも成功させたブラジルに対し、日本は5人目のキッカーを務めた旗手のPKがGKにセーブされ、4-5で惜敗[12]。しかし「U-22日本代表初招集の選手[13]が複数いる東京五輪世代のサブチーム[14][15][16]で最高成績を残した」ことは、同世代のコパ・アメリカメンバー[17]や、大会公式サイト[18]からも称賛された。U-22日本代表はフェアプレー賞、サステイナブルディベロップメント賞を受賞[19]。更に、椎橋慧也・相馬勇紀・田中碧(優秀選手賞・3位も受賞)が大会ベストイレブンに選出された[20]

大会方式編集

Aグループ・Bグループ各4ヶ国(または5ヶ国)でリーグ戦を行い、A・B上位各2チームが決勝トーナメントに進む。2013年からは各グループ1位同士が決勝戦、2位同士が3位決定戦を行う方式となった。2017年は12ヶ国が出場し、A・B・Cの3グループのうち各グループ1位と、2位の中から成績上位1チームの計4チームが決勝トーナメントに進む方式となった。

試合は大会のローカルルールで、40分ハーフ(80分)グループリーグにおいては延長PK戦なし。交代は5人まで(ゴールキーパーの交代も含む)。その理由として、大会はほぼ1日おきのプログラムであることや、現地の初夏の気候から、通常の45分ハーフで開催すると選手の疲労面など体調管理が難しいためとしている[21]

歴代成績編集

優勝 準優勝 3位
1967   アンデルレヒト   ブラチスラヴァ   ニーム
1974   ポーランド   ハンガリー   チェコスロバキア
1975   アルゼンチン   フランス   イタリア
1976   ブルガリア   フランス   メキシコ
1977   フランス   ブルガリア   オランダ
1978   ハンガリー   フランス   オランダ
1979   ソビエト連邦   オランダ   ハンガリー
1980   ブラジル   フランス   チェコスロバキア
1981   ブラジル   チェコスロバキア   ソビエト連邦
1982   ユーゴスラビア   チェコスロバキア   オランダ
1983   ブラジル   アルゼンチン   フランス
1984   フランス   ソビエト連邦   チェコスロバキア
1985   フランス   イングランド   スペイン
1986   ブルガリア   フランス   ソビエト連邦
1987   フランス   ブルガリア   ブラジル
1988   フランス   イングランド   ブルガリア
1989   フランス   ブルガリア   アメリカ合衆国
1990   イングランド   チェコスロバキア   ブラジル
1991   イングランド   フランス   スコットランド
1992
詳細
  ポルトガル   ユーゴスラビア   フランス
1993   イングランド   フランス   スコットランド
1994   イングランド   ポルトガル   フランス
1995   ブラジル   フランス   イングランド
1996   ブラジル   フランス   ポルトガル
1997   フランス   ポルトガル   メキシコ
1998
詳細
  アルゼンチン   フランス   ポルトガル
1999   コロンビア   アルゼンチン   フランス
2000   コロンビア   ポルトガル   イタリア
2001   ポルトガル   コロンビア   フランス
2002   ブラジル   イタリア   日本
2003   ポルトガル   イタリア   アルゼンチン
2004   フランス   スウェーデン   中国
2005   フランス   ポルトガル   イングランド
2006
詳細
  フランス   オランダ   ポルトガル
2007
詳細
  フランス   中国   コートジボワール
2008
詳細
  イタリア   チリ   コートジボワール
2009
詳細
  チリ   フランス   アルゼンチン
2010
詳細
  コートジボワール   デンマーク   フランス
2011
詳細
  コロンビア   フランス   イタリア
2012
詳細
  メキシコ   トルコ   オランダ
2013
詳細
  ブラジル   コロンビア   フランス
2014
詳細
  ブラジル   フランス   ポルトガル
2015
詳細
  フランス   モロッコ   アメリカ合衆国
2016
詳細
  イングランド   フランス   ポルトガル
2017
詳細
  イングランド   コートジボワール   スコットランド
2018
詳細
  イングランド   メキシコ   トルコ
2019   ブラジル   日本   メキシコ

