カレンダー・ガール (ニール・セダカの曲)

カレンダー・ガール」(: Calendar Girl)は、ニール・セダカ1960年12月に発表した楽曲。翌年2月に全米4位を記録した[1]。セダカが作曲を手掛け、ハワード・グリーンフィールドが作詞を行った[2]。日本でも複数の歌手によるカバーバージョンが発売され、大ヒットした。

カレンダー・ガール
ニール・セダカシングル
B面 The Same Old Fool
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 ハワード・グリーンフィールド(作詞)
ニール・セダカ(作曲)
ニール・セダカ シングル 年表
ラン・サムソン・ラン(1960)カレンダー・ガール
(1961)
小さい悪魔(1961)
テンプレートを表示

解説編集

ガールフレンドに向けてのメッセージを各月の行事を交えて表現した楽曲で、音楽出版社によれば「毎日毎日、君を愛していると歌われるハッピーなラブ・ソング」と評されている[3]。以下のように、各月の風習などが同音異義語を交えて歌詞に織り込まれている。

1月 - 「start the year」
2月 - バレンタイン
3月 - 「march」(行進)
4月 - イースター
5月 - 「maybe」(もしも)
6月 - ジュニア・プロム(プロムとは学年度末に催される高校生のダンスパーティー。卒業の前の年はジュニア・プロムと呼ばれる)
7月 - ファイヤークラッカー(爆竹。アメリカ合衆国の独立記念日を祝うアイテム)
8月 - ビーチ
9月 - スウィート・シックスティーン英語版(新学年などの節目に行う16歳の女性の成人祝い[4]
10月 - ハロウィン
11月 - サンクスギビング(歌詞はI'll give thanks)
12月 - クリスマス

主なカバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ Neil Sedaka Calendar Girl Chart History | Billboard
  2. ^ Talevski, Nick (2010). Knocking on heaven's door rock obituaries. London: Omnibus. p. 225. ISBN 9780857121172 
  3. ^ a b c d e f 『ロック&ポップス名曲徹底ガイド【1】1955〜64年編』音楽出版社、2005年6月1日、84頁。ISBN 978-4861710049https://books.google.co.jp/books?id=cJQnADLvb24C&pg=PA97&dq=%E2%80%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%80%E3%82%AB%E2%80%9D&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiM-67ggojkAhUmxIsBHbCWBVkQ6AEIKDAA#v=onepage&q=%E2%80%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%80%E3%82%AB%E2%80%9D&f=false 
  4. ^ アメリカの成人式?16歳の誕生日Sweet sixteenって?Cheer up! English 2015.03.23

関連項目編集