スリー・グレイセス

スリー・グレイセス(the Three Graces)は、1958年に結成され、「山のロザリア」で脚光を浴びた女性3人組のコーラスグループ。CMソングなど多数の作品を残している。コロムビアレコード所属。

スリー・グレイセス
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 歌手・アーティスト
活動期間 1958年 - 1967年1989年 -
レーベル コロムビアレコード
メンバー 星野操・森本政江・白鳥華子

メンバー編集

  • 森本政江(もりもとまさえ、旧姓:石井、姉、アルト・リーダー)[1]
  • 星野操(ほしのみさお、旧姓:石井、妹、メロディー)[1]
  • 白鳥華子(しらとりはなこ、旧姓:長尾、ソプラノ)[1]

来歴編集

1958年ダークダックスなどを育てたプロデューサー小島正雄のもとで結成される。

1959年、厳しいレッスンを受けた後デビュー。ドリス・デイなどの英語の曲を歌っていた。

1961年、「山のロザリア」がミリオンセラーを記録。

1962年-1963年にはNHK紅白歌合戦に出場[2]。CMソングの分野でも活動。

1967年、それぞれ結婚・出産、家事・育児に専念するため活動休止。

1989年、CM音楽プロデューサー大森昭男との再会をきっかけに、22年ぶりに再結成。同年サントリー・ワイン、CFイメージソング「想い出してウクレレ」で再デビューする。

1990年HONDA・アスコット・CFイメージソング「JOKING LOVE TAKE THE“A”TRAIN」をリリースし、日本広告音楽制作者連盟・優秀歌唱賞を受賞。アコードなどのCMソングで復帰。

1991年CBS SONYより、東芝EMI/TMファクトリーへ移籍する。

1994年、ニューヨークで初の海外公演

1995年、アイオワ州クラリンダ「グレンミラー・フェスティバル」に出演

1996年、カリフォルニア州「サクラメント・ジャズ・ジュビリー」に出演

現在、テレビ、各種音楽団体のコンサート及びセレモニーやパーティ、国内ホテルのディナーショー、ライブハウス等幅広い音楽活動を行っている。

活動履歴編集

シングル編集

  • 夏の日の恋/白鳥の恋 (日本ビクター VS-345、1960.05)
  • サンセット77 (日本コロムビア SA-486、1960.11。A面はフォーコインズ「反逆児ユマ」)
  • 月影のマジョリカ (日本コロムビア SA-601、1961.04。B面は松島トモ子「汽車ポッポのタンゴ」)
  • 夢のカルカッタ (日本コロムビアSA-621、1964.04。A面は森サカエ「ボーイハント」)
  • カレンダーガール/ズビズビズー (日本コロムビア SA-622、1961.04)
  • 泪のラブレター/オンボロ汽車ポッポ (日本コロムビア SA-648、1964.06)
  • 山のロザリア/カチューシャ (日本コロムビア SA-710、1961.08) *訳詞:丘灯至夫、曲:ロシア民謡
  • 悲しきラブレター/峠の幌馬車 (日本コロムビア SA-746、1961.11)
  • すてきな初恋/ほのかな想い (日本コロムビア SA-784、1961.12)
  • 仰げば尊し/螢の光 (日本コロムビア SA-816、1962.01)
  • ベルリンの街角で/アテネの恋歌 (日本コロムビア SA-851、1962.04)
  • 白い渚のブルース/モスコーの夜はふけて (日本コロムビア SA-949、1962.08)
  • 禁じられた遊び/草原情歌 (日本コロムビア SA-1026、1962.12)
  • 牧場のわが家/おおシェナンドー (日本コロムビア SA-1075、1963.02)
  • クエラ/好きだから (日本コロムビア SAS-22、1963.05)
  • ワンボーイ/霧のサンフランシスコ (日本コロムビア SAS-129、1963.09)
  • 花咲く丘に涙して/純愛の砂 (キング BS-7100、1965.06)
  • チム・チム・チェリー/ブルー・レディーに紅バラを (キング BS-7105、1965.07)
  • 大阪わるつ 2009年 (「WATERAグレイセス」としてクラウンより発売)

