ガイウス・クラウディウス・プルケル (紀元前177年の執政官)

ガイウス・クラウディウス・プルケルラテン語: Gaius Claudius Pulcher (C. Claudius Ap. f. P. n. Pulcher)、 ? - 紀元前167年)は、共和政ローマの元老院議員。父はアッピウス・クラウディウス・プルケル

ガイウス・クラウディウス・プルケル
Gaius Claudius Pulcher
官職 法務官紀元前185年
執政官紀元前180年
監察官紀元前169年
出身階級 パトリキ
氏族 クラウディウス氏族
出生 不明
死亡 紀元前167年
指揮した戦争 対イストリア戦争
対イグリア戦争
テンプレートを表示

アウグル紀元前195年プラエトル紀元前180年に選ばれる。紀元前177年コンスルに就任、イストリア半島に遠征、しかし失敗してローマに更迭される。再び遠征を試み、今度はリグリアへ、そして勝利を収める。紀元前169年ケンソルに選ばれるが、業績は芳しくなく、弾劾される。しかし同僚ケンソルのティベリウス・センプロニウス・グラックス・マイヨルが民衆に人気があったため告発は取り下げられた。そして紀元前167年に外交のためにマケドニアへ赴き、同年死去した。

家族編集

関連項目編集

公職
先代:
マルクス・ユニウス・ブルトゥス
アウルス・マンリウス・ウルソ
執政官
同僚:ティベリウス・センプロニウス・グラックス I

紀元前177年

次代:
グナエウス・コルネリウス・スキピオ・ヒスパッルス
クィントゥス・ペティッリウス・スプリヌス
先代:
クィントゥス・フルウィウス・フラックス
マルクス・フルウィウス・ノビリオル
紀元前174年 LI
監察官
同僚:ティベリウス・センプロニウス・グラックス
紀元前169年 LII
次代:
ルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクス
クィントゥス・マルキウス・ピリップス
紀元前164年 LIII