メインメニューを開く

ストニックStonic스토닉)は、韓国の自動車メーカー、起亜自動車が製造・販売する小型クロスオーバーSUV

現代自動車コナ兄弟車

目次

概要編集

世界的に人気の高い小型SUV市場に打って出るべく、スポーテージの下を受け持つ車種として開発された。

韓国国内における国産のライバルはサンヨン・チボリルノーサムスン・QM3(=ルノー・キャプチャー)、シボレー・トラックス、輸入車のライバル、ならびに世界的なライバルには日産・ジューク日産・キックスホンダ・HR-V(日本名;ヴェゼル)、プジョー・2008フィアット・500Xジープ・レネゲードトヨタ・C-HRマツダ・CX-3アウディ・Q2などがある。

初代(SE(YB CUV)型、2017年- )編集

キア・ストニック
販売期間 2017年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 1.0L 直3GDiターボガソリン
1.4L 直4 γ(ガンマ) ガソリン
1.6L 直4 CRDi ターボディーゼル
駆動方式 FF
変速機 7速DCT
全長 4,140mm
全幅 1,760mm
全高 1,520mm
ホイールベース 2,580mm
車両重量 1,260 - 1,270kg
-自動車のスペック表-

2017年6月20日、オランダアムステルダムにて実車が披露された[1]

韓国においては、2017年6月27日のプレス向け説明会で初披露され[2]、7月発売予定と発表され、翌7月13日に発表・発売を開始した[3]

海外向けには1.0L・直列3気筒GDIターボ、1.2L・直列4気筒κ(カッパ)2、1.4L・直列4気筒γ(ガンマ)の3種のガソリンエンジン、ならびに5速マニュアルトランスミッションもしくは7速マニュアルモード付DCTが仕向け先に応じて用意されるが、韓国では1.6L・直列4気筒ディーゼル・CRDi、1.4L・直列4気筒ガソリン、2018年8月に追加された1.0L・直列3気筒GDiターボガソリンの3種すべてに7速マニュアルモード付DCTの組み合わせとなる。

プラットフォームはヒュンダイと共同で新規開発したGBプラットフォームを採用。上述のヒュンダイ・コナのほか、追って登場するYB型リオ、中国市場で販売されるKXクロスにも使用される。


車名の由来編集

スピーディー(Speedy)と音階の第一音である主音(Tonic)を掛け合わせた造語。

脚注編集

外部リンク編集