アルバム編集

  • スリー・グレーセスと歌おう (日本ビクター LV-140、1960.07)
  • ポピュラーヒット10 (日本コロムビア AL-288、1961.07)
  • 螢の光 窓の雪 (日本コロムビア ALS-134、1962.03)
  • ホームソングと私たち (日本コロムビア AL-386、1962.08)
  • フォスタ歌のアルバム (日本コロムビア ALS-182、1963.02)
  • スリー・グレイセスのすべて (キング SKK-127、1965.08)
  • LOVE IN GRACE
  • 青春歌謡メモリアル〜山のロザリア
  • TRIPPING TRIPLETS
  • CD文庫

TV・ラジオ番組ソング編集

ステーションソング編集

CMソング編集

NHKみんなのうた出演歴編集

放送期間 楽曲 コーラス 再放送
1961年(昭和36年)4月 - 5月 カナダ旅行 芦野宏 (なし)
1961年(昭和36年)12月 - 1962年(昭和37年)1月 金ぴらふねふね ボニージャックス
みすず児童合唱団
1962年(昭和37年)4月 - 5月 ピクニック ボニージャックス
東京少年少女合唱隊
1962年(昭和37年)12月 - 1963年(昭和38年)1月 サンタはどこにいる? (なし)
ビビディ・バビディ・ブー
1964年(昭和39年)10月 - 11月 雨が降っても
1968年(昭和43年)10月 - 11月 あだ名のうた 1969年(昭和44年)4月 - 5月
2022年(令和4年)1月
1969年(昭和44年)12月 - 1970年(昭和45年)1月 イサレイ〜フィジーの別れのうた〜 東京少年少女合唱隊 1970年(昭和45年)6月 - 7月
  • 『あだ名のうた』の2022年1月放送分はラジオのみ。

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手
1962年(昭和37年)/第13回 ストライク・アップ・ザ・バンド デューク・エイセス
1963年(昭和38年)/第14回 アイ・フィール・プリティ ダークダックス

ライブステージ編集

  • 1998年よりスリーグレイセスコンサートを開催。
1998年9月 Something Old Something New 朝日ホール
1999年9月 Someday Somewhere 日本青年館ホール
2000年9月 Some Saturday Evening 関内ホール
2001年9月 Somebody Loves Me 読売ホール
2002年10月 Some Sweet Memories 朝日ホール
2003年9月 Some Unforgettable Melodies ル テアトル銀座
2004年10月 Something Happening ル テアトル銀座
2005年11月 Some Enchanted Evening ル テアトル銀座
2006年9月 Some Sweet Rendez-vous ル テアトル銀座
2007年10月 Something Everlasting ル テアトル銀座

エピソード編集

  • 森本、星野の姉妹は作家・小林信彦の遠縁にあたる[4]
「WATERAグレイセス」
  • スリーグレイセスが活動を再開した際、多くのCMソングを書いた作曲家の桜井順がお祝いに「もっともグレイセスらしくない曲を」とプレゼントしてくれたのが「大阪わるつ」。時々ライブなどで歌っていたのを聴いた方が面白いと評価してくれ「大阪弁」を直したら!と指摘があり「神田川」を書いた喜多條忠が補作詞をしてCD化の話が進んだ。しかしJAZZコーラスのスリーグレイセスではしっくり来ないと別名を考え「わてらぐれいせす」になった。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b c Jazz Page
  2. ^ 日刊スポーツ・芸能・紅白歌合戦・第13回紅白歌合戦[リンク切れ]
  3. ^ gooマスターズ、イベント情報
  4. ^ 小林信彦『1960年代日記』(ちくま文庫)P.83

外部リンク編集