脚注編集

  1. ^ 2000年第28回トゥーロン国際大会(U-21)”. College Soccer Central. 2018年8月23日閲覧。
  2. ^ 2001年はワールドユース直前のU-20日本代表が参加。
  3. ^ 南米の強豪との真剣勝負に臨む23名を発表 ~CONMEBOLコパアメリカブラジル2019~”. JFA.jp (2019年5月25日). 2019年6月20日閲覧。
  4. ^ 伊藤達哉のみ、コパ・アメリカのメンバーにも選出された。CONMEBOLコパアメリカブラジル2019(6/14~7/7)SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール”. JFA.jp (2019年5月24日). 2019年6月20日閲覧。
  5. ^ 大会3連覇中のイングランドとの初戦で逆転勝利 ~第47回トゥーロン国際大会2019~”. JFA.jp (2019年6月2日). 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ U-22日本代表、6-1でチリを圧倒し大会2連勝 ~第47回トゥーロン国際大会2019~”. JFA.jp (2019年6月5日). 2019年6月20日閲覧。
  7. ^ U-22日本代表、ポルトガルに惜敗も準決勝進出が決定 ~第47回トゥーロン国際大会2019~”. JFA.jp (2019年6月8日). 2019年6月20日閲覧。
  8. ^ 【トゥーロン国際大会】11年ぶりに4強入りのU-22日本代表、準決勝ではメキシコと対戦!”. SOCCER DIGEST Web (2019年6月10日). 2019年6月20日閲覧。
  9. ^ 東京五輪世代が歴史的勝利!! 相馬&小川弾のU-22日本代表、PK戦制してトゥーロン国際初の決勝へ”. ゲキサカ (2019年6月13日). 2019年6月20日閲覧。
  10. ^ U-22日本代表、PK戦の末にメキシコを破って決勝進出 ~第47回トゥーロン国際大会2019~”. JFA.jp (2019年6月13日). 2019年6月20日閲覧。
  11. ^ U22日本 トゥーロン国際初Vへ!15日決勝で強敵ブラジル撃破だ”. Sponichi Annnex (2019年6月15日). 2019年6月20日閲覧。
  12. ^ U-22日本代表、トゥーロン国際は準優勝…小川豪快弾でブラジルに初失点見舞うも、PKで惜敗”. GOAL.com (2016年6月16日). 2019年6月20日閲覧。
  13. ^ 相馬勇紀、高宇洋、田中碧、川井歩松岡大起田中駿汰の6選手。初招集6選手も生き生き!! トゥーロンに臨むU-22代表が国内練習”. ゲキサカ (2019年5月28日). 2019年6月20日閲覧。
  14. ^ 反骨心を隠そうとしなかったU-22日本代表。トゥーロン国際準優勝の原動力は“選ばれなかった”悔しさ”. SOCCER DIGEST Web (2019年6月17日). 2019年6月20日閲覧。
  15. ^ トゥーロンのオレ達を忘れるな。コパ組の第2グループ扱いに反骨心。”. Number Web【林遼平】 (2019年6月10日). 2019年6月20日閲覧。
  16. ^ 「落選組」が見せるメラメラの共鳴。U-22代表、トゥーロン国際初の決勝進出の背景”. GOAL.com【川端暁彦】 (2019年6月13日). 2019年6月20日閲覧。
  17. ^ “トゥーロン組”決勝進出に思うのは!? 前田大然「すごいなと思う反面…」上田綺世「逆に気にする余裕が…」”. ゲキサカ (2019年6月14日). 2019年6月20日閲覧。
  18. ^ 「美しく、素晴らしい戦いぶりだった」トゥーロン国際の大会ベスト11に日本から相馬ら3名が選出!”. SOCCER DIGEST Web (2019年6月18日). 2019年6月20日閲覧。
  19. ^ U-22日本代表、PK戦の末にブラジルに惜敗。準優勝で大会を終える ~第47回トゥーロン国際大会2019~”. JFA.jp (2019年6月16日). 2019年6月20日閲覧。
  20. ^ トゥーロンのベスト11が発表…U-22日本代表からは3選手が選出!”. SOCCERKING (2019年6月18日). 2019年6月20日閲覧。
  21. ^ 2016年5月21日放送NHK総合テレビジョン「日本対パラグアイ戦」より引用

関連項目編集

外部リンク編集